戸田恵梨香主演「スカーレット」最終回◆地味なお別れ…

0
    連続テレビ小説「スカーレット」
    最終回
    (2020年3月28日)


    喜美子(戸田恵梨香)は武志(伊藤健太郎)と信楽の仲間とびわ湖に出かけ、すがすがしい思いに満たされる。武志は闘病しつつ作陶を続け、側で喜美子も陶芸に励む日々。喜美子は武志との時間を大切に過ごしながら、ふと武志に問いかける。喜美子に強く抱きしめられる武志。2人は幸せを胸に刻む。二年後、喜美子は武志の作品を大崎(稲垣吾郎)と共に見つめていた。作品作りに挑戦する大崎。そして八郎(松下洸平)が訪ねてきて…
    2年が経過・・・。
    その間に武志(伊藤健太郎)が旅だったことをナレーションで説明。

    『100日後に死ぬワニ』状態だった武志は、やはり治癒すること無く逝ってしまった。
    ウエットでは無く、ドライに描かれた「死」でした。
    地味なこのドラマらしい描かれ方でした。

    終盤の主役だった伊藤健太郎、とてもいい仕事をしましたねぇ。

    いつも言葉少なに寄り添っていた真奈(松田るか)と武志の淡い関係も良い感じだったなぁ・・・。
    武志を失った真奈が可哀想です。
    −◆−

    重ね重ね、地味なドラマでした。
    アナウンサーがナレーションをするから、余計に地味な感じが際立ちましたね。

    で、小生は年寄りなので、地味な造りでOKでした。
    ナチュラルメイクの戸田恵梨香もヨカッタ。
    彼女の関西弁がネイティブなのも良い塩梅でした。

    八さん(松下洸平)も、ドラマに良い味わいを加えてくれました。

    彼と離婚しないストーリーも観たかったし、武志が快癒するストーリーも観たかったなぁ。
    −◆−

    『エール』は月〜金までの放送なので、「土曜日」の朝ドラも今日でお終い。

    なんにせよ、最終回ってのは一抹の淋しさが伴いますね・・・。
    以上、「スカーレット」最終回で感じたことでした。

    お疲れ様でした・・・。

    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




    スポンサーサイト

    • 2020.05.27 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -


      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << May 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten