『親バカ青春白書』第2話◆視聴率低下…

0
    『親バカ青春白書』第2話

    畠山(中川大志)の「ガタローさんが好き」という言葉に衝撃が冷めやらないさくら(永野芽郁)。そんな中、自称ユーチューバーの同級生・根来(戸塚純貴)の提案で、一同はお化けが出るという畠山の部屋で肝試しをすることに。寛子(今田美桜)や美咲(小野花梨)にあきれられながらも、さくらを心配し当然のように同行したガタロー(ムロツヨシ)は、そこで畠山から予想外の告白をぶつけられる。
    畠山(中川大志)の「ガタローさんが好き」というのは、小説家としての小比賀太郎(ムロツヨシ)が好きという意味だった・・・。

    で、第2話の平均視聴率は8.5%。
    初回の10.3%から2ポイント近く下落しちゃった・・・・。

    小生の体感的にも、視聴率低下が分かる感じでした。
    福田雄一演出作品なので、もっとクスクス・ゲラゲラ笑えるのかと思ったら、案外そうでもなくて、やや期待外れ。

    初回であった、幸子(新垣結衣)とガタローが手を握るシーンのようなキュンとくるシーンもなかったし・・・。

    さくら(永野芽郁)と畠山(中川大志)にも、まだキュンとくる場面は無いですしねぇ・・・。
    −◆−

    というわけで、次回以降も一生懸命視聴するかどうか迷うほど刺さってこなかった『親バカ青春白書』第2話でした。


    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




    スポンサーサイト

    • 2020.09.24 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -


      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten