フィギュア・エキシビションと津波警報

0
     浅田真央ちゃん、高橋大輔、安藤美姫や、キム・ヨナ、ライサチェク、プルシェンコら、オールスター競演のフィギュア・エキシビションは凄いですねぇ・・・。
    募金サイト イーココロ!

     安藤美姫選手は、キレの良い滑りで、素人目には本番のクレオパトラよりもイイ感じ。

     真央ちゃんが扇子を使った演技も素敵だったけど、小生は、19歳の真央ちゃんらしい、もっと”明るい笑顔系”の演技が見たいなぁ。
     これ以上、文句を言って、タラソワ・コーチが怒鳴り込んできたら困るので、やめとこ・・・。
    −◆−

     ライサチェク選手(米)も、プルシェンコ(露)も、さすがに凄いわ。

     プルシェンコは、「銀」に終わった憂さ晴らしをしているような演技・・・お見事!!

     で、二人とも、凄まじい腕の長さが演技を引き立てますねぇ。
     中でも、ライサチェク選手は、”ルフィ”か”ファンタスティック4”みたいにゴムゴムなんじゃないのか----腕が30センチほど伸びるように見えちゃう。

     それと、ガーシュインの”ラプソディー・イン・ブルー”に乗って滑る様子を見てると、「のだめ=上野樹里」の顔が目に浮かんできました。
     なんだか、ホンワカして来ちゃう。
    −◆−

     エキシビションのキム・ヨナ、なんかジャンプ失敗したのをうまく誤魔化していたように見えたんだけど、気のせい?
     失敗するなら、本番で・・・なんて野暮なことを言っても仕方ないか・・。
    −◆−

     自然災害を茶化すつもりはさらさら無いのだけど、画面右側の津波警報の日本地図を、ロシェット選手がスケートシューズでキック・・・したように見えちゃう。
     津波警報は、まあ、エキシビションだから、さほど問題ないけど、これが本番のフリーの時だったら、日本地図が凄く気になったろうなぁ。

     で、警報を表す色遣いは、NHKは大津波警報と、津波警報、津波注意報の見分けが付きにくいなぁ・・・。
    ピンク色のテレビ局も、ちょっと変かも・・・。
    赤とオレンジ色で区分けしていたのはフジテレビだったかな?
    小生は、あれが一番見易かった。

     そして、今朝(津波警報発令の翌朝)、娘(小3)が「地図がない!!」と騒ぐから、学校で使う地図帳か何かを無くしたのかと思いきや、テレビ画面から津波警報の日本地図が消えてることで「地図がない!!」と大声上げてた。
     なんと、お気楽な・・・・。
    −◆−

     『龍馬伝』を見ながらも同じことを考えていたんだけど、災害に備えることなのだから、多少画面が気になっても、我慢、我慢・・・テレビより人命が重いに決まってる・・・けど、気になって、気になって。
     たまたま、津波があの程度だったから「画面が気になった」なんて悠長なことを言えるのだけど、小生が生まれた1960年のチリ地震津波の時みたいに5mを超える津波がやってきて、死者を出していたら、『エキシビション』『龍馬伝』の放映自体が吹っ飛んじゃってたと思います。
     人的損害が出なくてヨカッタのであります。

     新型インフルもワクチンが無駄になるぐらいが有り難いし、津波も警報画面に文句を付けていられるぐらいで幸運でした。

     真央ちゃんの、あどけなくてピュアな感じの顔をゆっくり見ることが出来るだけでも、有り難いことです。

    ブログランキング・にほん	ブログ村へ



    フィギュアスケート採点〜人間の行動を数値化する難しさ。

    0
       バンクーバー冬季五輪フィギュアスケートを巡っては、浅田真央ちゃんに比べて高すぎるキム・ヨナの得点や、男子では4回転を成功させたプルシェンコ選手が銀メダルに終わったことで、ロシアが競技結果にケチを付ていたりして、採点への不満の声が聞こえてきます。
      障害者スポーツ応援クリック募金

      【 フィギュアの採点ってのは 】

       男子のライサチェク(アメリカ)は4回転ジャンプを回避する安全策で金メダル。
      プルシェンコ(ロシア)は、果敢に4回転ジャンプしたけど、出来映えがいまいちで銀メダル・・・。
       女子は、手堅く完璧な演技のキム・ヨナが恐ろしいほどの高得点で金メダル
      真央ちゃんはミスがあったとはいえ、五輪フィギュアスケート女子ショートプログラム史上初のトリプルアクセル成功や、フリーでは史上初の2回成功が報われることなく大差で銀メダル・・・。

       小生は、「フィギュアの採点ってのは、まあ、こういうものなのだろう」と、得心しているのですが、不満が出るのも理解出来ます。

      【 『絶対的な定規』は無い 】

       結論から言えば、人生で得た経験則----「人間が、人間の行動を完璧に数値化するのは著しく難しい」ということ。
       小生みたいな宮仕えの職業人は、自分の仕事ぶりを評価される「人事考課・査定」に納得できないことが、ままあります。
       中学、高校で作成する内申書、調査書の類だって、テストの点に基づいていても、100%客観的数字で表しておらず、教師の主観が入る混む余地があります。

       プロ野球なんてのも、打率やら何やら数字がすべての世界であっても、年俸査定に際しては選手と球団が折り合わない時があります。
       ボクシングの採点でも、「えっ?」と思う時があるし・・・。

       頭がいい悪いってのも、IQだけで計れるかというと、そうじゃないでしょ。
       高学歴だから、良い社会人・職業人だとはも限らず、ときに「高学歴なのに何でコイツは仕事できないのだろう!?」ってこともあります。

       結局、人間が人間を計る『絶対的な定規』は無いんですよ。(学者さんやら、専門家は計れると思う人もいるかもしれませんが)

       いい人かどうか、いい性格してるか否か、働き者か否か、容姿が美しいかどうか、優しいか否か、根性が有るか無いかなどなど、どれもこれも主観的なもので、人間を数字に置き換えることは出来ません。

       だから、9人で採点するフィギュアスケートだって、機械的に数値化できないんですよ。
       過去からの経緯で、採点は一つ一つの動作ごとに細分化され、かなり客観性が増している筈なんだけど、それでも採点員は、会場のムードや、選手の佇まいなどに左右されちゃいますよ。
       大会直前にお母さんを亡くしたロシェット選手を後押しする会場のムードとか、言葉では表せないものに、採点員が左右されて仕方ないです。それが人間ですもの。

      【 真央ちゃんは、100点満点 】

       果敢さやチャレンジャー精神をもう少し高く評価してもいい気がするし、客観性を高める工夫は今後も重ねて貰いたいけど、あれほど高度化した演技をすぐさま採点するなんてことが、そもそも難しいのだと思うわ。
       もっと多くの専門家が、10分、20分と録画映像をテェックして、誤った思い込みなどを排除しながら、最終的に集約し、さらにそれを第三者がチェックするぐらいじゃないと、正確な採点は難しい気がします。
       そこまで行くと、スポーツの域を超えて、科学の世界なのかな・・・。

       とにかく、人を人が採点するってのは難しいですが、SPの演技が終わった時に、ピョン、ピョン撥ねる笑顔の真央ちゃんは、あの瞬間、100点満点の温かい気分を小生に与えてくれました。
       誰が何と言おうと、あの時に気分は、100点満点です!!!
       真央ちゃんのお陰で、素敵な気持ちを味わえました。

      ブログランキング・にほん	ブログ村へ


       【Wiiソフト】 マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック





      中国体操女子、10年前のシドニー五輪での年齢詐称がばれて銅メダル剥奪も

      0
         2000年シドニー五輪の女子団体総合で銅メダルを獲得した中国の選手に、年齢制限以下の選手が「年齢偽装」して大会に参加していたことが判明したそうな・・・。
         恐るべし偽装大国・中国!!
        募金サイト イーココロ!

         2000年シドニー五輪の女子団体総合で銅メダルを獲得した中国チームの一員だった董方霄選手は、1983年1月20日生まれの17歳と登録していた。
         国際体操連盟規定により16歳以上とされているから、17歳ならOKです。
         ところが、2008年北京五輪で役員として参加した際には、1986年1月23日生まれと申告。
         あちゃ〜〜〜、3歳、若返ってるやないの!!
         シドニーの時は、ホントは14歳やったんや〜〜〜。

         『天網恢々疎にして漏らさず』という言葉の通り、10年前のシドニー五輪でのインチキがばれちゃった・・・悪いことは出来ません。
         国際体操連盟は、シドニー五輪や1999年世界選手権時の記録などを抹消し、国際オリンピック委員会に中国のメダルを剥奪するよう勧告・・・。


         そもそも、ことのキッカケは、北京五輪での中国女子体操選手に対する年齢詐称疑惑から始まったものだそうな。
         え〜〜、自国開催でのオリンピックでも、「年齢偽装」していた疑いがあるってことかぁ!?


         中国って、本当に、何でも有りだわ・・・。
         中国の神経の太さを見習えば、長生きできるなぁ、きっと・・・。

         というわけで、浅田真央ちゃんの本物の銀メダルの輝きが、ますます美しく感じられるニュースでありました。


        ブログランキング・にほん	ブログ村へにほんブログ村 ニュースブログへ


        中国ニセモノ社会事情



        JUGEMテーマ:スポーツ

        浅田真央ちゃん「銀」悔し涙が美しすぎる。キム・ヨナ「金」、美姫メダル届かず・・

        0
          バンクーバー冬季五輪
           フィギュアスケート女子フリー(2月26日)

           試合後のインタビューで、どんな4分間でしたかと問われた真央ちゃんは「長かったようで短かった」と口にしたところでみるみる涙がこみ上げて・・・。
           涙ながらに「あっという間に終わってしまいました」と語る姿が、切ないなぁ。
           ああ、悔しいなぁ。
           (若者にとっては、悔しさも明日への糧、未来への糧だから、流れるだけの涙を流せばいいのかな・・・。)
           で、ヨナと真央ちゃんの戦いは、『ドラゴンボール』の”悟空””ベジータ”がガッツン、ガッツン戦っていた頃のよう・・・。
           ロシェット、安藤さん、長洲未来らは、”クリリン”レベル(クリリンは地球人の中では相当強い)で、ヨナと真央ちゃんは突き抜けてる。(キム・ヨナの冷静な戦いぶりは、”18号”にも見えたけど、力は”18号”より上)

          【 安藤美姫 】

           クレオパトラに扮した安藤美姫。
           競技に入る時にアップになり、顔に添えた左手薬指には指輪・・・そんなことではどうでもイイ。
           ミスのない手堅い滑りだ、完成度は高いぞ、SP3位のカナダ、ロシェット選手を越えられるか・・・。

           得点はフリー124.10点で、SPと合わせて188.86点!!

          【 おそるべしキム・ヨナ 】

           ガーシュインのピアノ協奏曲にのって、スイスイと技を決め続けるキム・ヨナ。
           こりゃ、ミスする感じがしない。
           揺るぎない自信を持っているようで、つけ入る隙がない滑り!!
           なんたる完成度!!
           脳髄にジャイロセンサーとSAMSUNG社製ののICチップが組み込まれているんじゃないかと思えるほど、正確無比な演技です!!

           『心・技・体が揃う』というのは、こういうコトを言うのだろうなぁ。
           演技を終えた瞬間、喜びや満足が爆発して、腕をうち振るキム・ヨナ。
           そして、リンクからでる際には感極まったように涙があふれている。
           フリー150.06点で、SPと合わせて228.56点!!
           史上最高得点・・・もはや”カミ”!!
           これを上回るのは厳しい。
           少し古いけど、体操女子でコマネチが10点満点を連発した時くらい、キム・ヨナはパーフェクトです。

          【 浅田真央ちゃん 】

           キム・ヨナがリンクから降りてきた時、真央ちゃんがイヤホンを付けて音楽を聴く姿は、やや険しい表情。
           ナーバスになってる?

           演技が始まると、トリプルアクセルを2回決めるなど、素晴らしい滑り。
           この調子、真央ちゃんにしか、キム・ヨナを倒すことはできない。

           だけど、中盤、トリプルフリップで微妙な着地・・・。
           その直後、スケートのエッジが氷に引っかかって、蹴躓くような形に。
           次のジャンプはトリプル予定が、中途半端な1回転・・・。
           ああ、ミスっちゃった。
           ウ〜〜ム。
           真央ちゃん、心が揺れてる・・・頑張れ!!
           だけど、その後は完璧に立てなおした真央ちゃん。
           指先まで神経の行き届いた演技は美しく力強い。

           そして得点は、フリー131.72点で、SPと合わせて205.50点!!
           キム・ヨナには届かなかったけど、他の選手とは明らかにレベルが違う。
           「二つのミスが悔しいです」と言うが、まだ19歳なのに、えらいぞ真央ちゃん。

           で、”技の難易度”は真央ちゃんが凄いのだけど、何度やっても同じことができるキム・ヨナの”テクニカルな再現性”と、それを支える心身の強さは強烈すぎて、かなわなかったなぁ。
           身びいき、負け惜しみになるとは思いますが、「ミスこそ人間性の証」だと思っちゃいました。

          【 神懸かり、ロシェット 】

           SP3位のロシェット選手(カナダ)次第で、安藤美姫のメダルを左右する。
           大会直前にお母さんを亡くしたロシェットは、SPの時もそうだったけど、神が降りてきているんです。
           ロシェット選手にとっては、地元大会でもあるし、なにか人知を越えた凄い力に後押しされてる感じなんです。

           で、何度もジャンプでバランスを崩すんだけど、必死に持ちこたえて転倒しない。
           技のミスはあるけど、美しい動きに地元の観客が大きな声援を送る。

           得点は、フリー131.25点で、SPと合わせて202.64点
           ああ、安藤美姫のメダルがするりと・・・・。
           小生の素人目には、ロシェット選手の滑りの出来映えを考えると、安藤美姫より点が高すぎるようで、やや不満。
           でも、本当に彼女には、今、神様が降りてきてる感じだから、高得点も仕方ない。
           フィギュアの採点って、こういうものだし、ロシェットには、それだけのオーラがありました。

          【 長洲未来ちゃん16歳 】

           アメリカ籍だけど、両親は日本人の長洲未来ちゃん16歳。
           この子、SPの出来映えも良かったんです。
           鼻血を出しながら滑って自己ベストだったんです。

           そしてフリーの演技も、伸び伸びと滑っていて完璧な出来映え。
           キム・ヨナ、真央ちゃん、安藤美姫、ロシェットがメダル争いに必死の中、長洲未来ちゃんだけは「我が道を行く」って感じで、楽しそうに滑ってる。

           なんとフリーは126.39点と安藤を上回る得点!!!
           SPと合わせて190.15点で4位に付けちゃった。

           おそるべし16歳。

          【 超ハイレベルの戦いは・・ 】

           というわけで、残念ながら真央ちゃんは銀メダル。
           でも、19歳の子がメダル貰ってるのに、50歳前の小生が「残念」なんて言ったら、失礼やね。
           真央ちゃんに、心から賛辞を送るべきですね。

           勝った負けたは別にして、キム・ヨナと真央ちゃんの二人だけは遙か高く別世界の力量で、心技体が完璧なキム・ヨナは特別な選手だわ。
           不安のカケラも表に見せないキム・ヨナ選手は小憎ったらしいけど、力を認めざるを得ません。
           参りました。

           キム・ヨナと真央ちゃんは、まだ19歳。
           これからも、超ハイレベルの戦いは続きます。

           きっと、ソチ・オリンピックでも、彼女たちは戦ってるに違いない。(こんなに凄い二人が、同じ1990年9月に生まれたなんて、神様のイタズラとしか思えません。)

           最終的に、真央ちゃん「銀」、安藤5位、鈴木が8位、そして日系選手の長洲が4位。
           結果をよく噛みしめてみると、日本人として、なんだか、誇らしい気分になってきました。

           今、丁度、国会中継をやっていて、またまた政治とカネの話になってる・・・。
          ドロドロの政治に比べて、オリンピックって、なんて素晴らしいんでしょう!!
           国会中継のおかげで、真央ちゃん真珠のような涙の美しさが、一層輝きを増す感じがしています。(政治とオリンピックを比較する方が野暮ですね)
           蓮舫さん、これ以上、スポーツ予算を仕分けしないでね。
           そして、どのチャンネルをまわしても”真央づくし”のフィーバーに、これで一区切りですね。

          ブログランキング・にほん	ブログ村へ


           【Wiiソフト】 マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック


          【送料無料選択可!】FURUSATO / ゆず








          カーリング娘、デンマークに敗れ”終戦”☆通算3勝6敗でも、面白かった!!

          0
            バンクーバー冬季五輪:カーリング女子(2月24日)

             日本時間で2月24日の朝にスウェーデンに敗れ、昼のデンマーク戦も落として、通算3勝6敗で全9戦を終えたチーム青森。
             最終戦は、女子フィギアフィーバーのせいか、テレビ中継も見あたらず、ちょっぴり寂しい終戦となりました。
            障害者スポーツ応援クリック募金
            【 こんなに面白いものか 】

             今大会で初めてじっくりとカーリング競技を見たのですが、5点奪取のスーパースローも有れば、作戦ミスとか、失投とか、ギブアップとか、色々あったけど、カーリングという競技が「こんなに面白いものか!」と感じ、心から競技を楽しめました。

             勝ってくれるに越したことはないけど、嫌なことが多いこの時代に、ドキドキ、ワクワクするゲームで楽しませてくれたカーリング娘たちは、胸を張って笑顔で帰ってきて欲しいです。
             日本代表として恥じることのない真摯なプレーぶりでした。

            【 普及、振興に貢献!! 】

             本橋麻里さんがインタビューを受けていて、言葉に詰まりがにじんでくる様子を見ていて、胸がキューンとしました。
             これこそ”クリスタル”のような美しい涙ですね。
             この、本橋さんをはじめ、近江谷杏菜さん、石崎琴美さん、目黒萌絵さん、山浦麻葉さんによるチーム青森=クリスタルジャパンの面々は、人柄の良さそうな選手たちで、端正な容姿だけではない内面から滲み出る魅力を感じたから、応援したい気持ちになりました。
             競技も面白いし、メンバーも素敵だから「試合を見たい」と思ったんです。

             そういう意味では「カーリング競技の普及及び振興」という観点からすると、彼女たちは大きな足跡を残したのだとと思います。
             チーム青森を目標にして、彼女たちに続く選手が育ってきますよ。

             また、他国のチームを見ていると、アラフォー世代の選手もいましたから、目黒さんたちも今以上に経験を積んでまだまだ戦って欲しいですしね。

            【 伸びシロのある競技 】

             前にも書きましたけど、筋肉や体格だけに左右される競技ではないから、経験を積めば精密さ、緻密さの部分で日本はまだ伸びますよ。
             ですから、日本が国をあげて注力して、強化に務めるべき競技だと思います。

             できれば小生が生きている内(あと20年ほどかな?)に、日本代表がオリンピックで表彰台に立てると嬉しいなぁ・・・。


            ブログランキング・にほん	ブログ村へ


             【Wiiソフト】 マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック


            ゴールドライン|カーリング★ペーパーウェイト



            アウトドア&フィッシング ナチュラム




            浅田真央、笑顔満開73.78点も、キム・ヨナ凄すぎ78.50点!!

            0
              バンクーバー冬季五輪
              フィギュアスケート女子ショートプログラム(2月24日)

              【 真央ちゃん、喜び爆発ピョンピョン 】

               浅田真央の演技が始まって、ジャンプの度に小生の心臓が破裂しそうなほどドキドキ・・・。
               生命の危険さえ感じるほどです。
               で、問題のトリプルアクセルを見事に決めて、五輪フィギュアスケート女子ショートプログラム史上初のトリプルアクセル成功。

               その後も流れるように演技が進み、会場からは自然と手拍子が巻き起こる。
               真央ちゃんの演技がが会場を支配しています。

               そして素人目には最後までミスなく滑り終え、氷上の真央ちゃんがピョンピョンと撥ねて喜んでる。

               やった〜〜〜完璧。

               リンク外で待つタラソワ・コーチも「やったわ。ガハハ〜〜」と言ってそうな感じがするほどの出来映え。
               ドキドキして待った得点は、73.78の高得点で暫定首位!!!

              【 おそるべしキム・ヨナ 】

               真央ちゃんの次が、ライバルのキム・ヨナ。
               真央ちゃんが完璧な演技を見せつけたし、会場も真央ちゃんへの賛辞で凄い雰囲気になってるし、いくらキム・ヨナでも、プレッシャーを感じるだろう・・・・と思った小生が浅はかだった。
               
               プレッシャーの「プ」の字も感じさせずに、すいすいと演技をこなしちゃって、こちらも完璧な演技。
               小生が、それとなくテレビ画面を通じて「転けろ、転けて、転けてください」と念を送っても、全然効き目がない。(当たり前)

               真央ちゃんを上回る78.50という高得点は、キム・ヨナにとっても自己最高得点らしい。
               何だか分からないけど、技術だけではなく、音楽の解釈とか言うポイントまで凄いらしい。

               いやはや、キム・ヨナって子は、”朝青龍”の全盛期くらい肝が据わってる。
               ありゃ、フィギュアスケート界のターミネーターじゃ。
               おそるべし氷上のボンドガール、キム・ヨナ!!!

               とにかく、フリーでも、真央ちゃんの最高の笑顔が見たいよう!!!

              ブログランキング・にほん	ブログ村へ


               【Wiiソフト】 マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック



              カーリング娘。スイスにギブアップで3勝4敗〜アラフォーの精密機械に負けた

              0
                バンクーバー冬季五輪:カーリング女子(2月23日)

                日本 4−10 スイス

                 第8エンドで10−4となってしまい、悔しい、悔しいギブアップ負け・・・。
                 小生がTV観戦した試合は3戦全敗で、すっかり”疫病神視聴者”になってしまいました。(トホホ〜〜)
                障害者スポーツ応援クリック募金

                【 4.5エンドの攻防 】

                 第4エンド。
                 スイスチーム、スキップのオット選手の1投目(第7投)がナイスショットで、この時点でスイスがハウス内のNo1〜3を占めちゃう。
                 日本のスキップ、目黒さんの最終2投目(第8投)は、ややショート気味となり、展開を変えることが出来ない!!
                 そして、オット選手は、余裕でラストストーンを青いゾーンに入れて、スイス4得点。
                 痛たぁ〜〜〜。

                 目黒さん、ちょっぴり心が揺れ始めていたのかなぁ・・・。

                 第5エンドは、日本側にミスショットが重なり、思うようにゲームをコントロールできないまま1点止まり・・・というか1点取らされちゃった。

                 この第4.5エンドの攻防で、試合の流れは決まってしまい、日本は、なすすべ無し。
                 相手ペースで試合が進み、第8エンドもスイスに支配されてしまい、目黒さんが手袋を脱いで、相手と握手・・・これがカーリングではギブアップを表す動作なんだそうな。
                 む〜〜、残念無念、切ないなぁ。

                【 井端と荒木みたいな・・・ 】

                 スイスって、3連敗スタートの後、調子を上げて連勝中なんだって。
                 スキップのオット選手は1972年生まれの”アラフォー”で、見た目は監督・コーチ級。(フィギアスケートのコーチにいそうなタイプですよ。)
                 で、名前はオットだけど、オットットって感じのミスプレーが無くって、恐ろしく精密。
                 ソルトレイクシティ五輪とトリノ五輪で銀メダルを獲得した実力者なんだそうで、さすがに凄い。

                 スイスチームそのものも、中日ドラゴンズの井端と荒木を揃えたようなチームで、堅実さと嫌らしさを兼ね備えてる。

                 昭和30年代に生まれた小生の世代にとっては、時計など、精密機械と言えば日本かスイスってイメージがあるんだけど、今日はスイスの方が精密でした。

                【 悪いイメージを引きずっちゃった? 】

                 終始、スイスペースに持ち込まれて、いわゆる「カーリング娘」の皆さんは、元気がなかった感じ・・・。
                 ショットの”成功率”も一番いい人で70%代だったのかな。
                 近江谷さんだったかどうか記憶が飛びかけているんだけど、成功率50%を割ってた。
                 いくら日本がデフレだとは言え、50%オフは安売りしすぎちゃったなぁ・・・。

                 なんか、勝った試合のイイ雰囲気ではなく、昨日のドイツ戦とか、悪いイメージを引きずっちゃったのかもしれません。

                【 笑顔を見たい 】

                 各エンドの裏表があることや、一投ごとにプレーが止まるスタイルは、小生が大好きな野球と似ています。
                 一投ごとの駆け引きも、投手がコースや球速、球種を投げ分けて打者と駆け引きする様子とどことなく共通点があるように思えます。

                 で、野球やカーリングは、筋肉や体格だけに左右されるんじゃなく、精密さ、緻密さが試合を左右すると思うんですね。
                 だから、デカくて筋肉モリモリの外国人を相手にしても、日本人のきめ細やかさで対抗できるんじゃないかなぁ。(野球で『WBC連覇』を果たしたように)
                 カーリングの練習環境とか、資金的なこととかを一層充実させたら、世界のトップの夢じゃない気がします。

                 ということで、バンクーバーでの残り2試合も、”未来への礎”になるゲームなので、イイ試合をして欲しいですよ。
                 昨日も書いたけど、頑張ってる人に「ガンバレ!!」というのは気が引けますが、とにかく気持ちを切り替えて、元気出して戦ってほしいです。
                 「カーリング娘」さんの、笑顔を見たいしねぇ。

                【 余談・・・ 】

                 小生、14型アナログテレビでチマチマと観戦しているのですが、画面左上に表示されるスコアの文字が小さくて、もはやこれは”老眼殺し”であります。
                 得点は見えないし、第何エンドかも識別不明です。
                 放送する側が大画面テレビを前提に中継し、14型アナログテレビの視聴者は斬り捨てられているような被害妄想・・・。
                 こうやって、老眼視聴者を虐めて、デジタルテレビへの切り替えを進める気かぁ・・・。
                 
                 アナログ放送が終わっても、当分の間はデジタルチューナーだけを買って凌ごうと思ってるんだけど、ゴマ粒のような得点表示でジワジワと圧力をかけられると、気持ちが萎えちゃいそうです。
                 鳩山首相のお母さんにお願いして1500万円・・・じゃなくて、二桁減らしてほんの15万円ほど我が家に”献金”してくれれば、大型テレビを買えるんだけどなぁ・・・なんちゃって、ひたすら愚痴、愚痴・・・。

                ブログランキング・にほん	ブログ村へ


                ゴールドライン|カーリング★ペーパーウェイト


                 【Wiiソフト】 マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック

                ***日本ユニセフ協会によるハイチ向けの義援金受け付け***

                 ■郵便振替で口座名義は「財団法人日本ユニセフ協会」
                 口座番号は「00190−5−31000」。
                 通信欄に「ハイチ」と明記すれば手数料は免除されます。

                ■ジャパンネット銀行からは、支店001 普通口座
                  口座番号「0704317」
                  振込先名「株式会社ジャパンネット銀行 ハイチ地震災害義援金口」
                 ジャパンネット銀行の口座から上記受付口座への振込手数料は無料です。



                「カーリング」ドイツに惜敗し3勝3敗〜 恐るべしシェップ選手!!

                0
                  バンクーバー冬季五輪:カーリング女子(2月22日)
                  日本 6−7 ドイツ

                   カーリングのTV観戦は2試合目になりますが、滅茶苦茶面白いですねぇ。
                  障害者スポーツ応援クリック募金

                  【 最後の一投 】

                   最終エンド、3点ビハインドの場面で、目黒さんの最後の一投次第で3点入って同点という痺れる展開。
                   小生が大好きな野球で言えば、9回2アウト満塁、2ストライク3ボールって感じかな。

                   目黒さんがストーンを放って・・・ドキッ、ドキッ・・・・ストーンが進んでいく・・・ドキッ、ドキッ・・・・ 前方のストーンの間を縫ってハウスの中の石に当たったぞぉ・・・ドキッ、ドキッ・・・う〜〜2点止まりかぁ。残念、無念〜〜〜!!!
                   しかし、最後のストーンが止まるまでドキドキの展開で、試合終了まで目を離せませんでしたよ。(終わってもまだ、ドキドキが残ってた・・・中高年には心臓にこたえます〜〜)

                   解説の人は先読みして、ここで1点取らして、9エンドでどうのこうのして、10エンドで2点取ったら勝つとかどうとか、「読み」というか「皮算用」をするから、試合中盤で3点負けていても、最後は勝つような気になっていたんだけどなぁ・・・。

                  【 筋骨隆々! ドイツ選手 】

                   ドイツの選手って、もう筋骨隆々でスゴイのなんのって。
                   いわゆる「カーリング娘」たち(近江谷杏菜さん、本橋麻里さん、石崎琴美さん、目黒萌絵さん)は、腕っぷしでは絶対にドイツ代表にはかなわないわ。
                   氷上の石を滑らせる競技だから良い勝負できるけど、ストーンを遠くに投げた方が勝ちとかだったら、一生勝てそうにない。

                   スキップのシェップ選手は、俳優のドルフ・ラングレン、あるいはK−1のセーム・シュルト選手並みに迫力ある容姿で、男の小生が喧嘩を仕掛けても一発KOされそう。(女性に対して些か失礼だとは思うけど)
                   一部では、あのサッカー元ドイツ代表キーパーのオリバー・カーンにそっくりだという失礼な声も流れてる。

                   カーリング独得の「ギャー」「ウォー」というかけ声も凄まじく、ティラノサウルスでも逃げていきそうな咆哮であります。
                   名前を忘れたけど、ドイツチームには44歳のベテランもいるし、規格外のチームです。

                   で、このド迫力のシェップ選手が第9エンドの8投目で上手く2点を奪ったのが日本にとっては痛かった。(結果的に、駄目押しのツーランホームランみたいな・・・)
                   ゴツゴツした外見とは裏腹に、細やかなコントロールで決められちゃった・・・。

                  【 応援したくなる 】

                   カーリング娘って、清潔感があって好感度満点ですよねぇ。(べつに鼻の下を伸ばしているわけではない)
                   実際の彼女たちのことは当然知らないのですが、まじめで清潔そうでしょ。
                   目黒さんなんて、絶対に悪いことしそうじゃないもの。(男に睡眠薬飲ませたり、練炭燃やしたりしそうにない)
                   絶世の美女ではない、適度に美しいのが良い感じです。
                   応援したくなるんです。

                   競技自体も、囲碁チェスのような駆け引きも面白いし、ゴルフのグリーン上での戦いみたいな趣もあるし、エンドで攻守交代しながら試合が進むのは野球みたいでキリがいいし、とにかく面白い。

                   小生の子供時代には、札幌オリンピック(1972年)での”アイスホッケー”が人気を博して、小学校の廊下で黒板消しとホウキを使って”アイスホッケー”をして遊んでいましたが、うちの子に聞くと早速”カーリング”遊びをしているらしいです。

                   そういう下らない話はどうでもイイのですが、10チーム総当たりだと言うことなので、まだまだ楽しめそうです。
                   頑張ってる人に「ガンバレ!!」というのは気が引けますが、とにかく応援を続けますよ。

                  ブログランキング・にほん	ブログ村へ


                  『NDS』日本カーリング協会公認 みんなのDSカーリング


                  【これでさらにカーリングが楽しく身近に!】テーブルカーリングゲーム


                  マリオ&ソニックATバンクーバーオリンピック



                  ***日本ユニセフ協会によるハイチ向けの義援金受け付け***

                   ■郵便振替で口座名義は「財団法人日本ユニセフ協会」
                   口座番号は「00190−5−31000」。
                   通信欄に「ハイチ」と明記すれば手数料は免除されます。

                  ■ジャパンネット銀行からは、支店001 普通口座
                    口座番号「0704317」
                    振込先名「株式会社ジャパンネット銀行 ハイチ地震災害義援金口」
                   ジャパンネット銀行の口座から上記受付口座への振込手数料は無料です。


                  高橋大輔、銅メダルだ! 織田、小塚もよく頑張った〜五輪フィギュア

                  0
                    バンクーバー冬季五輪:男子フィギュア(2月19日)

                     高橋大輔が待望の表彰台!!
                    障害者スポーツ応援クリック募金

                    【 銅、7位入賞、8位入賞 】

                     高橋大輔は、”4回転ジャンプ”に失敗して、どうなることかと思ったけれど、その後の演技を見事にまとめて銅メダル。

                     織田信成は、”4回転ジャンプ”を回避して安全飛行でまとめにかかったが、途中でスケートシューズの紐が切れて演技中断のアクシデントが起きて7位。

                     小塚崇彦は、大会では自身初となる”4回転ジャンプ”を成功させたが、トリプルアクセルで惜しくも転倒してしまい8位。

                     三人三様の”4回転ジャンプ”だったことも面白かったなぁ。

                     それにしても、日本代表は3人とも、ジャンプ失敗、手つき、演技中断などがあったにもかかわらず、集中力が途切れることなくフィニッシュしてくれて、誇らしく、清々しい!!!
                     一片の悔いも無いとは言えないかもしれないけれど、大きな達成感を得ることができたんじゃないかなぁ。

                     3人とも、人を感動させる力、観客を味方にする力を持っていて、素晴らしい!!!

                    【 高橋大輔の表現力 】

                     金メダルのライサチェク選手(米)や、銀メダルのプルシェンコ(露)は、抜群のスタイルの持ち主で、手足が細長く地球人離れしてる。
                     彼らの回転は指先まで美しく、容姿・体型だけで絶対に何点か得してると思うわ。

                     だけど、ステップなどで魅せる高橋大輔の表現力は、容姿・体型のハンデを埋め合わすだけのモノがありますねぇ。
                     お見事です。

                    【 小塚崇彦に感動 】

                     3人の中では一番最初に滑った小塚の真摯な演技を見ていると、ふいに熱いモノがこみ上げてきて、なぜかウルウル・・・。
                     演技終了と同時にテレビの前で思わず拍手しちゃいました。
                     採点を待つ小塚の姿を見ていても、人柄の良さが伝わってきますし、”にわかファン”になってしまいました。

                    【 美しさと強さと激しさ 】

                     午前中からの長い競技を見終わって、男子フィギュアという競技の爽やかで凛とした雰囲気に惚れ惚れ・・・。
                     各選手個々の美しさと強さや、高みを目指して競い合う戦いの激しさとか、これぞスポーツの魅力。
                     男子フィギュアには、ナヨナヨしたイメージを持っていたんだけど、選手たちの研ぎ澄まされた演技を見てたら、剣道とか日本の武道に近い精神的な美しさを感じました。
                     (きらびやかな衣装や個性的な衣装に身を包んでいても、チャラチャラした感じがしないし・・・・)
                     やはりスポーツは、こうでなくっちゃ。

                    【 カーリング 】

                     男子フィギュアが始まる前は、カーリングを見ていました。(朝から14時過ぎまでオリンピック漬け)
                     この競技を、ほぼ最初から最後まで通して見るのは初めてだけど、防御と攻撃の駆け引きが面白いですねぇ。
                     ちょっぴり囲碁みたいな雰囲気も。

                     試合は、日本が中国に負けちゃって残念無念・・・。
                     ほんの小さなミスが、大きく試合を左右するんですねぇ。

                     で、中国に、王氷玉という名前の選手がいてビックリ。
                     だって、「王」「氷」「玉」なんて、カーリングそのものの名前だと思いません?
                     芸名かあ?

                    ブログランキング・にほん	ブログ村へ


                    マリオ&ソニックATバンクーバーオリンピック




                    国母批判は全体主義的だと江川紹子氏 TBS系「サンデーモーニング」の中で

                    0
                       スノーボード・ハーフパイプ(HP)男子代表の国母和宏選手が、日本選手団公式スーツを“腰パン、シャツ出し、ボタン開け” と着崩してバンクーバーへ渡航したことが問題化。
                      さらに「反省してま〜す」と気のない謝罪の言葉を述べたことで、顰蹙を買い帰国を求める声まで起きたことについて・・・。
                       「国母のだらしない服装や態度」という小さな事象に比べて、少々騒ぎが大きくなりすぎてるけど、これがオリンピックというイベントの重さなのでしょうね。
                       また、”腰パン・シャツ出し”を当たり前に受け入れることの出来る世代と、あれを許せない世代の文化摩擦でもあるし・・・。(小生は、シャツが出ていたら恥ずかしかった世代です)
                      募金サイト イーココロ!

                      【 江川紹子氏が 】

                       TBS系「サンデーモーニング(2月14日)」の中で大沢親分と張本勲氏のスポーツコーナーで、「国母問題」が話題に・・・。
                       張本氏が”喝”を入れるだろうと思ってみていたら、案の定”腰パン”に厳しい言葉を連発。

                       で、コメンテーターの江川紹子氏が、国母批判が高まり強制帰国を求める声も上がる社会状況に「なんだか全体主義みたいで・・・」とやんわり問題提起。

                       ”腰パン”ごときで、ヒステリックに国母批判が巻き起こる社会への批判なのでしょう。
                       小生も、メディアスクラムみたいなことは慎むべきだと思うし、全体主義、封建主義には賛同しませんが・・・・。

                      【 見過ごしていいとは思いません 】

                       ただし、全体主義、封建主義的風潮が間違いだからと言って、国母選手に注意を促さずに見過ごしていいとは思いません。
                       日の丸を背負った日本代表の国母が”日本選手団公式スーツ”を“腰パン、シャツ出し、ボタン開け”にして、公の場に現れ、挙げ句の果てに舌打ちしながら「反省してま〜す」という、いかにも反省の無さげな言葉を口にする態度は批判を受けて当然だと考えます。

                       21歳の成人として、TPOをわきまえたフォーマルとカジュアルの使い分けを知らないのは具合が悪いし、さらに国母の場合は”日本代表”という肩書きを背負ってると言うことを自覚しなきゃね・・・。(国母選手は今、個人、私人ではなく、オリンピック日本代表であります)
                       また、スポーツマンならオリンピックという大会への敬意も払うべし。


                      【 礼儀・礼節をスルー 】

                       国母選手と教育問題について・・・。
                       『教育勅語』が戦時体制下で軍国主義教育のスローガンとして利用された歴史への反省・反感・反発などから、戦後の教育現場では、一貫して『道徳教育』を鬼子扱いする勢力がいて、先鋭的な教職員組合の一部では、『道徳教育』という言葉自体が悪者扱いされていました。(完了形ではなく、進行形で表すべきか)
                       だから、子供に注意すべきコトも注意しないで放任する風潮が”民主的”だと思ってる教育者がいます。
                       授業が始まる時の「起立、礼、着席」という挨拶も、小生の子供が通う小学校では当番の児童が「今から○時間目の授業を始めます」と言い換えられています。
                       たまたま教育現場をよく知る立場にあった小生の目には、教師に対する上下関係として児童が「起立、礼」することを封建的だと捉える考え方が背景にあるように見えます。

                       教育が、こういうロジックで「礼儀・礼節」をスルーしてきたから、国母選手は自分がわきまえるべき分別を学習することなく、無邪気に”日本選手団公式スーツ”を“腰パン、シャツ出し、ボタン開け”で現れちゃったんだと思います。

                      【 橋本聖子、笠谷幸生 】

                       さて、現実問題として国母選手の行動・態度が原因で、本人だけが責められるのではなく、日本選手団の”橋本聖子”団長が頭を下げる羽目になったり、母校の東海大学が「遺憾の意」を表明することになったり、日本選手団の”笠谷幸生”副団長から自身の辞任に言及したりと、周りの大人に迷惑をかけてしまいました。

                       ”笠谷幸生”氏と言えば、札幌オリンピック金メダルを獲得、銀メダルの金野選手、銅メダルの青地選手と3人で表彰台に立ち、『日の丸飛行隊』と讃えられた小生の子供時代のヒーローですよ。
                       ”橋本聖子”氏も合計7回のオリンピック出場を誇る、言わずもがなのスポーツ界の偉人の一人・・・。

                       こんな凄い人たちに頭を下げさせたことを国母選手は心に刻まなきゃいけません。

                       しかしながら、国母選手を伴って会見した橋本聖子団長は深々と頭を下げたのに、国母は頭をコクッと動かして謝罪・・・・。
                       「反省してま〜す」の時もそうだけど、この子は、基本的なマナー、心得、エチケットを知らないんですね。

                       服装などに自分流の”こだわり”を持つそうですが、社会の基本を知ることのない者の”こだわり”なんて、たいしたことありません。
                       あくまで小生の感性、好みの問題かもしれませんが、国母選手の人柄には魅力を感じません。

                      【 子育ての難しさを痛感 】

                       国母のお父上・芳計さんは「確かにウチの息子が悪い。あのような写真を撮られてしまったのはしょうがない。普段はまじめにやってますと言っても、どうにもならない。言い訳するつもりはありません」とコメント・・・。
                       お父上と小生はほぼ同年齢だし、何だかんだ偉そうなことを言ってる小生も、高1を先頭に3人の子どもを持つ身なので、「国母問題」はある意味人ごとではありません。
                       父親のはしくれとして子育ての難しさを痛感させられます。

                       できれば、我が子には、多くの人から反感を買わない程度の分別や礼儀を身につけて欲しいと思っちゃいます。
                      浅田真央ちゃんや高木美帆ちゃんとかは、何だか分からないけど応援したくなる人柄・雰囲気を持ってますでしょ。
                       ああいう言葉では表現しきれない何かを、多少なりとも我が子が持ってくれたら、こんなに嬉しいことはありませんよ。


                       というわけで、”国母的服装”のような、人々の個性による多様な嗜好や思想を認めない”全体主義的”風潮は良くないのだけど、個人の嗜好と公共におけるミニマムな礼儀・礼節を、棲み分ける分別は持っていて然るべきだと思います。

                       とりあえず「国母問題」はこのくらいにして、純粋にバンクーバーオリンピックを楽しみましょうかねぇ。
                       
                      ブログランキング・にほん	ブログ村へ


                      【PS3】 薄型プレイステーション3本体(250GB)(チャコール・ブラック) CECH-2000B 2010年2月...


                       【Wiiソフト】 マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック









                      << | 2/6PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>

                      プロフィ-ル

                      profilephoto
                      スポンサード リンク

                      最近の記事

                      過去記事(プルダウン)

                      ショップ

                      新ドラマQ

                      Rakuten

                      スポンサード リンク


                      カテゴリー

                      一日一善!!

                      忍者アド


                      楽天

                      recent trackback

                      リンク

                      search this site.

                      others

                      レバレッジ

                      PR

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

                      Rakuten