「心の病気」労災認定は07年度268人…こんな数字は氷山の一角

0
     うつ病持ちの小生が、心療内科の賑わいぶりから考えると、07年度の「心の病気」の労災認定268人という数字はいささか少なく感じます。
    社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
    「心の病気」労災認定は3割増、07年度268人 職場でのストレスなどが原因で「心の病気」となったとして、2007年度に労災認定を受けた人は前年度比3割増の268人で、過去最多となったことが23日、厚生労働省の調べでわかった。 このうち、未遂を含む自殺(過労自殺)も15人増の81人で最多となり、03年度の2倍超に急増している。(略) 心の病気を理由とした労災の申請者数も、前年度より133人多い952人と過去最高を更新した。
     「うつ病」持ちの小生も職場ストレスを経験したけど、いわゆる労災申請はしていません。
     この病気のせいで療養がちで職場に迷惑かけているので、労災申請して職場と敵対関係になることに引け目を感じてしまうのです。
     それに、初めて心療内科の門をくぐった時には自分自身の頭の中が極度に混乱していて労災申請なんか思い浮かばなかった。
     とにかく、最悪のうつ状態から元に戻りたい一心だったので、病気の引き金を引いた原因を追究する余裕のカケラもなかった。
    −◆−
     で、最初にうつ状態と診断されたのが阪神淡路大震災の年で、その後職場復帰したモノの再発して未だに病気を引きずっています。
     職場ストレスは確実に原因の一つだとは思うのですが、今更労災申請しても10年以上も前からつづく諸々のことをいちいち立証することなんて無理。
     それにもともと自分が持っている気質というか精神構造のせいかもしれないと思うと、職場に責任を求めるのが正しいことかどうかよく分からない。
     また、こんな病気で労災申請したら仲間からどんな風に思われるか考えずにいられない・・・・できればおおっぴらに病名を知られたくない気持ちも強い。
    −◆−
     心の病に苦しむ多くの人も小生と同じことを考えて労災申請せずに済ませているような気がします。
     だから労災認定268人という数字は、現実に職場ストレスにより発症した人のほんの一握りでしかないのだと思います。
    −◆−
     とにかく、自殺者が毎年3万人を超える社会はよろしくない。
     元気で穏やかで温かい社会を構築しないと・・・・。


    ブログランキング・にほん	ブログ村へ


    【DS】続けられない大人のための メタボ脱出トレーニング 5月29日発売日以降お渡し分

    【DS】特定!メタボ塾 NTR-P-YMHJ 5月29日発売予定 予約







    JUGEMテーマ:うつ病

    体内のリズム機能を失ったマウスと、うつ病の人の休息パターンが同じ!?

    0
       うつ病持ちの小生は、ねずみ年生まれなのでマウスと「行動そっくり」!?
      人とマウス「行動そっくり」 種を超えた基本法則?2008.4.30 09:43 マウスと人間の行動は動きの速さを別にすれば、休息の取り方などのパターンが全く同じであることを大阪バイオサイエンス研究所(大阪府吹田市)や東京大などの研究チームが突き止め、30日付の米科学誌プロスワンに論文を発表した。 チームは、体内のリズムを生む遺伝子の機能を失ったマウスと、うつ病の人の休息パターンが同じことも発見。生物の行動の背後に種を超えた基本法則が存在する可能性を示すとともに、うつ病の原因究明にもつながる成果として注目される。(略)活動時間や休息時間について分析すると、パターンは全く同じで、人の動きを百倍の速さで早回しすればマウスと同じになることが分かった。
       ネズミの時間とか象の時間という話は聞いたことがあるけど、体内のリズム機能を失ったマウスと、うつ病の人の休息パターンが同じって話は始めて聞いた!!
       小生がうつ状態なのは体内のリズムを生む遺伝子の機能に問題があるの?
       だから自律神経が上手く働かずに体調が不安定になるのかなぁ・・・・。
       なんだかうなずける気がしてきた・・・・。
      −◆−
       『うつ病の原因究明にもつながる成果』だったら嬉しいな。
       なにか化学的・生物学的な原因ならば自分を卑下することもないしね。
       うつ病が、性格のせいとか、心が弱いせいだと切ないもの・・・。

      ブログランキング・にほん	ブログ村へ


      【DS】続けられない大人のための メタボ脱出トレーニング 5月29日発売予定 予約











      JUGEMテーマ:うつ病



      後頭部に注射した…大後頭神経

      0
         うつ病持ちの小生は、変形性頸椎症、変形性腰・胸椎症ともお付き合いしていて、要するに背骨から首にかけて具合が悪い。
         このところ首から耳の奥あたりが痛んで仕方ない。
         頭痛なのか歯が痛いのかモヤモヤしてよく分からない。
         頭痛薬を呑んでも治まらない。
         整形外科の先生に症状を告げると、「ここが痛いですか」と言いながら首から後頭部にかけて触診してくれたので、「そこが痛いです」と何箇所か答えたら、痛み止めの注射を打つことになった。
        −◆−
         で、後頭部というか首の上の方と肩や肩胛骨まわりに注射されながら「大丈夫ですか?」との問いかけ健気にもに「平気です」とやせ我慢して返答する小生。
         本当は注射が大嫌いで、頭の後ろに注射されるなんてこと全然平気ではない!
         体はこわばり小さく震えているのですが、医師に覚られると恥ずかしいし、50歳が近づいた中年オヤジが「注射怖い!」と言って騒ぐわけにもいかない。
        −◆−
         注射が終わると医師は誇らしげに「大後頭神経に注射ました、気持ちよくなりましたか」と・・・。
         本当は、そんなに劇的に痛みが引いたわけではないけど「よく効きました」と相づちを打つ小生って・・・。
         我ながら気が弱い人間だとしみじみ思う。(トホホ〜〜)
        −◆−
         後頭部への注射の話を小学校2年生の娘に話し「頭に注射して頭がよくなった」と話したら、どうやら真に受けた様子で、クイズ番組で正解を答えたら「頭に注射うったからや!」と妙に感心している。
        −◆−
         この2週間の間に、抜歯した奥歯1本が入れ歯になり、老眼が進んで遂に遠近両用メガネを購入することになり一気に年をとった感じ。
         入れ歯を「パーシャルデントなどで洗って」と歯医者さんに言われたときには、なんだか老人になった気分でショッキング〜〜〜!
         頭に注射を打っても、若返ることはないのであります。

        ブログランキング・にほん	ブログ村へ


        【DS】続けられない大人のための メタボ脱出トレーニング 5月29日発売予定 予約











        JUGEMテーマ:日記・一般



        51歳巡査部長「うつ病で調子が悪い。死にます」と拳銃自殺…痛ましい。

        0
           小生と同じうつ病の方が拳銃自殺・・・・。
           複雑な思いで言葉がありません。
          (読売新聞) - Yahoo!ニュース
          横浜・加賀町署で51歳巡査部長、病気苦に拳銃自殺4月24日15時8分配信 読売新聞 (略)神奈川県警加賀町署(横浜市中区山下町)の3階更衣室で、同署刑事課の三浦次宏巡査部長(51)が頭から血を流して倒れているのを同署の男性巡査長(25)が発見(略)三浦巡査部長のズボンのポケットから、「うつ病で調子が悪い。死にます」と家族に向けて書かれた遺書が見つかり、県警は拳銃自殺を図ったとみて調べている。(略)三浦巡査部長は(略)05年からうつ病などの治療を受けており、昨年11月にそう病で入院。今年1月に退院後も書類整理などの内勤業務に従事していたが、この日午前、5か月ぶりに拳銃を渡され、パトロールしていた。 同署の神野富雄副署長は、「変わった様子が全くなく、拳銃を持たせられると判断した。拳銃の使用目的を逸脱した行為については誠に遺憾で、再発防止に努める」と話している。
           人ごとではないから悲しい気分になります。
           「拳銃の使用目的を逸脱した行為については誠に遺憾」というコメントが冷たい。
           人の命が失われたことより、警察官が警察署内で警察の拳銃で自殺した不祥事に対する組織防衛の意識が強いように感じる。
           亡くなった人を悼む気持ちが記事からは読みとれません。
          −◆−
           亡くなった方は51歳で巡査部長。
           小生と年齢も近く、自分と重ねて考えてしまいます。
           周囲の人に迷惑をかける”硫化水素”に手を出さなくても手元に拳銃があった巡査部長。
           入院までするほどの病状で、今年1月に退院したての巡査部長に拳銃を持たせたのは間違いだったかもしれない。
           現場復帰自体が早すぎたのではないか・・・。
           もっとゆっくり療養すべきだったのだと思います。
          −◆−
           拳銃自殺以外にも、夫がうつ病で仕事を辞めて家計が苦しくなった家族の様子をあるテレビ番組が伝えていました。
           巡査部長はゆっくり休むべきだったけど、上記のように職を失うと家族に迷惑をかけることになる・・・巡査部長は人生の選択肢が限られた状況に追い込まれていたのでしょう。
           痛ましい限りです。


          ブログランキング・にほん	ブログ村へにほんブログ村 ニュースブログへ
          JUGEMテーマ:うつ病

          東芝元社員解雇無効の判決…「激務でうつ病」認定に思うこと

          0
             小生もうつ病との付き合いが長く、この裁判は人ごとではありません。
            (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
            <東芝訴訟>「激務でうつ病」認め解雇無効 東京地裁判決4月22日20時21分配信 毎日新聞 東芝深谷工場(埼玉県深谷市)で勤務していた元社員の重光由美さん(41)が、激務でうつ病になったのに解雇されたのは不当として、東芝に解雇の無効確認などを求めた訴訟で、東京地裁(鈴木拓児裁判官)は22日、解雇を無効とした上で未払い賃金や慰謝料など約2800万円の支払いを命じた。東芝は即日控訴した。 判決などによると、重光さんは、01年4月にうつ病と診断され、同9月から療養したが、会社側は04年9月に休職期間が満了したとして解雇した。 月平均90時間を超えた時間外労働や切迫したスケジュールが肉体的・精神的な負担を与え、うつ病を発症させたと判決は認定した。 (略)
             小生が「うつ病」になったのは自分自身の弱い体質や性格の影響を否定することは出来ないし、職場が原因だと断定出来る自信もない。
            また、職場を訴えることで自分で自分の値打ちを落とすような気がして引用記事のように職場を訴えるという発想に至らないのですが、原告の方は余程会社と行き違いがあって話がこじれたのでしょうね。
             この裁判は逸失利益を取り戻す裁判というより、自分の”誇り”を取り戻すための裁判なのだと感じますが、争いはストレスをため込むことになるし、立場の違う人間から白い目で見られることもあるだろうから凄いエネルギーが要ると思います。
            −◆−
             小生がまだ30代で、夜中まで滅私奉公してサービス残業を続けていたころに阪神淡路大震災に見舞われました。 
             震災のせいで必死で積み上げていた仕事がパーになったり、倒壊した家屋を縫うようにして30キロ近い通勤経路を原付で行き来する日々が続きました。
             ようやく電車が復旧するなどして少し落ち着いた頃から「抑鬱状態」に陥り、職場の10階から外を見つめていると”飛び降りる自分”の姿を頭に描いたりするようになっていました。
            −◆−
             震災で初めて死が人ごとではないことを実感してから自分の中の何かが変化したような気がします。
             倒れたビルや、鳴り続ける緊急車両のサイレンなど非日常的な状況下で余震に怯えながら、震災復興の名の下に更なる激務に臨むことになったのですが、子供たちを保育所に預けながら神戸の中心で夜遅くまで働くことが怖くなってしまいました。
             それまでは38度以上の熱を出して反吐を吐きながらでも職場に張り付いていたし、夜中まで一人残って残業して所属部署の部屋の鍵を閉めて帰宅していたというのに、残業が怖くて早く家に帰りたくなってしまったのです。
            −◆−
             その後は、病気のせいもあって比較的楽な職場に転勤出来たのですが、昔のようにバリバリ仕事が出来ません。
             つまらない職場のいざこざを見たり、クレーマーに対応するぐらいでストレスが積み重なるようになり、今では沈没している有様。
             投薬治療で症状は押さえることが出来ても、元気いっぱいだった頃の自分には戻らないことが悔しい!!
             ”うつ病”にかかってからも人一倍仕事の質にはこだわって献身的に従事してきたつもりだったけど、だんだんダメになっていく自分。
             積み重ねたキャリアは「うつ病」に食い尽くされて何も報われることなく人生の晩年へとまっしぐら・・・。
             ”うつ病”になるまで、休日出勤や長時間労働しながらも超勤手当が月20時間程度しか付かないことを当然のように思って”誇り”を持って働いていた「職場への忠誠心」も自己満足で終わってしまった。
            −◆−
             この裁判のケースのように”うつ病”で会社側から退職に追い込まれるケースもあるだろうし、自らギブアップして仕事を続けられなくなるケースも少なくないと思います。
             沈没している小生もお先真っ暗で将来への不安でいっぱい。
             制度的に”うつ病”を救うセーフティネットなんて現実には考えられないので、天から救いの手を差し伸べる”天使”でも降りてきてくれないかと甘いことを考える駄目オヤジであります。

            ブログランキング・にほん	ブログ村へ


            【DS】続けられない大人のための メタボ脱出トレーニング 5月29日発売予定 予約










            JUGEMテーマ:うつ病



            うつ病患者の4人に1人が治療を中断してしまう・・・。

            0
               小生もうつ病との付き合いが長くなって心身共に重い日々が数年続いています。
              介護情報CBニュース-
              うつ病治療、4人に1人が中断  うつ病や関連の疾患で受診した経験がある人のうち、症状が治まっていないにもかかわらず、治療を中断するケースが少なくないことが、ファイザーの調査で分かった。精神医療の専門家は「患者が疾患を理解し、安心して治療に専念できる環境を創出できるよう、医師側の意識をさらに高めていく必要がある」と指摘している。(略)調査結果について、鳥取大医学部の中込和幸教授(精神行動医学)は「せっかく受診したのに、治療や通院を中断してしまうという、うつ病医療に関する課題が示された」と指摘。「患者が最初に受診する可能性が高い、かかりつけ医による病気についての詳細な説明や診断、薬剤の正しい服用方法の指導などが患者の満足度を高める。かかりつけ医と専門医の連携が重要」と話している。
               小生も阪神淡路大震災の年に最初に”抑鬱状態”と診断を受けたけど、その後モヤモヤしながらも最悪期を超えて小康状態になったので医者通いを中止。
               その後も調子が悪くなる度に医者を渡り歩きながら医師に不信感を持ったりして通院をやめること数回。
              −◆−
               医師が「あなたの性格のせい」みたいなことを口にされて医師への信頼感が吹っ飛び、よその病院に通うことになった経験もあります。
               この病気が性格のせいだったら、今更性格が変わるはずもなく救いがないもの・・・。
              −◆−
               メンタルクリニックの医師はカウンセリングしてくれるでもなく、こちらから体調を説明して処方箋貰うだけだからイマイチ治療されている実感を持てないことも治療中断につながる原因じゃないかな。
               物腰が柔らかい聞き上手な医師だと話を聞いて貰うだけでも多少は治療になるけど、なんだか冷たい感じの医師だと余計に落ち込む気がする時がありました。
              −◆−
               うつ病への社会的認知度が高くなったとはいえ、メンタルクリニックに通院していることは恥ずかしい気持ちがあります。
               そもそも気持ちがネガティブだから、通院するエネルギーもなくなる時がある。
               だから積極的に通院を続ける気にはなりにくい。
              −◆−
               結局、4年ぐらい前からまたもや調子が悪くなって現在まで途切れることなく通院を続けています。 投薬を切らすと不眠や感情障害が激しくなるから怖くて通院をやめられないのですが、2週に一度の通院で診察代と薬代が1回当たり4千円ぐらいするので懐に堪えます。
              −◆−
               現在も最悪ではないけど、低空飛行が続き元気が出ない。
               毎日、体のどこかが痛い。
               靱帯はすじ肉のようになり、クビの可動域が狭まって左右に回らないし前後に倒すのも辛い。
               ちょっとしたことでも億劫で、なかなか手をつけることが出来ず”先送り”しがち。
               目眩で歩くのも不自由な時さえある。
               中年も終わりにさしかかりながら、将来への不安でいっぱい。
               小生は当分治療をやめられそうにありません。

              ブログランキング・にほん	ブログ村へ










              JUGEMテーマ:うつ病

              長野県を訪問中の雅子さま、疲労で国体観戦を取りやめ

              0
                 長野県を訪問中の雅子さまにお疲れが出た様子だけど、ご無理されないといいのですが・・・。NIKKEI NET(日経ネット)
                雅子さま、疲労で観戦を取りやめ・国体冬季大会 長野県を訪問中の皇太子さまは26日午後、長野市内で国民体育大会冬季大会の女子フィギュアスケート競技を観戦された。雅子さまも同行する予定だったが、疲労のため取りやめられた。 宮内庁東宮職によると、雅子さまは午前中の開会式に出席後、疲れが出たため、医師の判断も踏まえて観戦を取りやめ、宿舎で待機された。ご夫妻は同日夕、JR長野駅で見送りの市民に笑顔で手を振り、新幹線で帰京された。(00:07)
                 体調を崩されて随分長くなりますが、快癒されずお気の毒です。
                −◆−
                 小生ごとき平凡な人生を歩んでいても「うつ状態」で、精神的にも肉体的にも沈没するのだから、皇室に嫁がれ、お世継ぎ問題などでプレッシャーを受けた雅子さまのお病気がなかなか完治しないことは理解できます。
                 小生もこの病気と長いつき合いになるのですが、いつまでたっても元に戻らない自分に失望しています。
                 外務省では昼夜を問わず激務をこなされていた雅子さまが、国体の開会式出席ごときでお疲れが出ることに「こんなはずではないのに・・・」と思うに任せぬ今の体調にさぞや悔しい思いをされていることでしょう。
                 このツライ病気を心から憎むと共に、雅子さまの心の安寧を願うことしかできません。

                ブログランキング・にほん	ブログ村へ


                約3分間頭をのせるだけ。カイロフプラクターの微妙な手の形をリアルに再現!ね手み手いやし手【...







                JUGEMテーマ:健康

                西村議員長男転落死…強いうつ状態

                0
                   強いうつ状態と診断されていた西村真悟衆院議員のご長男の死は、うつ状態で沈没している小生に複雑な思いを抱かせます。
                  asahi.com:- 社会
                  「止められずに深い自責の念」 長男転落死で西村議員2008年01月10日02時54分 西村真悟衆院議員(59)は9日、東京都港区の衆議院赤坂議員宿舎で長男(26)が転落死したことについて、自筆の談話を発表した。「私どもは、この突然の悲しみの中で、なぜ長男(談話内では実名)の転落を止められなかったのかと深く自責の念にかられながら、今、長男はウツの苦しみから解放され、神に召されたのだと慰め合っています」と心情を記している。(略)長男は昨年末から、うつ状態になっていた。8日には大学病院の精神科を受診し、強いうつ状態と診断され、入院を検討。9日も病院に行く予定だった。(略)
                   慶応病院で入院を進められた折りに空きベッドが無く一旦議員宿舎へ帰宅していたそうで、即入院出来ていれば死に至らずとも済んだのかも知れません。
                  −◆−
                   国会議員の息子という立場が強いうつ状態を招いたのか、弁護士である父に倣って司法試験を受検しながらも2度の失敗で追いつめられていたのか、色々な要素が絡まり合ってうつ状態に追いつめられたのでしょう。
                   「うつ状態」で生きていることはツライ・・・死にたくなる。
                   小生もこの世とおさらばして「千の風」になりたいけど、死ぬ度胸がないし自殺は良くない!
                   現に西村議員は「悲しみ」と「自責の念」にかられておられる・・・。
                   父親に「自責の念」を抱かせたことは、ご長男が自殺を選択したことが間違っている証左です。
                  −◆−
                   西村議員はご長男の魂を慰め、家族の悲しみを癒すために「長男はウツの苦しみから解放され、神に召された」とコメントしていますが、この言葉は家族の中にとどめておくべきで、広くマスコミを通じて発表すべきではないと思いました。
                   うつの苦しみから解放されたい人間は小生を含めて山ほど存在するのですから、西村議員の言葉を受けて、「神に召されたい」と後に続く人間が出たらどうするのか・・・。
                   間違ったメッセージを発信したことにならないか・・・御遺族だからこそ、言葉を慎重に選んで欲しい。
                  −◆−
                   「うつ」はなかなか倒せない怪物です。
                   小生は人生を狂わせる「うつ」という病を憎く思います。

                   西村議員のご長男も「うつ」の犠牲者。
                   天然痘という病を征圧・抹殺したように、地球上から「うつ」が無くなればいいのに。
                   ご長男のご冥福をお祈りいたします。


                  ブログランキング・にほん	ブログ村へ
                  JUGEMテーマ:ニュース

                  「のだめカンタービレ」に癒されるも、うつ状態で沈没の大晦日

                  0
                     うつ状態で沈没している小生は、クリスマスや年末の雰囲気との落差・乖離が心に沁みて「ド・ツ・ボ」
                     世界中に小生の居場所が無い気がして「ツ・ラ・イ」
                    −◆−
                     唯一「のだめカンタービレ」再放送の集中放映で「のだめちゃん」のホンワカとした雰囲気に癒されました。
                     のだめを演じる上野樹里は天才だわ!
                     (でも、TBSの日曜劇場『冗談じゃない!』では彼女の魅力を活かせてなかったなぁ・・・。TBSは長澤まさみ、仲間 由紀恵を使っても転けちゃうような局だから仕方ないか)
                     そういえば、TBSで今放映している「K−1ダイナマイト」も間延びしていて時間が勿体ない・・・押切もえとボビーが喋っている場面見ても仕方ない(だから今パソコンの前に座っているのだけど・・・)。
                    −◆−
                     脱線しちゃった・・・。
                     で、今日の昼間にTSUTAYAで「のだめカンタービレ キャラクター・セレクション のだめ編」「のだめカンタービレ キャラクター・セレクション 千秋編」というCD2枚を借りてきて、最近13,800円で買った「ウォークマンEタイプ:4G」に転送。
                     大晦日は、この曲を聴きながらのだめちゃんのことでも思い出しながら年越しかな・・・。
                     それにしても、年々下り坂の人生はどこまで落下しつづけるのだろうか。(トホホ〜〜)

                    ブログランキング・にほん	ブログ村へ


                    【CD】のだめカンタービレ キャラクター・セレクション のだめ編/オムニバス(クラシック)


                    【CD】のだめカンタービレ キャラクター・セレクション 千秋編/オムニバス(クラシック)


                    JUGEMテーマ:健康

                    職場ストレス、5割が「増えた」…人を大切にせよ

                    0
                      うつ状態で沈没している小生は当事者たるニュースです。
                      (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
                      <職場ストレス>5割が「増えた」 物価上昇も一因?11月14日13時12分配信 毎日新聞(略)連合総合生活開発研究所の労働者へのアンケート調査で、労働者の約5割が1年前に比べてストレスが増えていると感じていることが分かった。(略) 調査は関東、関西の大都市在住の20〜50代の労働者776人(有効回答率約86%)に実施。1年前に比べたストレスの増減の質問では約48%が「かなり」または「やや」増えたと回答。「変わらない」は約41%、「減った」は10%だった。(略) ストレス増大を感じる層は「働く人数がかなり不足している」「成果主義導入で差が拡大した」「週50時間以上働く」の順で多かった。ストレスが少なかったのは「人間関係が良い」「現状の労働時間で良い」と感じている層だった。(略)
                       OA化、IT化が進み楽になるはずなのに、20年前に比べると我が職場は随分しんどくなりました。
                       小生が歳をとって能力が落ちたせいかもしれないけど、人員削減が進んだのは間違いなくって、昔で言う「生かさず殺さず」状態を目指している感じ。
                       週あたり軽く70時間は働いていた時期が数年あったけど、時間的には長くない今の方が色々な意味で余裕がないのは何故?
                      −◆−


                       そんなこんなで「うつ状態」の小生。
                       今日はちょうど職場の「健康サポート専門員」との面談日でした。
                       「健康サポート専門員」といっても「医師」や「臨床心理士」ではなく管理職のOB・・・。
                       管理職に言えないようなことなど、なんでも相談に乗るということだけど、「管理職OB」の専門員さんはほとんど「管理職」と同じような気が〜〜〜。
                       (偶然にも、小生は面談を受けた専門員さんの元部下でもあります・・・嫌いな元・上司でなくてヨカッタ〜〜)
                       沈没している小生が偉そうなことも言える立場にはないけど、少々生々しすぎる「専門員」さんを配置する我が職場って・・・。
                       (「健康サポート」がかえってストレスになる同僚もいるに違いない〜〜〜)
                      −◆−


                       こんな具合で「うつ」などへの対策を進めようと言う機運は生まれつつあるようだけど、いささか理解不足の感が否めません。
                       ん〜〜〜〜。

                      ブログランキング・にほん	ブログ村へ

                      レミーのおいしいレストラン

                      体の芯から素早く暖め、快適環境もキープ♪【送料無料/冬の京...






                      JUGEMテーマ:健康



                      << | 2/9PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>

                      プロフィ-ル

                      profilephoto
                      スポンサード リンク

                      最近の記事

                      過去記事(プルダウン)

                      ショップ

                      新ドラマQ

                      Rakuten

                      スポンサード リンク


                      カテゴリー

                      一日一善!!

                      忍者アド


                      楽天

                      recent trackback

                      リンク

                      search this site.

                      others

                      レバレッジ

                      PR

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

                      Rakuten