『モトカレマニア』第3話◆打ち切りライン…

0
    『モトカレマニア』第3話

    ユリカ(新木優子)の配ったチラシを見た物件購入希望者が現れる。ユリカは先輩であるマコチ(高良健吾)から今後の流れを教わることになり、アルバイト先で出会った当時を思い出す。一方、マコチと暮らすさくら(山口紗弥加)は、彼のユリカへの思いを聞く。そんな中、購入を迷う客への対策を考えるユリカは、マコチや安藤(小手伸也)に背中を押され、自分に何ができるか考える。
    番組公式HPの概要欄には「恋愛で誰しもが感じる“あるある”をコミカルに描く“ざわざわ”ラブコメディー」だと書かれているけど、小生はクスッと笑えるような可笑しいシーンが思いつかない。

    例えば、ユリカ(新木優子)とマコチ(高良健吾)の”コスプレ分身”のシーンも全然可笑しくない。
    −◆−

    「チロリアン不動産」における”お仕事ドラマ”としての可笑しさも薄い。
    同じ不動産屋を舞台にした『家売るオンナ』なんかと比べると、明らかに見劣りがする。
    −◆−

    可笑しくない上に、恋愛要素についてもキュンとこないから致命的。
    ユリカがマコチに「好き」と言っちゃって互いに困惑する場面や、二人が「キス」したシーンでさえ、感情が刺激されることは無かった。

    マコチと暮らすさくら(山口紗弥加)の存在も中途半端で、恋愛模様を浮き立たせるほどの要素になっていないし、他の出演者もキャラが立っていない。
    −◆−

    毎回書いている”ヒロインの魅力不足”については、相変わらずだった。
    新木優子って、目の表情がイマイチで、輝くような魅力を感じない。
    ドラマで主演するには、もう一皮むけないと厳しいような印象を受ける。

    高良健吾も、ラブコメには合わないんじゃないかなぁと今回も思った。
    −◆−

    第3話の平均視聴率は4.1%。
    もはや打ち切りラインである。


    スポンサーサイト

    • 2019.11.19 Tuesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten