シンガポールで麻薬密輸の豪人に死刑執行・・・

0
    Sankei Web 国際  (12/02 11:08)
    麻薬密輸の豪人に死刑執行 シンガポール、中止要請拒否  シンガポール政府は2日、麻薬密輸の罪で死刑判決を受けたベトナム系オーストラリア人の男の刑を執行した。死刑制度のないオーストラリアは執行中止を要請していたが、麻薬に厳格な姿勢を取るシンガポール政府は拒否した。(略)男はグエン・トゥオン・バン死刑囚(25)。カンボジアからヘロイン約400グラムを密輸しようとして、2002年末にシンガポール国際空港で逮捕され、04年3月に死刑判決を受けていた。 シンガポールは1991年以降、麻薬密輸犯を中心に400人以上を処刑。国際人権団体アムネスティ・インターナショナルによると、同国は人口に占める死刑執行の割合が世界で最も高いという。(略)
     観光で行く分には穏やかな良い国ですが、犯罪者には手厳しい。

     宗教観が法律にも反映しているのでしょうか。
     ゴミのポイ捨てにも厳しい国だから、麻薬密輸は重罪なのでしょうね。

     シンガポール固有の文化や宗教、道徳心を他国は尊重すべきなのでしょうが、死刑は重すぎる気が致します。

     小生は、国家に人の命を断つ権利(権力)を持たせることには賛成しかねます。
     犯罪被害者が、犯人の死を望む心情を抱くことは理解できますし、我が子が犯罪に巻き込まれでもしたら小生自身も、同じ気持ちを持つことになるのでしょう。

     それでも、国家というものに100%の信頼をもって「死を下す」権利を与えるのは怖い気がします。
     人権という側面より、国家権力が誤謬を犯さないかという側面から危惧であります。

     天の邪鬼な考え方で、自分でもうまく気持ちが整理できないのですが・・・・。



    トイザらス・オンラインショッピング




    スポンサーサイト

    • 2018.02.18 Sunday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      シンガポール外務省は1日、ヘロイン密輸の罪で死刑判決を受けたベトナム系オーストラリア人、グエン・トゥオン・バン死刑囚に対し、2日の刑執行前に母親らと直接、面会するのを認めると発表した。これはオーストラリア首相ジョン・ハワードの個人的な嘆願から、シンガ
      • しゃべるマーライオン
      • 2005/12/03 1:19 AM

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728   
      << February 2018 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten