『シャーロック』特別編◆視聴率7.7%

0
    『シャーロック』特別編

    誉獅子雄(ディーン・フジオカ)が守谷壬三(大西信満)と埠頭から海中へと没してから1週間が経ったが、二人の遺体はまだ発見できず、警察の捜索は縮小気味で、若宮潤一(岩田剛典)は、空虚な日々を送っていた。獅子雄の“最期の場所”である、あの埠頭に再び佇む若宮に声をかける一人の女性の姿が…。
    予想通り、本編をつなぎ合わせた総集編的番組で、木南晴夏の無駄遣いっぽい展開。
    −◆−

    最終盤、鑑識課と思われた人物が、実は獅子雄(ディーン・フジオカ)だった・・・。

    若宮(岩田剛典)のモノローグ「この男は、何事も無かったかのように再び僕の目の前に現れた。」

    早くも『シャーロック・ホームズの帰還』!?
    −◆−

    『シャーロック』特別編を観て、ますますこの程度のドラマで原作『シャーロック・ホームズ』って名乗って欲しくない感じが強くなりました。

    そして、音楽も好みからかなり外れたものでした・・・。
    −◆−

    ”月9”は復調気配だと言われていましたが、『シャーロック』を見る限りではまだフジテレビは不調だと・・・。

    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




    スポンサーサイト

    • 2020.08.13 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -


      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten