『監察医 朝顔』最終話◆良心的な作品でした。

0
    『監察医 朝顔』最終話

    主人公★★★★★
    脇役陣★★★★★
    脚本★★★★★
    演出★★★★★
    セット★★★★★

    『監察医 朝顔』最終話を観た。
    朝顔(上野樹里)が無事に母の実家に戻ることが出来て、震災のトラウマを克服できたのかな・・・。
    大規模土砂災害が人災だったことも朝顔の気づきから解決に繋がった。

    上野樹里や時任三郎の抑え気味の演技がとても良かった。
    奇をてらった派手な演出は無く、極めて静かなトーンですすんだストーリー展開が心地よかった。
    演出と脚本、配役の勝利だと思う。
    −◆−

    朝顔が住まう家のセットからは生活感が漂い、リアリティが感じられた。
    これが、オシャレでトレンディなマンションだったら、こんな良い感じのドラマにはならない。

    全般に良心的な造りだった『監察医 朝顔』は、10話通算で視聴率が12.47%・・・。
    納得の数字であります。


    スポンサーサイト

    • 2020.05.27 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << May 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten