『テセウスの船』第5話◆松尾紀子(芦名星)が…

0
    『テセウスの船』第5話

    心(竹内涼真)は変わってしまった現代で、由紀(上野樹里)が記者になり、姉の鈴が藍(貫地谷しほり)と名乗り別人として生きていることを知る。義母・さつき(麻生祐未)の言動に藍が動揺する中、文吾(鈴木亮平)の事件について証言するという女性が現れた。心は喜び、由紀と共に文吾の面会に向かう。ところがその後、女性が証言の約束をなかったことにしてほしいと言い…。
    木村さつき(麻生祐未)に「正体を知っている」と脅された村田藍(貫地谷しほり)・・・。

    麻生祐未の不気味な演技がおどろおどろしくて恐ろしい。
    せっかく証言してくれると申し出てくれた松尾紀子(芦名星)に迫るさつき(麻生祐未)の影・・・。
    ヒリヒリするような展開です。

    そして、ついには藍(貫地谷しほり)を利用して松尾紀子が殺されちゃった!?

    これらの流れからすると、「音臼小無差別殺人事件」の犯人は木村さつき(麻生祐未)かと思わせたが、別の怪しい人影が・・・一体、誰だ!?
    −◆−

    本作は、本当に面白い。

    松尾紀子(芦名星)から証言を得られるかどうか、ハラハラ、ドキドキしながら視聴できた。
    芦名星の老人メイクは違和感なかったしねぇ。
    −◆−

    絶望の淵にいる心(竹内涼真)を励ます由紀=上野樹里が良い。
    上野樹里は、『朝顔』に続いて良い芝居している。

    竹内涼真も必死の熱演ぶりがとても良い。
    −◆−

    以上、やや興奮しながら視聴した『テセウスの船』第5話でした。

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




    スポンサーサイト

    • 2020.04.02 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -


      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten