『半沢直樹2』第8話◆箕部幹事長(柄本明)が…

0
    『半沢直樹2』第8話

    大和田(香川照之)は帝国航空の債権放棄を押し切ろうとした紀本(段田安則)の進退を問うが、紀本は「まだ決着がついていない」と発言。半沢(堺雅人)は進政党幹事長・箕部(柄本明)の圧力を確信する。そんな中、半沢はタスクフォースが出した「債権放棄ありき」の再建案に驚き、政府が銀行を従わせられると考える根拠を探る。その矢先、黒崎(片岡愛之助)が半沢に接触する。
    第8話の平均視聴率は25.6%
    今シリーズの記録更新です。
    −◆−

    大和田(香川照之)は「銀行員生命をかける」とまで言った債権放棄の受け入れの提案に失敗した紀本常務(段田安則)をここぞとばかりに追い落としにかかるが、逆に先の合同報告会が原因で中野渡頭取に参考人招致の噂があると突きつけられてしまう・・・・今週は、大和田(香川照之)と紀本(段田安則)の対決回で、半沢が父・慎之助(笑福亭鶴瓶)を死に追いやった男・大和田と組んだり、紀本のバックにいる箕部幹事長(柄本明)が幅を利かせたり・・・。

    柄本明がなんとも嫌な雰囲気の政治家を巧く演じていますねぇ・・・・。
    昭和の香りがプンプンする政治家です。
    −◆−

    眼鏡タブレット野郎・福山(山田純大)が久々に登場し、半沢に敵対するのかと思いきや、半沢に手を貸します。
    なんか懐かしい感じです。
    −◆−

    さすがの半沢(堺雅人)も箕部幹事長に頭を下げる羽目に・・・。
    大和田と握手したりするから、こんな目に遭うんだわ。

    箕部幹事長の汚いやり口にはムカつくばかり・・・。
    盆栽をチョキっとする箕部幹事長(柄本明)怖いわ。

    さらには箕部幹事長を調査していた黒崎(片岡愛之助)までもが左遷の憂き目に・・・。
    古谷(宮野真守)の股間をギュッとしてる場合じゃありませんでした。

    去り際の黒崎は「政府に逆らうなんて、ホント、バカなことをしたわ。誰かさんに影響されたせいかしら?いいわ、検査官じゃなくなった私から、最後に1つ教えてあげる。伊勢志摩ステートを調べなさい。今、私が言えることはここまで。金融庁はもうこの件から手を引くわ。もうこれ以上、箕部を追うことはできない」と、半沢にヒントを授けて去って行きましたねぇ。
    −◆−

    以上、今回は半沢の反撃は観られず、悪役がギャフンという”快感”は得られませんでした。
    次週以降に持ち越して、痛快さが倍増する計算なのかな?

    というわけで、『半沢直樹2』第8話への雑感でした。


    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




    スポンサーサイト

    • 2020.09.24 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -


      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten