『スター・トレック BEYOND』★★★

0
    スター・トレック BEYOND

    トレッキーを自認する小生は、2016年10月24日月曜日に一人で鑑賞。
    料金は何故かシネマイレージ適用で1100円。

    客入りは2割程度かな・・・。
    吹き替え版が上映されないことなどから、マイナー臭が漂っており、寂しい気分。
    −◆−

    中国のアリババ・ピクチャーズが絡んでる!!
    なんか、不安やわぁ・・・・。
    −◆−

    5年間の調査航宙も3年を経て、本作のカーク(クリス・パイン)は、前2作に比べると大人しくなったような・・・。

    で、そのカークが過去に起こったズィンディとの戦争に言及。
    これは、スタートレック放映50年の歴史の中で初めての出来事だから印象的でした。

    あ、キャロル・マーカスはどこに行ったの?
    −◆−

    スポック大使(レナード・ニモイ)の死去がスポック(ザカリー・クイント)に伝えられ、遺品の中にカーク(クリス・パイン)たちTOSのレギュラー陣の集合写真が入っていた。
    これもパラレルワールドであることを滲ませる出来事でした。

    この場面、レナード・ニモイ逝去を思い出して目頭が熱くなりました。
    −◆−

    映画全般の感想としては、前2作に比べると物足りなさを感じました。
    敵役の敵クラール(イドリス・エルバ)もキャラが立っていなかった。
    前作のカンバーバッチはヨカッタのになぁ・・・。

    また、スピード感やアクション優先で、スタートレックらしさが若干希薄だった。
    トレッキー以外の一般客を取り込みたいからかな?

    ま、とりあえずはスタートレックが承継されて続くことが大事なので、次回作に期待。
    そして、新テレビシリーズである『スター・トレック / ディスカバリー』を早く見たい!!

    ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



    JUGEMテーマ:映画




    スポンサーサイト

    • 2020.02.27 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten