『半沢直樹2』第2話◆三木(角田晃広)が…

0
    『半沢直樹2』第2話

    半沢(堺雅人)らが進める案件が東京中央銀行に横取りされた。「電脳雑伎集団」による「スパイラル」買収というIT企業同士の案件だ。逆襲を誓う半沢は部下・森山(賀来賢人)と調査を開始。森山はスパイラル社長で旧友の瀬名(尾上松也)に連絡をするが、森山を銀行のスパイと疑う瀬名は無視する。一方、半沢は同社アドバイザーを務める証券会社に不審感を抱く。
    半沢たちを裏切り銀行に戻った三木(角田晃広)だったが、希望していた営業ではなく、伊佐山(市川猿之助)や諸田(池田成志)から雑用ばかり言いつけられる不遇な毎日を過ごしていた。

    で、冷遇され明智光秀状態の三木(角田晃広)が、さっそく伊佐山を裏切る。

    秘密資料を伊佐山の部屋からこっそり持ち出し、写真を撮って半沢(堺雅人)に送信。

    一方、浜村瞳(今田美桜)は、瀬名(尾上松也)のアドバイザーである太洋証券の広重(山崎銀之丞)が敵側の人間と会っている様子を写真に撮り森山(賀来賢人)に送信。

    朝8時に設定した時間外取引に刻々と迫る中、三木と浜村の写真を証拠に、フォックスとの調印を押しとどめた半沢。

    このくだり、タイムリミット設定だったので、ドキドキ・ハラハラしましたねぇ・・・。
    −◆−

    そんなこんなで、とりあえず伊佐山の動きを封じた半沢。

    少し太ったせいで、憎々しい顔つきになっている市川猿之助=伊佐山の顔芸、全開でした!!
    −◆−

    今夜は、新たな「倍返し」は聞けずじまいで、やや残念。
    でも、半沢と森山のコンビネーションはいけてました。

    『今日から俺は』のコミカルな賀来賢人も大好きだけど、シリアスな演技の賀来賢人も格好良いですね。
    −◆−

    以上、『半沢直樹2』第2話への雑感でした。


    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




    スポンサーサイト

    • 2020.08.07 Friday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -


      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten