海外ドラマ『フォーリングスカイズ(ファイナルシーズン)第7話』感想

0
    備忘録。
    録画してため込んでおいた海外ドラマのうち、本日鑑賞したのは下記の通りであります。(ネタバレ注意)

    「フォーリングスカイズ(ファイナルシーズン)」第7話★★★
    トムがノーフォーク基地を偵察したところ、兵士たちを発見。その指揮官は、かつてのウィーヴァーの部下、ケイティ・マーシャル大尉と分かる。トムは今後の計画をケイティに話すが、ケイティは敵と下手に戦うのではなく生き残ることを優先すると言う。彼女はエスフェニよりも、エスフェニに加担している人間の協力者を追うことに執着していた。
    トム達がエスフェニの影響下にあるとして拘束し、軍法会議にかけるというケイティ。
    そして開廷された軍法会議で判事を務めたケイティは、トム親子に死刑を宣告。
    ケイティ、むかつくキャラである。

    大雑把に言って、今回は上記のことだけに集約される回だった。
    結局、エイリアンとの戦いはほぼ描かれず、人間と人間の争いばかり・・・。
    制作陣は、それを描きたいのかもしれないが、小生はエイリアンとの戦いにフォーカスさせてほしい。

    最終回が近づいているのに、こんな有様で、キチンとした結末になるのか、いささか不安である。

    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



    JUGEMテーマ:海外ドラマ




    スポンサーサイト

    • 2019.03.04 Monday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << March 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten