海外ドラマ『クリミナルマインド(season10)第5話』感想

0
    備忘録。
    録画してため込んでおいた海外ドラマのうち、昨日鑑賞したのは下記の通りであります。

    「クリミナルマインド(season10)」第5話★★★
    ハロウィーン前日、サンディエゴのカボチャ市でガイコツの仮装をした少年が衰弱しきった姿で発見される。それは前年のハロウィーンの夜に姿を消したジョシュアだった。その前年にはロサンゼルスで同様の事件が起きていたが、小児性愛者のターナーが犯行を自供し、既に服役中だ。となると今回の事件は模倣犯か、はたまたターナーの共犯者によるものなのか……。
    ターナーは犯人では無かった。

    真犯人は、子供だった頃に父親から暴力を受け、トランクに閉じ込められたことでトラウマを負った男だった・・・。

    綿密にプロファイルを重ねて、ガルシアのIT能力を駆使して犯人にたどり着く手法はいつも通りで新味は感じられない。
    大いなるマンネリだ。

    ただし、ホッチをはじめとする登場人物への愛着があるから見続けられる。
    とりあえず、ホッチもモーガンもまだ居るのだ。


    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



    JUGEMテーマ:海外ドラマ




    スポンサーサイト

    • 2018.12.14 Friday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten