『シャーロック』第2話を観た。

0
    『シャーロック』第2話

    江藤(佐々木蔵之介)に呼ばれた獅子雄(ディーン・フジオカ)は、同居人の若宮(岩田剛典)を伴い警視庁へ。列車にひかれて亡くなった女性が、所持品が示す「博美」とは別人だという。獅子雄はこの‘成り代わり’の謎を追い、婚約者・佐々木(内村遥)や過去に博美の弁護を担当した弁護士・藍子(菅野美穂)に会う中で、藍子の事務所のアルバイト・美沙(岸井ゆきの)に着目する。
    ゲストが”菅野美穂”である時点で、ある程度結末は想像がつくような・・・。

    それはまあ良いとして、主人公の名推理で事件が解決するというホームズ的な要素が希薄なのが気になる。

    シャーロック・ホームズと言えば、凡人を凌駕する「圧倒的な推理力」が売りの筈なんだけど、獅子雄(ディーン・フジオカ)は多少の観察眼を見せるものの、決定的な推理スキルの高さは持っていないように感じて物足りない。

    総じて、名探偵ならばのオーラも漂わない。

    結果的に、獅子雄との会話で藍子(菅野美穂)が勝手にべらべらと事実を白状しただけみたいにしか見えなかった。
    そして、またもや時間拡大のせいで、物語は辛気くさい展開となり退屈だったのもよくない・・・。

    ディーン・フジオカや岩田剛典の信者でも無いオジサンの小生には、このドラマは向いていないのかもしれないなぁ・・・。

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




    『シャーロック』第1話を観た。

    0
      『シャーロック』第1話

      主人公★★★
      脇役陣★★★
      脚本★★
      演出★★★
      撮影★★★

      『シャーロック』第1話を観た。
      視聴率は12.8%と良い数字。
      −◆−

      比較するのも何だが、「現代版ホームズ」ということで、ベネディクト・カンバーバッチ主演の『シャーロック』と見比べてしまった。

      カンバーバッチとディーン・フジオカでは、やはり名優カンバーバッチに軍配が・・・。
      他にも、演出、撮影、脚本も圧倒的な差を付けられている印象。
      −◆−

      灰汁の強い獅子雄(ディーン・フジオカ)だが、彼が大活躍して事件を解決したようには感じられなかった。
      だって、なんとなく犯人が割れちゃうでしょ・・・。

      で、なんだかモヤモヤした展開は、30分拡大で冗長だったせいかな??
      スカッとしないんだもの・・・。
      『相棒』を見てる方が安心感があるわ。
      −◆−

      江藤(佐々木蔵之介)と部下を演じる”山田真歩”って、『花子とアン』のときは印象的な女優だと感じたけど、本作ではそれほどじゃない感じだった。
      −◆−

      総じて、家人はこのドラマがまずまず気に入った模様。
      ディーン・フジオカが出ているだけで値打ちがあるらしいんだけど、小生には理解の範疇では無いのであります。

      どうやら、ディーン・フジオカや岩田剛典がお好きな方には、それだけでアドバンテージなようだ。
      小生は、早くも『監察医 朝顔』が懐かしい。

      にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

      JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




      『監察医 朝顔』最終話◆良心的な作品でした。

      0
        『監察医 朝顔』最終話

        主人公★★★★★
        脇役陣★★★★★
        脚本★★★★★
        演出★★★★★
        セット★★★★★

        『監察医 朝顔』最終話を観た。
        朝顔(上野樹里)が無事に母の実家に戻ることが出来て、震災のトラウマを克服できたのかな・・・。
        大規模土砂災害が人災だったことも朝顔の気づきから解決に繋がった。

        上野樹里や時任三郎の抑え気味の演技がとても良かった。
        奇をてらった派手な演出は無く、極めて静かなトーンですすんだストーリー展開が心地よかった。
        演出と脚本、配役の勝利だと思う。
        −◆−

        朝顔が住まう家のセットからは生活感が漂い、リアリティが感じられた。
        これが、オシャレでトレンディなマンションだったら、こんな良い感じのドラマにはならない。

        全般に良心的な造りだった『監察医 朝顔』は、10話通算で視聴率が12.47%・・・。
        納得の数字であります。


        時空探偵おゆう 大江戸科学捜査:第8話(終)を観た。

        0
          時空探偵おゆう 大江戸科学捜査:第8話(終)

          第8話(終)まで完走した。
          御大層なドラマではなかったが、気軽に楽しめる佳作だった。
          −◆−

          大松屋に捕らわれてしまった大ピンチの優佳(佐久間由衣)がスマホを利用して伝三郎(竹財輝之助)に救出される・・・。
          危機を知らせる防犯アプリは偉大だ。

          で、事件は一気に解決し、悪徳与力である真壁頼母(神尾佑)や浅川(手塚とおる)がお縄頂戴になって良い気分。
          現代の浅川(手塚とおる)も平社員に降格となって座間をみろなのだ。

          このドラマはストレスフリーである。
          −◆−

          凄く現代的な佐久間由衣ちゃんの着物姿はキュートだった。
          ヒロインとしてよく頑張った。
          伝三郎(竹財輝之助)も格好良かった。

          面白かったので、このドラマのセカンドシーズンを観てみたいものだ・・・。

          にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ


          『ラジエーションハウス』第7話★なんかモヤモヤする

          0
            『ラジエーションハウス』第7話

            軒下(浜野謙太)は中学校の同級生の志朗(篠原篤)と真貴(松本若菜)夫妻と再会。真貴は乳がんの疑いがあり、再検査を優先してほしいと頼まれた軒下だが、特別扱いはできず心苦しさを覚える。志朗の精神状態が気になる唯織(窪田正孝)は杏(本田翼)に相談。杏は唯織に頼り過ぎだと注意されており、一線を引こうとする。一方、小野寺(遠藤憲一)はあることを調べ…。
            たまたま真貴(松本若菜)の夫・志朗(篠原篤)から早期の再検査について相談された唯織(窪田正孝)が、この夫婦の願いを聞き入れて、順番待ちしている患者たちをスルーして真貴(松本若菜)を優先して検査したことにモヤモヤするものを感じて仕方なかった・・・。
            検査の順番待ちを無視して真貴を特別扱いしたやり口に得心出来ない。
            いくら院長の許可を得ていたとしても、順番を待っている他の患者のことを考えると不公平感がぬぐえなかった・・・。
            仕方なく検査の順番を待っている他の患者が気の毒に思える。

            これでも視聴率がまずまずなのが不思議に思えた。

            にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

            JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




            「ストロベリーナイト・サーガ」第2話★視聴率下落

            0
              「ストロベリーナイト・サーガ」第2話

              「ストロベリーナイト・サーガ」第1話の平均視聴率は7.8%と撃沈だったのだが、第2話はさらに6.4%にまで下落してしまいました。
              前回は「緊急取調室」と放送時間がかぶっていたので「ストロベリーナイト・サーガ」の視聴率を食われたのだと思われていましたが、そんなの関係なく低視聴率だったようです。
              −◆−

              第1話で撤退するつもりだったのだけど、ちらりと観てしまいました。
              第1話は拡大版で、長だるみしていた点が改善されているかもと、かすかな期待を持って観たのだけれど、それ以前に、二階堂ふみが演じる姫川があまりにもイメージと外れていたので、早々に視聴を中止・・・・。
              前回も申し上げたが、そもそも24歳の二階堂ふみに姫川というキャラクターを背負えるはずが無いのだ。

              二階堂ふみだけではなく、亀梨和也が演じる菊田も小生の感性では受け入れられなかったし、井岡を演じた今野浩喜も肌に合わなかった。
              全体的にキャスティングが陳腐だと感じる。

              とにかく酷すぎる出来映えで、忍耐力が保たなかった。

              にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
              にほんブログ村新ドラマQ



              JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




              「ストロベリーナイト・サーガ」第1話★ミスキャスト!撤退決定

              0
                「ストロベリーナイト・サーガ」第1話

                「ストロベリーナイト・サーガ」第1話の平均視聴率は7.8%と撃沈だったようです。
                −◆−

                嫌な予感を抱きながら「ストロベリーナイト・サーガ」第1話を見始めたんだけど、二階堂ふみが演じる姫川があまりにもイメージと外れていたので、早々に視聴を中止して、HDDから削除した。
                二階堂ふみだけではなく、亀梨和也が演じる菊田も小生の感性では受け入れられなかった・・・。
                −◆−

                2010年の竹内結子版「ストロベリーナイト」が良かったんで、今回の「ストロベリーナイト・サーガ」は劣化版にしか思えない。
                そもそも24歳の二階堂ふみに、姫川というキャラクターを背負えるはずが無い。
                二階堂ふみでは幼いのだ・・・。
                二階堂ふみは「ラジエーションハウス」の本田翼みたいな大根役者って訳ではないが、年齢的に姫川を演じるのは無理。
                −◆−

                かつて堀北真希で成功した「イケパラ」を前田敦子でリメークして沈没したことがあったのを思い出した。
                フジテレビは同じ失敗を繰り返す気か・・・。

                とにかく「ストロベリーナイト・サーガ」はキャスティングが小生の許容範囲に無いので、2話以降も見る気がしない。
                撤退決定。


                にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



                JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




                『トレース〜科捜研の男〜』第6話★船越濃厚演技封印!?

                0
                  トレース〜科捜研の男〜第6話

                  第1話以来、久々に『トレース〜科捜研の男〜』を観た。

                  第1話では警視庁捜査一課の刑事・虎丸(船越英一郎)がやたらと怒鳴り散らしたり椅子を蹴ったりの大騒ぎで、このアクの強さに辟易として、とりあえず視聴を中止した。

                  で、たまたま他に観る番組が無いので、『トレース〜科捜研の男〜』第6話にチャンネルを合わせたら、虎丸(船越英一郎)の出番が激減し、トーンも劇的に大人しくなってまるで別人のようだった。
                  なんだか、船越英一郎が気の毒になるほど存在感が薄くなってた。
                  でも、これならドラマ的には見易いわ。
                  −◆−

                  おそらく、虎丸(船越英一郎)の濃すぎるキャラクターの評判が良くなかったからキャラ変させたんだろうなぁ・・・。
                  そのせいかどうかは分からないけど、視聴率はなんとか二桁を維持してる様子。

                  今後残された問題は千原ジュニアの存在だろうなぁ・・・。

                  にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

                  JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




                  井浦新主演『BRIDGE』★心が悲鳴を・・・。

                  0
                    『BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』を観ていたんだけど、途中で脱落・・・。
                    そのわけは、”阪神淡路大震災”を生々しく思い出し、心が耐えられなかったからです。

                    番組序盤、当時の映像が挿入され、それを観る度に堪えた・・・・。
                    内容は悪くないとは思いながらも、阪神間を原付バイクで通勤したあの頃を思い出してしまい、どんよりしてしまったのです。

                    我が家はあの地震でたいした被害を受けたわけでは無いのだけど、どうしてもメンタル的に限界を超えてしまい、チャンネルを変えるに到ったのです。

                    もう震災は懲り懲りです。
                    −◆−

                    で、チャンネルを変えて、深田恭子主演の『初めて恋をした日に読む話』を見始めたのだけど、これが好みに合わず、またもや途中脱落。
                    『初めて恋をした日に読む話』は、小生のようなジジイが観るドラマではありませんでした。

                    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

                    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




                    「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」第1話★撤退決定

                    0
                      「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」第1話

                      法律事務所の危機管理部に勤める弁護士・氷見(竹内結子)は、政治家・林(山田明郷)が出席するパーティーに潜り込む。会場には従業員に扮した弁護士の与田(水川あさみ)や藤枝(中川大志)、事務員・真野(斉藤由貴)も潜入していた。仲間たちが騒ぎを起こして注目を集める中、氷見は、テレビ局の記者・東堂(泉里香)が林の息子・太一から受けたセクハラについて、林と駆け引きを繰り広げる。そんな中、鈴木(バカリズム)が副所長を務める事務所に、杏里(馬場ふみか)、桃子(中村ゆりか)ら4人組の人気アイドルグループ「フォレスト」の番組を担当するテレビ局のプロデューサー・深川(宇野祥平)から依頼が入る。
                      まったく面白くないドラマだった。
                      人気アイドルグループ「フォレスト」に起きた出来事は、いまいちリアリティを感じさせないし、その出来事に対する氷見(竹内結子)たちの活躍度も薄い。

                      東堂(泉里香)の立ち位置が分かりにくいなど、誰が誰だか、役割が頭に入ってこない。
                      レギュラー陣のキャラはエッジが効いていないし、そもそも氷見たちが弁護士に見えないのも難儀な・・・。
                      それに、斉藤由貴が危機管理に関わるというのは皮肉なキャストである。

                      物語には間延び感が漂っており退屈。
                      第1話で撤退決定だ。

                      にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
                      にほんブログ村新ドラマQ

                      JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




                      << | 2/82PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>

                      プロフィ-ル

                      profilephoto
                      スポンサード リンク

                      最近の記事

                      過去記事(プルダウン)

                      ショップ

                      新ドラマQ

                      Rakuten

                      スポンサード リンク


                      カテゴリー

                      一日一善!!

                      忍者アド


                      楽天

                      recent trackback

                      リンク

                      search this site.

                      others

                      レバレッジ

                      PR

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

                      Rakuten