吉高由里子主演『知らなくていいコト』第8話◆濃密!

0
    『知らなくていいコト』第8話

    仕事に復帰したケイト(吉高由里子)は、国会議員の資金管理団体で‘金庫番’を務めていた相田の自殺の真相を追い、消えた帳簿を探すよう岩谷(佐々木蔵之介)から命じられる。その狙いを聞いたケイトは、早速、相田の自宅を訪ね、妻・依子に取材を申し込むが、拒絶されてしまう。尾高(柄本佑)がケイトのことを気に掛ける中、他社の誌面にケイトに関するある記事が掲載される。
    今週もおもしろかったぁ〜〜。
    必ずしも視聴率が高いわけでは無いけど、個人的には今期最高に”濃密”なドラマだと思います。
    −◆−

    岩谷(佐々木蔵之介)の格好良さが際立っていましたねぇ。

    リーダーシップが半端ない。
    ケイト(吉高由里子)の父親が殺人犯だという記事が載ってしまった後、編集部で
    「ここに書いてあることは本当だ。
    しかし我々の仕事は何も変わらない。
    今まで通り普通に仕事をしてくれ。」
    「外部からの嫌がらせ 後追い取材は適当にかわせ。やり方は任せる。」と訓示。

    岩谷の言葉に痺れちゃいました。

    他にも、後半でケイトに尾高(柄本佑)との事について
    「一度しかない人生だ。
    自分の思い 大事にしたほうがいいんじゃないの?」と、敢えて不倫をすすめるような会話が印象に残りました。
    −◆−

    春樹(重岡大毅)のクズっぷりが半端なかったですねぇ。
    重岡大毅の怪演が結構凄い。

    そんな春樹を喫煙室に連れ込んでパンチを食らわした尾高。
    いいぞ尾高!!

    春樹は「尾高さんとケイさんの不倫がバレたら、もっともっと大変なことになりますから!
    ハハハハ…!アッハッハッ…!」

    とことんクズです。
    −◆−

    襲撃事件で腕を刺されながらも退院早々ネタ出し会議に復帰したケイトは、さらなる逆境が待ち受けていた・・・。

    政治資金を巡るトクダネを追うケイト、格好良い!
    執念で賄賂の証拠をゲット。

    編集部で「すんごい美人ですよ 真壁さん。」との会話がありましたが、吉高由里子はマジで美人ですねぇ。

    彼女の存在感に惹きつけられます。
    −◆−

    各シーンごとに、繊細で綿密に書き込まれた脚本や演出に脱帽。

    『知らなくていいコト』を見ていない視聴者が気の毒なほど充実したドラマです。
    なかでも、週刊イーストの編集部の活気とかの描き方が凄い。
    メリハリの利いた展開にも感心しきり・・・・。

    以上、面白すぎて感想が巧くまとまらない『知らなくていいコト』第8話でした。

    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
    にほんブログ村新ドラマQ

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




    スポンサーサイト

    • 2020.04.02 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -


      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten