救急隊員が病院に搬送せず…帰宅後に意識不明の重体

0
    asahi.com: 奈良 - 関西
    救急隊員が病院に搬送せず 帰宅後に意識不明 奈良2006年11月18日 奈良県橿原市の県警橿原署の敷地内で、意識がもうろうとした状態で見つかった男性を、通報で駆けつけた橿原消防署の救急隊員が軽傷と判断し、病院に搬送しなかったことがわかった。男性は帰宅後に意識を失い、運ばれた病院で脳内出血などが判明して手術を受けたが、意識不明の重体。同消防署は18日午前、記者会見し、「判断に誤りはなかった」と説明した。 (略)橿原署の駐車場で同県大淀町の製材業の男性(42)が歩いているのを署の幹部が発見。(略)男性は当時、泥酔状態で、鼻血と左顔面に擦り傷があったが、痛みを訴えていなかったことや会話もできたことから、救急搬送の必要性は低いと判断したという。 (略)男性の父親は「頭を打っているかも知れないから、搬送先を探してくれと何度も懇願した」と憤慨している。 高橋善康・橿原消防署長は「当時の救急隊の判断は適正だったと考えている」と話している。
     
     最近は軽傷者や酔っぱらいが救急車をタクシー代わりに呼ぶことが多くて出動回数が重なり、救急業務に支障を来すこともあるそうだから、救急隊員はこの事件でも単なる泥酔者で「オオカミ少年」の類だと判断したのでしょうね。
     でも、判断ミスだった・・・。
    −◆−
     男性が見つかった橿原警察署の隣には、奈良県立医科大病院、平成記念病院、そして奈良医大病院のすぐ北にも平尾病院と、医療機関が軒を連ねているのに・・・・。
     午前2時ごろの出来事だったようですが、県立医科大病院なら夜間受付もあるのではなかったのかなぁ。
     救急車が無理なら、警官が手助けして目の前の病院に連れて行けばよかったのに・・・。
    −◆−
     謀略小説を読み過ぎの小生は、変なことを考えてしまいます。
     泥酔状態、意識もうろうで、鼻血と左顔面に擦り傷がある男性が、警察の駐車場をウロウロしてるところを、署の幹部が発見して署内のソファで安静にさせ、午前3時ごろに橿原消防署に連絡したと言うのは不自然な気がします。
     こんな状態の男性を、警察は消防署に押しつける訳?
     不審尋問とか、トラ箱に入れるとかしませんか?
     なんか怪しい。

    −◆−
     警察は救急車呼ぶ程の状態だと判断し、救急隊員は搬送の必要無しだと考えた。
     警察官の判断が正しくないと救急隊員は判断した訳ですよねぇ・・・。
     市民の安全に関わる警察と消防の連携の悪さには不安を覚えます。
     目の前に「大病院」がある「警察署」に「救急隊」が駆けつけたのに男性を放置って・・・。
     やはり何となく不自然!?
     「警察」と「消防」の単なるサヤ当てなのか、表沙汰に出来ない何かがあったのか・・・・。

     どちらにせよ、目の前に病院が建ち並んでいるのに、すぐに病院に運び込まれなかった男性はお気の毒です。


    リラックマ 2007年携帯スタンドカレンダー

    にほんブログ村 ニュースブログへ


    スポンサーサイト

    • 2020.01.26 Sunday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << January 2020 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten