『まだ結婚できない男』最終回★たくさんのバナナが…

0
    『まだ結婚できない男』最終回

    桑野(阿部寛)は熟年離婚が決まった木村(伊藤正之)が1人で住む家の設計を手掛けているが、妻・玲子(宮田早苗)が建築の差し止めを要求。玲子側の弁護士はまどか(吉田羊)だった。桑野は木村側の弁護士・浅野(阪田マサノブ)に依頼され、証人として出廷することに。裁判当日、英治(塚本高史)夫婦、有希江(稲森いずみ)や早紀(深川麻衣)も傍聴する中、桑野とまどかはいつものように‘結婚観’の相違で対立し、裁判官もうろたえる。一方、まどかは母親の体調のこともあり、長野に戻って事務所を継ごうかと迷い始めていた。
    裁判で証言する桑野(阿部寛)が、まどか(吉田羊)と論戦になり「異議あり!」と…。
    裁判官に注意された桑野。

    この「異議あり!」がメッチャ可笑しくて笑ってしまった。
    こういう所が、このドラマの面白い要素の一つですねぇ。
    −◆−

    長野に戻って、母親の事務所を継ぐことにしたというまどか(吉田羊)に対して、桑野(阿部寛)が「あなたが居ないと、つまらなくなるし・・。」と、精一杯の言葉をかける。

    思わず泣いてしまうまどか…。
    あの桑野がよくぞここまで口に出来たものです。
    −◆−

    えっ、終わったの??
    最後は、あいまいで終わった感の無いラストだったけど、たくさんのバナナが映ったから、ハッピーエンドって事なのですよねえ?
    −◆−

    前作に比べると、ややパワーダウンした感の有る『まだ結婚できない男』でしたけど、安定感は抜群でした。

    変人・桑野の言動にくすっと笑えるシーンもあったし、小生はそれなりに満足できましたが、世間の評価はイマイチだったようで、最終回の平均視聴率は9.7%、全10話の平均視聴率 9.34%と、二桁に届きませんでした。

    前作からすると時代も変わって『まだ結婚できない男』が当たり前になってしまったと言うことなのでしょうかねぇ・・・。
    −◆−

    以上、桑野=阿部寛ロスがじわりと沁みてきた『まだ結婚できない男』最終回でした。

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




    スポンサーサイト

    • 2020.07.04 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten