『モトカレマニア』最終回◆平均視聴率「4.2%」

0
    『モトカレマニア』最終回

    マコチ(高良健吾)と桃香(矢田亜希子)の関係を疑ってしまったユリカ(新木優子)は、彼に対する気持ちがわからなくなっていた。事情を知った山下(浜野謙太)は、マコチと向き合えないことを悩むのは、向き合おうと思っているからだ、とユリカを励ます。
    笑顔のユリカ「私今、最高に幸せ。」

    ハッピーエンドで『モトカレマニア』最終回の幕が下りた。

    んん〜〜、ユリカ(新木優子)とマコチ(高良健吾)、ハッピーエンドで「ヨカッタなぁ〜〜」とかそういう感情が浮かんでこない。
    最後の最後まで、物語に感情移入できなかった。

    幸せを掴んで最高の笑顔を見せたヒロイン・ユリカ(新木優子)だけど、チャーミングだと思えなかった。

    毎度毎度同じ感想で恐縮だけど、ユリカ=新木優子の魅力不足が致命的だったと小生は感じた。
    新木優子は、ヒロインを演じるには少し早かったように思う。
    −◆−

    番組公式HPの概要欄に書かれている「恋愛で誰しもが感じる“あるある”をコミカルに描く“ざわざわ”ラブコメディー」っていう感じが皆無で、ユリカ(新木優子)とマコチ(高良健吾)や山下(浜野謙太)とむぎ(田中みな実)をはじめとする登場人物の恋愛模様に”キュン”とか“ざわざわ”くることがなかった。

    ラブコメディーだというが、全然コミカルでもないし・・・。

    そもそも、”モトカレマニア”という造語にも魅力を感じなかったし、”マコチ”という呼び名も、パッとしなかった・・・。
    −◆−

    最終回の平均視聴率は4.2%。
    全9話の平均視聴率が4.42%。
    副音声企画や超特急出演などテコ入れを行ったが、ドラマ的には撃沈!

    こんなドラマを、よく最後まで観察し続けた自分に感心するわ。
    −◆−

    以上、『モトカレマニア』最終回の感想でした。

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




    スポンサーサイト

    • 2020.01.25 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << January 2020 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten