大阪市の教育施設に違法入居の政治団体が、市長に一千万円献金〜〜。

0
     また大阪です。
    ニュース : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
    大阪市の教育施設に政治団体、市長に1000万円献金 大阪市が設置する「市幼児教育センター」(西区)に地方自治法で入居が認められていない政治団体の「市私立幼稚園振興連合会」(佐々木富美代代表)が事務所を置いていることがわかった。同団体は、昨年11月に行われた「出直し市長選」期間中、再選を目指す関淳一市長の資金管理団体「都市政策研究会」に1000万円の献金をしていた。(略) 佐々木代表は「関氏の幼稚園教育に対する理解が深いと考え、支援した。普段は政治活動はほとんどしておらず、・・・(略)」と話している。 市は今年度当初予算で、市内の全142の私立幼稚園に、保護者への就園補助などで約20億円を支出。 関市長は「政治団体が市の施設を使っていたことは知らなかった。今回の献金が市の幼稚園政策に影響を与えることはあり得ないが、特定の目的があったのなら返金をする」と話した。(2006年12月01日 読売新聞)
     「今回の献金が市の幼稚園政策に影響を与えることはあり得ない」と1000万円貰った側の関市長が言っても説得力無いなぁ。
     「市私立幼稚園振興連合会」は、1000万円で約20億円ゲットしたなら効率のいい献金です。
     海老で鯛を釣るなんてレベルではないですねぇ。

    −◆−
     政治団体が、市が設置する施設に入っていたというのは、いかにも「大阪市」らしい出来事。
     組合との「蜜月関係」や、同和行政での「馴れ合い、もたれ合い」の姿勢と同じ肌合いです。
     「大阪市」では、どうしてウエットで濁った出来事が続くのでしょうか?
    −◆−
     関市長は、昨年突然辞職して「市政改革」の御旗を掲げて出直し選挙を行ったところですが、その後も同和行政問題や、今回の1000万円の献金問題が明るみに出てしまい「市政改革」が進んだと言える状況にはありません。
     長年に渡って、どっぷりと「大阪市」の体質がしみ込んだ関氏には、抜本的な改革は無理なのだと思います。
     新しい風を入れる時期だと感じます。


    シンプルの中に可愛らしさを追求したデザイン。
    にほんブログ村 ニュースブログへ


    スポンサーサイト

    • 2020.07.04 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten