海外ドラマ『ARROW(season6)第3話』感想

0
    備忘録。
    録画してため込んでおいた海外ドラマのうち、本日鑑賞したのは下記の通りであります。(ネタバレ注意)

    「ARROW(season6)」第3話★★★★
    ウィリアムのためにスーツを脱ぐと決めたオリバーに代わり、グリーンアローのスーツを着たジョンがファウストを追う。そして見事な連携で爆弾魔のファウストを捕まえる。次の日、FBIのワトソン捜査官が市庁舎に現れ、代役を立ててアリバイ作りをしても無駄だと告げ、オリバーは正義の・・・
    ファウストを捕まえたディグルとチームの面々。
    格好はアローだが、一本も弓を放っていないディグル・・・。
    ディグルの手の不調を知るライラは心配するが、彼は心配不要である旨を告げる。

    で、ワトソン捜査官はオリバーにアリバイがあっても無駄だとして敵意を隠さない。
    実に鬱陶しい捜査官である。
    −◆−

    ある日、オニキスが率いる一団が、コード産業が製造していた新しい神経ガスGXの輸送情報を盗む。
    チーム・アローはガスの強奪を阻止しようとするが、閃光弾にやられてガスを奪われてしまい、フリーズして判断力を喪失していたディグルは、ワイルドドッグから激しく非難されてすっかり自信を失ってしまう。

    そのワイルドドッグはオリバーに「戻ってきてくれ」と懇願する有様・・・。
    −◆−

    落ち込んでいるディグルを励ますオリバー。
    「今度は君が自分を信じる番だ。」
    −◆−

    オニキスたちを発見したチームはホテルに突入。
    オニキスは混乱の中、ガスを放出。
    キャナリー達にガスの処理を命じたディグルはオニキスを追う。

    オニキスを倒したディグルは「私はグリーン・アローだ。」
    −◆−

    勝利を祝うアローのチーム。
    フェリシティとカーティスからボウガンを受け取ったディグル。
    これで矢を放てるようになるわ。

    だがディグルは密かに腕に謎の薬をうっていた・・・。
    なんかヤバイ雰囲気・・・。
    −◆−

    以上、今回も面白かった。
    シングルファーザーで市長のオリバーは直接的には事件に関わらないので、なんか物足りない気分もあるが、全体的には善が悪を倒したのでメデタシメデタシかな?

    ディグルが大丈夫なのかが気がかりだ。

    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ


    スポンサーサイト

    • 2019.04.19 Friday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << April 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten