『グランメゾン東京』キムタク絶賛の御用記事!?

0
    ネットニュースを見ていたら、下記の記事に出くわしたので一部を引用する。
    (略)自信と信念を持った男らしい尾花。そんな彼から発せられるセリフやたたずまい、またそれを見事に演じている木村に「やっぱりキムタク最強だわ…」「ドラマの帝王」「かっこよすぎるでしょ」など視聴者から絶賛の声が寄せられた。

    さらに「もう来週が待ちきれない」「今後の展開が楽しみすぎる」など今後のストーリーを楽しみにしているコメントも多い。今後も「グランメゾン東京」、そして尾花を見事に演じる木村から目が離せない。(modelpress編集部)

    情報:TBS
    いやはや、奥歯が浮くような記事だわ。
    キムタクを持ち上げすぎじゃ無いかなぁ・・・。

    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
    にほんブログ村新ドラマQ


    『シャーロック』第3話◆ダイイングメッセージが…

    0
      『シャーロック』第3話

      東京・渋谷の空き家で身元不明の老人の遺体が見つかった。獅子雄(ディーン・フジオカ)と若宮(岩田剛典)は江藤(佐々木蔵之介)から、そこが5年前の「地面師詐欺事件」の舞台で、事件後、詐欺被害に遭った建設会社の社長が自殺をした家だと聞く。獅子雄は遺体の手の部分にある3本の木の枝に気付く。やがて遺体が地面師事件の犯人の1人と判明。そこへ捜査二課の利枝子が現れる。
      3本の木の枝の意味するものはモールス信号だった・・・。
      あれではダイイングメッセージが弱い気がした。
      謎解きの醍醐味が薄すぎる。
      −◆−

      前回、ゲストが”菅野美穂”である時点で、ある程度結末は想像がつくようなエピソードだったけど、今回もやはり”伊藤歩”が出てきた時点で、ただの登場人物だとは思えなかった。

      コロンボみたいに、最初に犯人が分かっていて、それを主人公が追い込んでいくならこういう配役でも有りだと思うけど、『シャーロック』といえば謎解きが売りの筈だから、なんか興醒めしちゃう。
      −◆−

      ワトソン=若宮(岩田剛典)の存在感が薄すぎるような・・・。
      ホームズ=獅子雄(ディーン・フジオカ)による謎解きもなんだか物足りない感じがするし・・・。
      総じて、ドラマ終了時に後味が希薄というか、内容が心に残らない。
      前作『監察医 朝顔』は、余韻を残すような造りだっただけに、余計に『シャーロック』の出来映えが物足りなく感じられる・・・。


      『グランメゾン東京』第1話感想

      0
        『グランメゾン東京』第1話

        かつてパリで二つ星のフランス料理店を構えていた天才シェフ・尾花夏樹(木村拓哉)は、己の慢心が招いた重大な事件によってその座を追われ、店も仲間も全て失ってしまった。どん底まで転落した尾花は、ある日、星の獲得を目指すシェフ・早見倫子(鈴木京香)と出会い、もう一度シェフとして生き直すことを決意。世界最高の三つ星レストランを作り上げるために、最高のスタッフを集めようと奮闘する。
        日本シリーズで我が巨人軍が敗れた後の放映なので、かなり不愉快な気分で視聴開始・・・。

        で、パリでのロケやフランス大使館での撮影など、ひたすらキムタクを特別扱いし、彼をまつりあげるドラマでしたね。
        鈴木京香、沢村一樹、及川光博、尾上菊之助らを贅沢に配置してまでしてキムタクをドラマのど真ん中に置く構成に違和感を覚えた。

        とにかく、クセの強い天才シェフを演じるキムタクに感情移入できなかった。
        小生の生理的反応が邪魔をしてこのドラマを楽しめない。
        −◆−

        時間繰り下げにもかかわらず初回の平均視聴率は12.4%。
        やはりキムタクは強いのか・・・。


        NHK BS『小田和正 Tour 2018~19 ENCORE!! ENCORE!!』に感動

        0
          2019年10月19日にNHK BSプレミアムで『小田和正 Tour 2018~19 ENCORE!! ENCORE!!』が放送された。

          「愛を止めないで」「言葉にできない」「ラブ・ストーリーは突然に」「キラキラ」「YES-YES-YES」など、小田さんの名曲の数々に興奮したり落涙したり・・・。

          やや年齢層が高めの観客も、いたく感激している模様・・・。
          −◆−

          小田さんはいつのまにか72歳になっていたんだけど、その歌声は小生が大学生だった約40年前と大きな変化は無く、相変わらずのクオリティ!!

          この年齢で、このクオリティは凄い!!!
          感動した。

          にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


          『俺の話は長い』第2話◆面白いホームドラマ

          0
            『俺の話は長い』第2話

            岸辺家と綾子(小池栄子)一家の同居が始まった。春海(清原果耶)が登校拒否をしていたのは、好きだった同級生の陸(水沢林太郎)が、親友と付き合いだしたのが理由だとわかる。そんな中春海が学校を再び休むと言い出し、綾子が満(生田斗真)に成功報酬5千円で説得を頼んでくる。行きたくない理由はフォークダンスの練習で、陸と彼女が踊るのに耐えられなかったのだ。
            実家に寄生するニートの満(生田斗真)と、綾子(小池栄子)や春海(清原果耶)との言葉の応酬がよく出来ていて、思わずクスクス笑わされる。
            5,000円を巡る満と綾子の丁々発止の会話なんてのは、本当に面白かった。
            −◆−

            光司(安田顕)たちも良い味を出していて、どこか温かさも感じる良質の「ホームドラマ」となっている。

            総じて、よくできた脚本で、演出も良い感じだ。
            30分×2話の構成も丁度良い塩梅だ。


            『探偵!ナイトスクープ』西田局長退任◆最近のクオリティは…

            0
              新聞に重大発表があると記載されていたため、「西田局長退任」は想定内だったので、さほど驚かなかった。
              秘書も合わせて、後任人事に注目だ。
              −◆−

              ところで、桂小枝が最近の『探偵!ナイトスクープ』の状況に苦言を呈すしていたが、まさに今回は内容のないネタばかりだった。

              「ジャッキー・チェンと同じトレーニングをしている男」
              「自分の名前を言わない女の子」
              「川で助けてくれた男性にお礼を言いたい」

              上記3題の依頼は、いずれも面白くなかった。
              最近、面白くない依頼が増えてきている気がして『探偵!ナイトスクープ』の先行きに不安を感じる。

              JUGEMテーマ:バラエティ全般




              『スタートレック・ディスカバリー(season2):甘い悲しみ1.2』シリーズ屈指の傑作

              0
                『スタートレック・ディスカバリー(season2)』第13〜14話★★★★★

                ネットフリックスの”1ヵ月無料体験”を利用して『スタートレック・ディスカバリー(season2)』第13〜14話「甘い悲しみパート1.2」を観なおした。

                一度観たんだけど、どうしてももう一度観たくなって・・・。
                −◆−

                「甘い悲しみパート1.2」は映画並みのクオリティで、全スタートレック・シリーズの中でも屈指の傑作。

                『スタートレックTNG :浮遊機械都市ボーグ(前.後編)』等、過去の名作エピソードにならぶ出来映えでは無かろうか。

                宇宙での戦闘シーンは激しさが半端なく、手に汗を握る。
                タイラーに導かれたクリンゴン艦隊が助太刀にやって来たときには鳥肌が立った。
                −◆−

                ワームホールを抜けて遙か遠くへ飛び立ったマイケルとディスカバリーの運命や如何に・・・。
                マイケルを取り巻くドラマ部分もよく出来ていたなぁ・・・。
                感動的でも有り、サスペンスフルでもあった。

                サードシーズンが待ち遠しくて堪らない。
                −◆−

                ネットフリックスは、スタートレック以外は観たいコンテンツが少なかった。
                ”1ヵ月無料体験”でちょうど良い塩梅だったが、サードシーズンからは有料で観ることに・・・。

                2020年年より配信される新シリーズ『スタートレック・ピカード』は、アマゾンらしい。
                これも、”1ヵ月無料体験”で視聴できるかなぁ・・・・。

                とにかく、スタートレックは面白い!!


                巨人のドラフト結果に一喜一憂せず。

                0
                  2019ドラフト会議で原監督は1位指名のくじ引きで2連敗・・・。
                  まぁ、奥川がとれなくてガッカリなんだけど、結果に一喜一憂しても仕方が無い。

                  荒木をとりそこねて、斉藤雅樹を獲得した例もある。
                  堂上をとりそこねて、坂本を獲得した例もある。

                  楽天の則本昂大なんて、2位指名だし・・・。
                  それに、ドラフトで5球団競合だった田中正義(ソフトバンク)は、いまだ芽が出ていない。
                  6球団が競合した大石達也(西武)は、先日戦力外通告を受けた。

                  要するに、ドラフト結果で喜んでも、先々どうなるかは分からない・・・。
                  だから一喜一憂しない。

                  巨人が1位指名した堀田賢慎投手が大きく飛躍することを願うだけであります。

                  JUGEMテーマ:読売ジャイアンツ




                  | 1/1114PAGES | >>

                  calendar

                  S M T W T F S
                    12345
                  6789101112
                  13141516171819
                  20212223242526
                  2728293031  
                  << October 2019 >>

                  プロフィ-ル

                  profilephoto
                  スポンサード リンク

                  最近の記事

                  過去記事(プルダウン)

                  ショップ

                  新ドラマQ

                  Rakuten

                  スポンサード リンク


                  カテゴリー

                  一日一善!!

                  忍者アド


                  楽天

                  recent trackback

                  リンク

                  search this site.

                  others

                  レバレッジ

                  PR

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM
                  QLOOKアクセス解析 ドラマQ

                  Rakuten