「グッド・ドクター」第2話感想

0
    「グッド・ドクター」第2話

    学校で破水した高校生の唯菜(山田杏奈)が緊急出産。700グラム強の新生児は腸のほとんどが壊死(えし)状態だ。小児外科長・間宮(戸次重幸)は病院のガイドラインに従い、術中死のリスクを避けて保存治療での回復を待つことに。ところが、湊(山崎賢人)が唯菜に高山(藤木直人)なら助けられると伝え、周囲を慌てさせる。夏美(上野樹里)の忠告も、助けたい一心の湊には通じない。そんな中、唯菜の母・真紀(黒沢あすか)がやって来る。
    今回も満足できる出来映えだった。

    ただのイケメンだと思っていた山崎賢人だが、本作では「自閉症スペクトラム障害」で「サヴァン症候群」の湊というキャラクターを巧く演じている。
    当たり役だ。
    −◆−

    生まれてきた未熟児を手術で助けられると考えるピュアな湊(山崎賢人)と、病院のガイドラインに沿って保存療法をとるとする小児外科長・間宮(戸次重幸)の対立が、湊のコミュニケーション能力が欠如していることと相まって、ちりちりする展開・・・。

    「コウノドリ」を思わせるストーリーに、湊の個性が加わってドラマを面白くしている。

    手術同意書に、なかなかサインしない母親にも良い意味でイライラさせられた。

    で、高山(藤木直人)が手術を決意し赤ちゃんが助かった。
    しかし、唯菜の母親が出した条件は、赤ちゃんを里子に出すことだった・・・。

    母親の存在も、ドラマのスパイスとして効いていた。
    このドラマ、なかなか面白い。


    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
    にほんブログ村新ドラマQ



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




    スポンサーサイト

    • 2018.12.12 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten