東出昌大主演『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第3話を観た

0
    『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』
    第3話

    バーのオーナーの刺殺事件が発生。神奈川県警捜査一課が捜査するため、張り切る豪太(桐谷健太)ら所轄は支援に回される。上司の樫村(柳葉敏郎)に懇願して担当検事となった修平(東出昌大)は、みなみ(比嘉愛未)を前に得意げだ。やがて、運送会社社員・瀬川(薬丸翔)が容疑者に浮上。だが、物証がないからと逮捕の許可を出さない修平に捜査一課長・見城(池田成志)らは焦り出す。
    第3話の平均視聴率は10.3%。
    やや数字が回復したのは意外・・・。
    −◆−

    容疑を認めない瀬川(薬丸翔)だったが、恋人の舞(古畑星夏)の証言で凶器が見つかり、瀬川が罪を認めた・・・と、まとめちゃうと身も蓋もないんだけど、東出昌大の”不倫騒動”を引きずりながら視聴しているせいでドラマに集中できないから仕方ない。

    そして、東出昌大の”不倫騒動”を別にしても、ドラマ自体があまり面白いと思わない。
    捜査会議や、取り調べシーンなど、コミカルな部分もあったんだけど、これがクスッと笑えたりする出来映えには見えないんだもの・・・。

    根本的に、小生の好みから外れてる気がします。
    −◆−

    以上、『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第3話の粗っぽい感想でした。
    次回以降、積極的に視聴を続けるかどうか・・・・。

    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




    スポンサーサイト

    • 2020.02.17 Monday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -


      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten