JR東海会長・葛西敬之氏「原発ゼロ」は亡国

0
    2012年9月10日の読売新聞に〜国益に背く「原発ゼロ」〜との見出しで、JR東海会長・葛西敬之氏の論文が載りました。


    葛西敬之氏によると、反原発を叫ぶ運動家と、それに迎合する政治家は「必勝の信念と竹槍があればアメリカに勝てる」として国民を戦場に駆り立てた精神主義者と似ているのだそうです。

    葛西敬之氏によると、民意に追従して「原発ゼロ」を口にする政治家や沈黙する経済人、テクノクラートたちが目覚めなければ、「亡国の世界史に新たな1頁を加えることになる」のだそうです。


    しかし、もし《福島第一原発4号機プール》が崩壊していたら、さらなる壊滅的被害が生じた可能性が高く、低廉な原発を用いて日本経済を維持しようとする葛西敬之氏の考え方こそが日本人を放射能汚染の戦場に駆り立てているのではないか・・・。

    原発の安全神話を垂れ流してきたことこそが「亡国の世界史の1頁」であります。
    −◆−

    「放射能がゼロでなければ安全ではないかのごとく言い続けた政府要人のせいで、故郷を追われ、職を失い、未だに不安を募らせている人々」について言及する葛西敬之氏。

    間違った情報による無用の不安から、住民が原発事故地域から避難してるような言い草ですね。
    葛西敬之氏は、国民をアホだと思ってらっしゃる??

    全て放射能ゼロであるべきだなんて国民は思っていないですよ。


    飛行機で海外旅行に行ったら放射線を浴びるし、レントゲンでも浴びる、自然界にも体内でも放射能がある。

    それを承知の上で、チェルノブイリ周辺で起きている事実も踏まえて、冷静に被爆を恐れてる人が大多数ですよ。

    そんなにおっしゃるなら、葛西敬之氏とご家族は福島第一原発周辺に引っ越しされて、出荷できない牛肉や農産物ばかりをお食べになったら良い。
    −◆−

    人々の生活はリスクと共存していて、事故が起きる自動車や飛行機、高速鉄道など「要はどこまでリスクを制御、克服し、覚悟を決めて活用するかだ。」と葛西敬之氏。

    フランスやドイツの新幹線など事故で死傷者が出ているが、「覚悟の上で欧州でも高速鉄道が使われている」と葛西敬之氏。


    不幸にも自動車事故や飛行機事故が起きているのは事実ですが、原発事故とは影響の広がりに差がありますから、同等に扱って”覚悟を決めて活用”せよというのは、いささか乱暴な理屈ですね。

    事故から四半世紀経ったチェルノブイリも然り。福島第一原発の「本当の意味での収束」にも何十年かかるので、五十代の小生の世代のうちには片付かないレベルの話しですからね・・・。

    福島第一原発事故当初は、世界最強のアメリカ軍でさえ半径約90km以内には兵士や艦船が入らないように指示していた事実からしても、さらに過酷な『取り返しが付かない事故』が想定されていたわけで、葛西敬之氏が言うようなレベルの話しでは済まないのだと思います。

    要するに、人間ではコントロールしきれない・・・。
    −◆−

    先の大戦は、アメリカから原油輸出を止められた日本が南方の資源獲得のために戦火を開いてしまった側面もあるわけで、石油に頼らない資源である『原発』に依存したくなる気持ちが分からなくもありません・・・。

    原発技術を持ったことで『1等国・先進国』になったような気分になったことも否定できません。


    しかし、簡単には収束できない原発事故が怖いから、原発の要らない社会の到来願っています。

    地震活発期に入ったようですし、原発が”テロ”のターゲットになっても不思議ではないし、『転ばぬ先の杖』という先人の言葉に従うべきだと思います。
    −◆−

    葛西敬之氏のような立派な経済人たる者は、原発に変わる資源・エネルギーの研究・開発・実用化や、さらなる省エネ技術の開発に注力していただけるとありがたいです。

    葛西敬之氏のような立場におられる方々が固定観念に縛られて、原発維持・推進にこだわっていては、日本国は未来をつかめません。





    にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへにほんブログ村


    JUGEMテーマ:マスコミ・報道



    野田首相と反原発グループとの面談に菅前首相も同席!?

    0
      8月22日、野田総理大臣と、官邸の前で原発に反対する抗議活動を続けている市民グループの代表が面談。
      反原発側の真ん中の女性は、首都圏反原発連合代表のミサオ・レッドウルフさんかな?
      田中康夫のCS番組に出てた、腕の入れ墨入れてる人ですね?

      で、野田首相が「はいそうですか。」と原発ゼロを約束するはずも無く、原発事故の「主役」の一人・菅前首相が同席したことが不快・・・。

      事故収束に混乱をもたらした自分の立場を考えるなら、菅前首相は引っ込んで居るべきだと思います。
      −◆−

      福島第一原発であれだけのことが起きてしまい、菅政権が首都圏住民の避難の可能性を考え、4号機の燃料プールが崩壊した場合は『北半球のかなりの範囲』に重大な被害を生じさせるとまで言われているのに、国民生活への影響などを総合的に判断して原発を再稼働させたという野田首相・・・。

      国民生活への影響を考えれば、常識的にはノーモア・フクシマだと思うのですが、『喉元過ぎれば熱さを忘れる』って感じですかね。

      原発事故に伴う避難者は依然約16万人という状態なのに、どうして原発維持なのか??

      政府に限らず、読売新聞なんてのも紙面の端々に原発推進論調をちりばめてますし、日経新聞に至っては『原発動かすか、社会保障を抑えるか』(編集委員 滝田洋一)というフレーズで読者をある意味脅迫してるような印象・・・。

      経済的優位性を主張して、原発が無くなると日本が没落するみたいなことばっかり・・・。
      −◆−

      野田首相は、再稼働推進の岡村日本商工会議所会頭とも意見交換・・・。

      経済団体では経団連・米倉弘昌会長もバリバリの原発再稼働推進派だし・・・。

      原発にすがりつく経済界を見ていると、かつて『オイル・ショック』を克服したり、排ガス規制の『マスキー法』をクリアしてきた日本の製造業の誇りを捨ててしまったようで、とても残念。


      日本国の為に、経済的な新エネルギー源をどうにかして実現するという気迫が無いの??
      放射能から国民・国土を守るという愛国心が希薄なの??


      小生は、我が国なら必ず『原発無し』を克服できる技術を生み出せると信じたい。
      −◆−

      野田首相と反原発市民グループの面談を受けて、『社民党の福島瑞穂党首が 首相のゼロ回答に怒り』という報道をチラッと見かけました。

      影が薄くて原発より先に無くなりそうな社民党のことを。すっかり忘れかけてました・・・。


      で、『ゼロ回答に怒り』の関連ニュースで『「脱原発」で一杯いかが? 福島党首が「一日ママ」』という記事もありました・・・。

      先月27日夜、東京・高円寺のバーで社民党・福島党首が「一日ママ」を務め、止まり木の客に「脱原発」を訴えたのだそうな・・・。


      こんなパフォーマンスみたいなことで『脱原発』に繋がるとは思えないから不愉快です。
      これが社民党の限界かな・・・。




      にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへにほんブログ村


      JUGEMテーマ:時事ニュース

      五輪に合わせて東京電力がテレビ会議映像公開〜抜け目ない。

      0
        柔道が終わってからロンドン五輪盛り上がりを見せ始めた時期に合わせたように、東京電力が東日本大震災直後の社内テレビ会議映像を一部公開。

        情報番組は、こぞって五輪ネタだから、普段に比べると東京電力がテレビ会議映像を公開したことについての扱いが極端に小さい。

        東京電力は、ロンドン五輪の時期を狙って公開した気がするなぁ。

        ネタが無いときだったら、入れ食いで東電の噛み合わない対応ぶりや、菅直人前首相が怒鳴り込んでいったところを紹介したろうに・・・。


        さすが東電、抜け目が無いわ。

        同じ時期に、不信任だ問責だのと騒いでる永田町の面々よりは、東電の方が頭が良いのかもしれません。




        にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへにほんブログ村


        JUGEMテーマ:時事ニュース

        SPEEDI非公表を正当化? 文科省検証報告の醜い言い訳

        0
          福島第一原発事故において『緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム (SPEEDI)』を走らせて放射性物質の拡散方向などを予測しながら、2011年3月23日までデータを公表しなかった問題で、文部科学省が2012年7月27日に検証結果の最終報告を公表。
          −◆−

          報告書によると、3月15日夕の文科省内打ち合わせで、公表すれば「被災地での医療崩壊、ガソリン・医薬品の枯渇などが進み、救急活動などに悪影響を与えかねない」旨の発言があったと最終報告には記述されているとのこと。

          1979年の米国スリーマイル原発事故を契機として、日本原子力研究所(現・日本原子力研究開発機構)を中心に昭和60年までに初期開発を終了し、改良を重ねながら現在(財)原子力安全技術センターにより運用されている『SPEEDI』は、まさに今回のような原子力災害のためのシステムで、その開発費は年間7億、総計120億円とも150億円ともいわれていますが、文科省は『悪影響を与えかねない』としてデータを活用しなかったと言うのですから話になりません。

          120億円を投じたシステムが『悪影響を与えかねない』のだと言い放ち、重要なシステムを巧く運用できなかった自分たちの責任を免れようとする文科省の面々・・・。

          文科省には、《イジメ事件》の責任逃れをする”大津市教委”を指導する資格がありませんね。
          −◆−

          「仮定に基づく計算で現実を反映していないため、結果の公表や住民の避難指示に活用することを前提としていなかった」「文科省の責任範囲を超えている」

          最低の言い訳ですね。

          そもそも、計算条件入力開始から15秒で放射能影響予測図形を出力できることになってるシミュレーションのためのシステムなのだから、仮定に基づく数値で演算するのが当たり前なのに、実測値が得られなかったことを言い訳に使うとは、なにをかいわんやです!!!

          正確な放射性物質の放出量以外は、気象、地形、人口分布などの基本条件が揃っていたのだから、避難の参考にはなりますよ!!

          言い訳するなら、もう少し巧い言い訳を考えろよ!!!


          で、文科省は「防災基本計画に定められた範囲では役割を果たした」
          自己正当化の極みです。

          情けない・・・。




          にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへにほんブログ村


          JUGEMテーマ:時事ニュース

          NHKスペシャル「メルトダウン連鎖の真相」欠陥弁まだ26基の衝撃

          0
            2012年7月21日(土) 放映のNHKスペシャル『メルトダウン連鎖の真相』

            国会事故調の報告で、事故以前からの『人災』という面が強調された報道が続きましたが、『メルトダウン連鎖の真相』では違う切り口で、原発の危うさを示してくれました。
            −◆−

            格納容器の圧力を下げるための主蒸気逃がし弁(SR弁)という物があるそうで、これを開放できずにメルトダウンの一因になったとのこと。

            窒素の圧力で開放するはずのSR弁ですが、格納容器の内部圧力が高すぎて窒素の圧力が足りなかったというのです。

            専門家が語るところによると、設計上の構造的欠陥みたいです。

            これを同じSR弁が、国内26基の原発で使用されている・・・。

            26基のうちの1基でも、万が一同様の事故が起きたら・・・。
            −◆−

            ベント用の弁は空気圧で開放する機構になっていて、これが作動せずに2号機は格納容器破損に至った・・・。

            空気を送る配管は、耐震性レベルがCで、優先順位が低い設備。
            直径50ミリ長さ50メートルに及ぶ配管が地震で傷み、空気圧を維持できなかった可能性も・・・。


            政府の事故調査・検証委員会(畑村洋太郎委員長)は23日、最終報告書で「地震によって原子炉圧力容器などの重要機器に深刻な損傷が生じた証拠はない」としたのだけど、地震によって深刻な損傷が生じなかった証拠もないんじゃないですか!!!
            −◆−

            事故直後の福島第一原発では12ボルトのバッテリーが必要だったのに、2ボルトのバッテリーしか届かなかったため、自動車のバッテリーをかき集めて破滅的自体の回避をはかっていた。

            緊急時の物資供給体制が確立されず、物資集約拠点に留め置かれていました。


            再稼働した大飯原発では、福島第一原発で不十分だった体勢や設備は全てクリアできてるの??


            今の大飯原発は、運を天に任せて稼働してるような印象。
            運任せにするには怖すぎる設備ですけど・・・。





            にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


            JUGEMテーマ:テレビ全般

            大飯原発活断層問題〜牧野副大臣「活断層ではないだろう‥」

            0
              経産省原子力安全・保安院が大飯原発の直下を通る「F―6断層」と呼ばれる 断層(破砕帯)について関西電力に再調査を命じたことについて・・・。

              再稼働のための「特別な監視体制」の責任者として現地に張り付いている牧野聖修・経済産業副大臣が活断層ではないだろうけれど、念には念を入れて安全のために再調査した方がいい。地元の皆さんのいろいろな心配もなくなるし」とコメントしていましたね。

              牧野副大臣は、関電から事前に資料か何かを見せられて「活断層ではないだろうけれど・・・」と述べたんですかねぇ。

              どうして”ど素人”の牧野副大臣が、調査さえ始まっていないのに「活断層ではないだろうけれど」と判断できるのでしょうか??

              まともな感覚なら「活断層の可能性に関しては予断を持たずに調査結果を待ちたい。」と述べるのが正解だと思いますけどねぇ・・・。
              −◆−

              福島第一原発では「想定以上の津波は来ないだろう」と高をくくっていて大失敗してるのに、それに懲りずに調査前から結論ありきみたいな発言。

              調査結果を見るまでは公正中立で居なきゃイケナイのに、なんとなく”関電”に仲間意識で持ってしまって「活断層ではないだろうけれど」と言ってる雰囲気さえあります。


              関西電力とお友達になるために現地に派遣されたわけじゃないのだから、自分の置かれた立場をわきまえて行動していただきたい!!!





              にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへにほんブログ村


              JUGEMテーマ:時事ニュース

              「志賀原発活断層」北陸電力に再調査させる保安院の感覚!?

              0
                志賀原発1号機の直下を走る断層が活断層である可能性が指摘された問題。
                経産省原子力安全・保安院は、事業者である”北陸電力”に対して断層の再調査を指示した。
                今月25日までに調査計画を報告するよう求めた。

                大飯原発敷地内の断層(破砕帯)についても、活断層かどうかを調べるよう”関西電力”に指示・・・。
                −◆−

                どうして、利害に直接関係のある当事者たる”北陸電力””関西電力”に断層調査させるかなぁ・・・。


                泥棒に現場検証させてるようなモノだから、活断層の証拠を見つけてくるはずないですよ。

                イジメだと認めたくない学校による大津市立皇子山中学長によるアンケートと同じで、感じな部分が外に出ない可能性が高い気がします。

                −◆−

                現に7月17日に安全・保安院が開いた専門家の意見聴取会では、北陸電力側が断層について「原発の安全性を脅かすものではない」との説明に対し、専門家から「いいように解釈しすぎ」などと異論が相次いだんでしょ。

                利害が絡んでいるから「いいように解釈する」のは、ある意味当然で、利害が絡まない”第三者”に調査させるのが常識的ではないでしょうか。

                直接的利害関係者の北陸電力、関西電力に調査を命じているようでは、いつまでたっても『断層の真上に立地してるけど原発の安全性を脅かすものではない』などとテキトーな結論につながりますよ。

                志賀原発再稼働どころか廃炉で数兆円の損をする北陸電力がからんでいて客観的な調査になるとは思えないもの・・・。


                こういう国と事業者の関係性こそが、福島第一原発事故で反省されるべき問題点だったと思うんだけど、事業者国も全然懲りてない??
                −◆−

                別件。
                7月18日の『BSフジLIVE プライムニュース』では国会事故調の調査結果について取り上げられていて、福山哲郎官房副長官(事故当時)が「官邸の過剰介入」について釈明に追われました。

                福山氏「いつメルトダウンや爆発が起きるかという状況で、1分1秒争う事態だった・・」云々。

                でもね、福山氏が『メルトダウンや爆発』への懸念が高まっていたと言う3月11日夜には、枝野官房長官(当時)が「念のため、総理から半径3km以内の住民に避難命令、半径3kmから10km圏内の住民に対し屋内待機の指示が出ております。」と、ぬる〜いコメントを出していたんです。

                要するに、国民には危機的状況を伏せて、「念のため・・・」などとパニック回避に重きを置いていた。


                一事が万事この調子で、嘘ではないけど本当でもないことを枝野氏が饒舌に語りまくって、真実は伏せられてしまった・・・。

                で、結果的に民主・福山氏は官邸側の正当性を主張し続けており、反省の色は薄い印象でした。
                これでは教訓は活かせそうにありません。



                にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへにほんブログ村


                JUGEMテーマ:時事ニュース

                『エネ聴取会』中部電力の課長「福島第一原発事故、放射能で亡くなった人は一人もいない。」

                0
                  《大津イジメ自殺事件》の皇子山中学・片山校長(当時)の会見時のシャキッとしない佇まいが不愉快なのですが、『将来のエネルギー・環境政策に関する国民からの意見聴取会 (名古屋市)』において、中部電力・岡本道明課長「福島第1原発事故で、放射能の直接的影響で亡くなった人は一人もいない。」「原発をなくせば経済や消費が落ち込み、日本が衰退する」と述べたのも不愉快の極み。

                  仙台会場の東北電力・岡信慎一企画部長(執行役員)も同じで、彼らは原発・原理主義者ですね!!

                  批判され、炎上することも覚悟した上で、”原発推進論”を述べるのですから、筋金入りの原発・原理主義者ですよ。
                  −◆−

                  事実として『放射能の直接的影響で亡くなった人は一人もいない』のではありますが、「原発さえなければ」と書き残して自殺した酪農家の男性をはじめ、農業、畜産業、漁業の従事する方が被った苦痛・迷惑・被害や、小さい子供を持つ親の心痛や、遠く離れた静岡のお茶農家にも被害が出たというのに、中部電力・岡本道明課長の無神経さには驚かされます!!!

                  除染費用を始め国民全体で費用負担することにもなってるし・・・。



                  この巨大な被害を顧みることなく、自分の商売に固執して原発推進とは呆れかえります。

                  こうなったらね、中部電力・岡本道明課長や東北電力・岡信慎一企画部長には、東電に出向していただいて福島第一原発の収束作業に従事していただくと良いわ。
                  −◆−

                  そういえば、民主党・仙谷由人政調会長代行は 4月16日の講演で「原発を一切動かさないということであれば、ある意味、日本が集団自殺をするようなものになる」と述べていたなぁ・・・。


                  とにかく、事故ったときの影響が大きすぎる原子力発電とは出来るだけ早い時期に縁を切りたいものです。
                  原発の要らない社会に向けたロードマップを作るべきだと思います。



                  にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへにほんブログ村


                  JUGEMテーマ:時事ニュース
                  JUGEMテーマ:ニュース

                  「官邸前大規模デモ」と「福島4号機プール冷却停止」が報道されていない?

                  0
                    2012年6月29日。首相官邸前を埋め尽くした『大飯原発の再稼動反対デモ』

                    警察発表では1万7000人。
                    主催者(?)は、15万〜18万人が参加したと伝えています。

                    こんな大きな出来事があったことを、恥ずかしながら小生は知らなかった〜〜〜。

                    警察発表通りの数字だとしても凄い人数。

                    小生の子供の頃は頻繁に”全学連”のデモとかが行われていたけど、近年の日本では”大規模デモ”なんてのは長いこと無かったでしょ。

                    なのに、小生が読んだり見たりするメディアでは『首相官邸前大規模デモ』の扱いが異様に小さい・・・。

                    新聞では、38面一番下に、こんな小さい記事・・・。

                    読売新聞は『再稼働推進』なのだけど、事実として大きなデモがあったのだから、隠すように下の方に記事を配さずともよさそうなものです。

                    我々は、報道されてるものしか知ることが出来ないのに、新聞社のさじ加減次第で出来事を大きく見せたり小さく見せたりされたら、何が事実か分からなくなるのでありますよ!!
                    −◆−

                    テレビ出演していた東京都の猪瀬副知事は、デモ隊に関して「半分ぐらいは福島に行ってボランティアするか、金を落としてくればいい。」と、やや突き放したコメント。

                    たしかに、福島が頭から消えかけていて、大飯原発再稼働だけに焦点を当てるのは宜しくない。

                    フジテレビ『新報道2001』で、民主党の大塚耕平氏が『除染費用』は計算も付かない暗中模索状態だと言ってことが福島の現状を良く表してます。(政治の現状も良く表われてる)


                    現に、福島県や福島第一原発への関心が薄れた証拠に、
                    『4号機プール冷却装置停止』という重大ニュースも、ろくに報道されていません。

                    使用済み燃料プールの水を冷却する装置が自動停止し、30日午後6時時点で36.6度に上昇。

                    保安院は「保安規定の上限の65度に達するには約60時間の余裕がある」と、ノンビリしたコメントを発しております。


                    原発事故後、国民が敏感だった頃なら《4号機プール冷却装置停止》なんてのはトップニュースだったと思いますけど・・・。

                    本当はが一番大きなリスクを抱えていたと後から聞かされた『4号機』なのにね。


                    『大規模デモ』は伝えない、『4号機プール冷却装置停止』も積極的に伝えないメディア・・・。


                    メディアの対応ぶりが偏っていて怖いです。





                    ブログランキング・にほん	ブログ村へ



                    JUGEMテーマ:時事ニュース
                    JUGEMテーマ:ニュース



                    大飯原発「水位低下警報器作動」公表遅れで政府赤っ恥

                    0
                      再稼働準備中の大飯原発3号機「水位低下警報器作動」にまつわる顛末は以下の通り。

                      6月19日夜、発電機の冷却タンクの水位低下を示す警報器が作動。

                      関電は20日未明に福井県とおおい町に通報。
                      報道機関への一報は午前8時半すぎ。
                      記者会見は発生半日後の午前11時。

                      保安院は発表の遅れを認め陳謝。

                      牧野聖修経産副大臣は保安院の黒木慎一審議官を厳重注意
                      関電には迅速な発表を徹底するよう指導。
                      −◆−

                      何が恥ずかしいってね、牧野聖修経産副大臣は警報器作動の前日(18日)にオフサイトセンター(県大飯原子力防災センター)を視察して「全国民が注目している。緊張感を持って職務を遂行し、安全第一で慎重に作業や監視に万全を期してほしい」と訓示したところだったんですよ。

                      関係機関を結んだテレビ会議にも参加した牧野副大臣は「基本的には(常駐して)私が特別な監視体制の指導、監督に当たる」とコメントし、副大臣や政務三役らが常駐する《特別な監視体制》をアピールしたのに、いきなり次の日に《公表遅れ》をやらかすのだから話になりません。


                      細野原発担当大臣が、関西広域連合の会合で「経済産業副大臣などを現地に常駐させる」として大飯原発の安全性を担保するとしていたけど、これが屁のツッパリにもならないことを早くも露呈しちゃったんです。
                      −◆−

                      そもそも、海岸近くの海抜2メートルの場所に位置する当該オフサイトセンター(県大飯原子力防災センター)の空調設備には放射性物質の流入を防ぐ空気浄化フィルターが設置されていないそうで、福島第1原発事故でオフサイトセンター内部でも放射線量が上昇して施設が機能しなかったことと同じ轍を踏む可能性も残しているようです。

                      普通に考えたらアウトですわ。

                      仰々しくテレビ会議を行う様子が映っていましたが、本来なら福島第1原発事故の際もテレビ会議システムなどでリスクマネジメントするはずだったんですよね・・・。

                      いわゆる《絵に描いた餅》で終わっちゃいましたけど・・・。
                      −◆−

                      「水位低下警報器作動」は軽微なトラブルだから問題意識も薄かったとは思いますが、副大臣視察の翌日から認識不足が露見するようでは、「私の責任で再稼働する」とお墨付きを与えた野田総理の顔に泥を塗る(”どじょう”だから、泥は得意かな?)ようなものです。

                      蟻の穴からダムが決壊するということにならないよう、神や仏に祈るしかないのでしょうか??


                      あと、原発再稼働推進に前のめりになっている新聞社が、今回の恥ずべき《公表遅れ》について、紙面で大きく扱わないことも不愉快です。

                      この調子では、小生が生きているうちに『原発を必要としない社会』が実現されることは無さげです。




                      にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへにほんブログ村


                      ・ふるさと納税〜総務省HP



                      JUGEMテーマ:時事ニュース

                      << | 2/20PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>

                      プロフィ-ル

                      profilephoto
                      スポンサード リンク

                      最近の記事

                      過去記事(プルダウン)

                      ショップ

                      新ドラマQ

                      Rakuten

                      スポンサード リンク


                      カテゴリー

                      一日一善!!

                      忍者アド


                      楽天

                      recent trackback

                      リンク

                      search this site.

                      others

                      レバレッジ

                      PR

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

                      Rakuten