『シャーロック』第3話◆ダイイングメッセージが…

0
    『シャーロック』第3話

    東京・渋谷の空き家で身元不明の老人の遺体が見つかった。獅子雄(ディーン・フジオカ)と若宮(岩田剛典)は江藤(佐々木蔵之介)から、そこが5年前の「地面師詐欺事件」の舞台で、事件後、詐欺被害に遭った建設会社の社長が自殺をした家だと聞く。獅子雄は遺体の手の部分にある3本の木の枝に気付く。やがて遺体が地面師事件の犯人の1人と判明。そこへ捜査二課の利枝子が現れる。
    3本の木の枝の意味するものはモールス信号だった・・・。
    あれではダイイングメッセージが弱い気がした。
    謎解きの醍醐味が薄すぎる。
    −◆−

    前回、ゲストが”菅野美穂”である時点で、ある程度結末は想像がつくようなエピソードだったけど、今回もやはり”伊藤歩”が出てきた時点で、ただの登場人物だとは思えなかった。

    コロンボみたいに、最初に犯人が分かっていて、それを主人公が追い込んでいくならこういう配役でも有りだと思うけど、『シャーロック』といえば謎解きが売りの筈だから、なんか興醒めしちゃう。
    −◆−

    ワトソン=若宮(岩田剛典)の存在感が薄すぎるような・・・。
    ホームズ=獅子雄(ディーン・フジオカ)による謎解きもなんだか物足りない感じがするし・・・。
    総じて、ドラマ終了時に後味が希薄というか、内容が心に残らない。
    前作『監察医 朝顔』は、余韻を残すような造りだっただけに、余計に『シャーロック』の出来映えが物足りなく感じられる・・・。


    スポンサーサイト

    • 2020.02.22 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten