『モトカレマニア』第4話◆第一章完結??

0
    『モトカレマニア』第4話

    ユリカ(新木優子)がマコチ(高良健吾)との関係に悩む一方で、マコチも自身の行動について‘脳内会議’を展開。ひろ美(よしこ)に相談したユリカは、奮起して仕事に出掛ける。山下(浜野謙太)は好意を向けてくる同僚・千鶴(趣里)に向き合うが、その意外な反応に動揺。さらに、元恋人・むぎ(田中みな実)が東京にいると知る。その頃、さくら(山口紗弥加)は過去の恋を振り返っていた。
    今回は、ユリカ(新木優子)のエピソードと並行して、さくら(山口紗弥加)、千鶴(趣里)、むぎ(田中みな実)たちの話しが挿入されたせいか、話しが前に進まなかった印象で、小生の脳内では登場人物が渋滞してグダグダな感じになっちゃった。

    そもそも、マコチ(高良健吾)とさくら(山口紗弥加)が同居してるなんて設定に無理がある気がするし・・・。
    −◆−

    今回で「第一章完結」ってことなんだけど、どこが完結なんだろうか??

    そんな完結した部分は見当たらない気がしたけど、小生が何か見逃しているんだろうか?
    「チロリアン不動産」に正式採用されたから、これが一段落ってことなのかぁ??
    どうしても「第一章完結」というフレーズが腑に落ちないわ。
    −◆−

    前回の感想でも申し上げたが、番組公式HPの概要欄に書かれている「恋愛で誰しもが感じる“あるある”をコミカルに描く“ざわざわ”ラブコメディー」っていう雰囲気が皆無で、マコチ(高良健吾)の脳内会議や、安藤(小手伸也)たちが光る洋服で踊りながらユリカを祝うシーンなんかも全然可笑しくなかった・・・。

    コミカルじゃない上に、「恋愛で誰しもが感じる“あるある”」も見えてこないし、千鶴(趣里)あたりの動きを見ていても、心が“ざわざわ”することもないし・・・。
    −◆−

    毎回書いている”ヒロインの魅力不足”については、今回も相変わらずだった。
    もしも『逃げ恥』を新木優子と高良健吾のコンビでドラマ化していたら、ガッキー&星野源によるものほどヒットしただろうか??

    新木優子って、目元の魅力に欠ける気がして仕方ない。

    とにかく、成り行きで『モトカレマニア』を観察し続けているけど、限界が近づいてきた気分であります。
    −◆−

    第4話の平均視聴率は3.0%
    衝撃的な低視聴率。
    ボクシングの中継が延長になって30分遅れの開始だったけど、それにしても酷い数字。
    打ち切りラインを超えちゃったかも・・・。

    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




    スポンサーサイト

    • 2020.02.22 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten