「プロミス」命の担保/死因不明を「病死」で保険金請求

0
     この春、CMキャラが、井上和香から中川翔子に変わったサラ金大手「プロミス(三井住友銀行グループ)」の、命を担保にした杜撰な経営について報じられています。
    asahi.com:社会
    プロミス、死因不明を「病死」で保険金請求2006年11月28日21時36分 金融庁は28日、消費者金融各社が融資の際に借り手にかけていた消費者信用団体生命保険で、大手のプロミスが死亡理由が不明な場合でも病死として保険金を請求していたと発表した。(略)「命を担保にしている」との批判から17社は保険の打ち切りを決めたが、改めてずさんな管理の実態が明らかになった。 プロミスは日本生命と契約し、借入残高100万円未満などの場合は住民票で死亡確認すれば死亡理由に関係なく保険金を受け取れるため、便宜上、病死と死因不明を合わせて管理していたようだ。(略) 同社の死因判明率は41.5%に下がり、死因が判明したうちの自殺者の比率は11.2%から26.9%に上がる。全体の死因判明比率も47.7%から39.4%に下がる。 プロミスは「結果的に不正確な数字を出して申し訳ない」としている。
     自殺者の比率は26.9%!!!
     同社が保険金を受け取った4人に1人が自殺!!!
     プロミスとつきあうと、命が縮まるという覚悟がいる!
    −◆−
     こういう会社が自社の広告を次のように説明しています。
    プロミス ニュースリリース - 広告・イベント
    新CMは、ビジネスマナーを始めとする「社会人としての大人のマナー」を、さまざまなシチュエーションにおける体験ストーリー風に仕立てたもので、CMの最後に、当社女子社員にふんした中川翔子さんが、大人のマナーのひとつとして「ご契約内容のご確認を」との啓発的な説明を行い、「信頼感」と「安心感」のもてる企業であることをアピールします。
     笑えない冗談ですね。
     CMの決まり文句として「契約内容は しっかり確認。これも大人のマナー」って、よく言えたものです。

     「信頼感」と「安心感」のもてる企業ではなくて、「不信」と「不安」の間違いじゃないの!?
    −◆−
     これが天下の「三井住友銀行グループ」の行いかと思うと、情けなくなります。
     バンカーの誇りはどこへ忘れてきたのか!?
    −◆−
     日本生命もプロミスのグルなんだ。
     消費者信用団体生命保険は、保険会社にとっては堅実な商品なんだろうなぁ・・・(怖わっ!)
     ところで、一般の保険契約者に対しても「死亡理由に関係なく保険金を受け取れる」なんていう、柔軟でおらかな対応してくれるのかなぁ?

     とにかく、健康のため借金には気を付けましょう。


    USBストレージメディア “ポケットビット・ミニ”USM1GH クレジットカードOK
    にほんブログ村 ニュースブログへ

    Panasonic デジタルカメラ「Lumix」 DMC-TZ1(コンフォートブルー)


    スポンサーサイト

    • 2017.10.17 Tuesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten