「あさが来た」第130回★今日も葬儀

0
    連続テレビ小説「あさが来た」
    第130回
    (3月3日)


    和歌山で眉山家の菊(萬田久子)が亡くなる。はつ(宮崎あおい)の長男、藍之助(森下大地)は帰省する。家族の前で次男の養之助(西畑大吾)は、自分の思いを告白する。すると、はつや惣兵衛(柄本佑)たちは…。そして今度は、あさ(波瑠)とはつの母、梨江の体調が優れないという。東京の今井家に向かうあさとはつ。あさとはつは、母を見舞う。そして…。父、忠興(升毅)は、新次郎(玉木宏)とはつにある話をすると…。
    <程なくして、梨江は、
    久しぶりにそろった姉妹の顔を見て、安心したかのように家族に見守られながら、亡くなりました。>

    さすがに二日連続で葬儀を見せられるとは思っていなかった・・・・。

    微妙に堪えるなぁ。
    −◆−

    体調を崩して葬儀にも参列できなかった父・忠興(升毅)が新次郎とはつに「確かにわしは、幕末の乱世乗り越え、人からは大勝ちや言われてきた。せやけど…2つだけ、最初の最初から読み違えて、失敗した事があったのや。それは、御一新での山王寺屋さんの事と、あさの事です。」

    次回へ続く・・・・。

    山王寺屋さんに手を差しのべなかった時のことを悔いてるのかな・・・。
    あと、あさのことで何を悔いてるのだろうか・・・。

    以上、『あさが来た』第130話は、葬儀でのあさたちの白装束が印象に残りました。



    ◇◆◇ あさが来た感想 ◇◆◇
    #129 #128 #127 #126 #125 #124 #123



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2018.02.18 Sunday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式) 第22週『自慢の娘』『第130回』の感想。 なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。 また、本記事では「宮崎あおい」さんの「さき」は本来の「立つ崎」が機種依存文字のため「崎」に統一してい
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2016/03/03 8:16 PM
      和歌山で眉山家の菊(萬田久子)が亡くなる。はつ(宮崎あおい)の長男、藍之助(森下大地)は帰省する。家族の前で次男の養之助(西畑大吾)は、自分の思いを告白する。すると、はつや惣兵衛(柄本佑)たちは…。そして今度は、あさ(波瑠)とはつの母、梨江の体調が優
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2016/03/03 7:58 PM

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728   
      << February 2018 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten