黒川検事長「賭けマージャン」問題◆辞任の方向へ

0
    東京高検の黒川検事長が、緊急事態宣言が出ている5月初旬に2回、産経新聞記者や朝日新聞社員とマージャンをしていたと週刊文春(電子版)が20日に報じた件。

    新聞記者はこういう手段用いて取材対象との距離を詰め、捜査資料のリークを得るんでしょうか?
    −◆−

    定年延長問題の渦中の人であり、検事長という地位にいる黒川氏がやらかした出来事としては、下記のように問題点が複数有るように思われます。

    ・「賭けマージャン」であること。
    ・緊急事態宣言中の「三密状態」での麻雀。
    ・「ハイヤー代」を記者側が負担。
    ・マスコミと検事長がズブズブの関係。

    また、上記以外に小生が驚いたのは、左翼的な朝日新聞と右翼的な産経新聞が呉越同舟だった点もあります。
    −◆−

    賭けマージャンは結構なレートで行われていたとの情報もあるので、刑事問題に発展する余地も有るのかな?

    ハイヤー代を記者側が負担したことは、公務員が利害関係者から利益供与を受けてはいけない点で問題ですね。

    これで黒川検事長が辞任すれば、一番丸く収まるように感じます。
    そして、黒川氏辞任による穴を埋める人事に焦点は移りますね。

    人心一新で再スタートし、公正な検察であって欲しいものです。
    それにしても、「文春砲」は凄いですねぇ・・・。

    にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへにほんブログ村

    JUGEMテーマ:時事ニュース




    スポンサーサイト

    • 2020.05.27 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -


      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << May 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten