『ミス・ジコチョー〜天才・天ノ教授の調査ファイル〜』第6話◆恋愛の失敗学

0
    『ミス・ジコチョー
    〜天才・天ノ教授の調査ファイル〜』第6話

    工事現場で作業員・結花(山崎千夏)が事故死。本人による作業車の操作ミスと思われたが、真奈子(松雪泰子)はふに落ちない。そんな中、結花が現場監督者・若林(水橋研二)と恋愛関係にあったことが分かる。一方、野津田(堀井新太)は事故調査委員会で戸倉(市川由衣)といい雰囲気に。郁美(高橋メアリージュン)は若林に好意を抱く。さらに、真奈子の元には見合い話が舞い込み…。
    事故死だと思えた案件だったが、真奈子(松雪泰子)が綿密な調査を行ったところ、殺人事件だった・・・。

    死亡した結花(山崎千夏)と交際していたが、別れ話がこじれた現場監督者・若林(水橋研二)の逆恨みによる殺人・・・。

    若林って、一見すると誠実な人間なのだけど、真奈子が調査するにつれ、性格の歪んだ男だと判明していった。

    若林の性格面を見極めたプロセスや、監視カメラの映像や現場に残っていた小さなゴムベルトの輪っかから、事故ではなく事件であることを突き止めた真奈子の名探偵ぶりに得心がいった。

    あえてツッコミどころを探すとすれば、事故調と真奈子の見解の相違について、もっとネチネチと描いた方が面白かったかもと思った。
    −◆−

    事故調査委員・戸倉(市川由衣)と野津田(堀井新太)、郁美(高橋メアリージュン)と若林の恋愛模様も巧く事件と絡んでおり、納得のいく結末となった。

    野津田こそ、”ワトソン役”として成立しており、月9『シャーロック』の若宮(岩田剛典)よりキャラが立っているように感じた。
    −◆−

    真奈子(松雪泰子)の推理プロセスがキチンとしている点で、月9『シャーロック』において、主人公・獅子雄(ディーン・フジオカ)がバイオリンを弾いているだけで事件の真相が分かっちゃう段取りとは大違い。
    『ミス・ジコチョー』の方がミステリとしての体裁が整っているように感じます。
    (毎回同じような感想になっちゃってる)
    −◆−

    以上、「恋愛の失敗学」がテーマとなった『ミス・ジコチョー〜天才・天ノ教授の調査ファイル〜』第6話でした。



    スポンサーサイト

    • 2020.07.15 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten