『シャーロック』最終話◆モリアーティ教授

0
    『シャーロック』最終話

    若宮(岩田剛典)の住むベイカーハイツの管理人・園美(かたせ梨乃)が、家賃を取り立てに来る。獅子雄(ディーン・フジオカ)は、若宮が数日中に家賃を支払えなければ自分のバイオリンを渡すと約束する。そんな中、元警視庁捜査二課の利枝子(伊藤歩)を含む男女4人の被告が拘置所から脱走したニュースの続報で全員の名前が判明し、その中に“守谷”の名前を見た獅子雄の表情が硬くなる。一方、警視庁では江藤(佐々木蔵之介)があるミッションを与えられていた。
    副総監(篠井英介)、『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』では殺されてた人やねぇ・・。
    −◆−

    ついに守谷との対面を果たした獅子雄(ディーン・フジオカ)・・・。

    言わずと知れた、ホームズの宿敵・モリアーティ教授の日本版だ。
    ところが、長〜い講釈をたれる守谷を演じる役者さんが、見たことのない人なので小生の脳内で「どなたさん?」という言葉が浮かんだままドラマが進行しちゃう。

    守谷のセリフが長い・・・30分拡大だから尺が長い。

    で、最後には両者がもつれ合うように海にドボン・・・。
    二人とも浮かんでこないまま事件は収束。

    ライヘンバッハの滝に落ちていったホームズとモリアーティをなぞっているのね。
    これまで、どこが『シャーロック』だか分からなかった本作が、ようやく原作と重なる場面に出くわした感じ・・・。
    −◆−

    守谷って、宿敵・モリアーティなのだから、もう少し印象的な雰囲気を醸し出して欲しかった。
    ちなみに、BBC版の『シャーロック』に出てくるモリアーティは、印象的だったよ。

    そして、”最後の事件”なのに、なんだかスケール感も疾走感も無かったのが残念・・・。
    やはりこのドラマは失敗作だと思う。
    −◆−

    ネットニュースで、ディーン・フジオカのインタビュー記事を見た。

    ディーン「(略)“獅子雄らしさ”の発見を積み重ねてこれた。だからこそ、今はもうあまりシャーロック・ホームズを意識することがなくなりました。それが一番大きな変化です。」
    ホームズを意識してないんかい!?

    やっぱりこのドラマは、「原作シャーロックホームズ」を名乗るに相応しい出来映えでは無かったって感じがする。
    −◆−

    というわけで、拡大版のせいで間延び感が有ったフジテレビ版『シャーロック』最終話の感想でした。
    『シャーロック・ホームズの帰還』はあるのだろうか?

    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




    スポンサーサイト

    • 2020.01.25 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << January 2020 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten