「あさが来た」第122回★デリケシイと言霊

0
    連続テレビ小説「あさが来た」
    第122回
    (2月23日)


    亀助(三宅弘城)が心配してあさの病室に見舞いに来る。加野銀行で働く平十郎(辻本茂雄)たちは、あさ(波瑠)の回復を知ってみんな大喜び。看病している千代(小芝風花)にあさは、感謝を伝え、そして話をしているとけんかが始まってしまう。千代が病室を飛び出すと、啓介(工藤阿須加)という東京から来た青年と出会う。すると…。あさのことを心配したはつ(宮崎あおい)と惣兵衛(柄本佑)が和歌山からやって来る。
    ベッドのあさ「あんた今学校どないしてますの?」

    千代「そら休んでますわ。」

    あさ「休んでるて? はぁ…うちなんかのために長い事休ましてしもて。ほんまもったいない事してしまいましたなぁ。はぁ〜あ、堪忍やで。せやけど、もう大丈夫だっせ。先生も、命の心配あらへんて言うてくれはりましたさかい。あんたももうぼちぼち京都帰って…。」

    間髪入れずに千代が「あ〜っ! もう、うるさいなぁ!」

    あさ「えっ、うるさい?」

    千代「お母ちゃんて、前々から思てましたんやけど、何やどっか、デリケシイに欠けてますな。」

    出た、横文字!!

    あさ「デリケシ? 何だすの? それ。」

    千代「デリケシイいうのは、こう、繊細な心いうか、細やかな心配りいうか…まあ、それが欠けてるいうのは、野暮なお人やいう事だす。」

    あさ「野暮?」

    千代「そうだす。お母ちゃんなんか、ちょっと刺されたぐらいが、ちょうどええんだす。」

    意地を張って言い過ぎる千代もデリケシイが欠けてる気がするなぁ。
        
    あさ「はぁ? あんた今、ちょっと刺されたぐらいがええ言うた?」
        
    千代「へぇ。お母ちゃんはものすごう無神経で無鉄砲なんやさかい、ちょっとぐらいは痛い目に遭うて、弱るぐらいがちょうどええのや、言うたんだす。」
        
    あさ「なんて事を! あんたな、この…この傷が今、どない痛いかて! もう…。あんなぁ、この世には、言霊いうのがあってな、口から声に出した言葉は、ほんまの事になったりしますのやで。悪い事言うたら悪い事が起こったり。ええ事言うたらええ事が起こったりしますのや。そやのにあんたもう…ちょっと痛い目やなんて言うて。」

    千代「な…何だすの、それ! 何が起きても、全部お母ちゃんの自業自得だすやろ!?」

    そこまで言うか・・・。
        
    あさ「そうだすな。冗談や。分かってます。何があっても、こら全部お母ちゃんのせぇだすな。デリケシイなぁ…。せやなぁ、もっと、やらかい心持って、笑て生きていかな、あきまへんなぁ。」
    −◆−

    千代が病室を出て行った後、あさがうめに「はぁ〜あ、もう…。娘にデリケシイやら、野暮やら言われたらもう気落ちしてしまいますがな。」とこぼします。
        
    うめ「ほんまだすか。ちょっと気落ちして、じっとしてるぐらいのほうが、今のおあさ様にはちょうどええのと違いますか?」
        
    あさ「もう、うめまでそないな事言うて。」

    うめ「あ〜あ、見してあげたいなぁ。お千代様が、どないな顔しておあさ様の事心配してはったか。『親の心子知らず』とはいいますけど、子の心もどうして、親知らずなとこがありますのやな。」

    友近は好きな芸人ではないけど、良い味出してるわ。
    −◆−

    病院で啓介(工藤阿須加)と出会った千代は、リンゴを剥く包丁を見てびびり、花瓶を落としちゃいました。

    事件のトラウマで、包丁に恐怖心を感じるようになったのね。
    −◆−

    新次郎「わて、守ったられへんかった。ひょっとしたらわてのせえかも分かれへんいうのに。ほんま情けないわ。」

    亀助「何を言いはりますねや。道端で後ろから刺されたんだす。そないな事から誰が守れますのや」
    −◆−

    以上、『あさが来た』第122話のピックアップであります。

    小芝風花を小生は苦手にしてるんだけど、なかなか頑張ってるように感じます。


    ◇◆◇ あさが来た感想 ◇◆◇
    #121 #120 #119 #118 #117 #116 #115



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2018.05.22 Tuesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      亀助さん帰還は銀行内でのアレコレに繋げてなるべく自然にビジネスドラマを挟むため?あさが入院生活を続ける間は、どうしてもホームドラマ面がメインになってしまうだろうからな&he...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2016/02/24 11:11 AM
      亀助さん帰還は 銀行内でのアレコレに繋げて なるべく自然にビジネスドラマを挟むため? あさが入院生活を続ける間は、どうしても ホームドラマ面がメインになってしまうだろうからな …ひじゅにですが何か? 「大番頭や中番頭いうてた頃が懐かしなあ」
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2016/02/24 11:11 AM
      亀助(三宅弘城)が心配してあさの病室に見舞いに来る。加野銀行で働く平十郎(辻本茂雄)たちは、あさ(波瑠)の回復を知ってみんな大喜び。看病している千代(小芝風花)にあさは、感謝を伝え、そして話をしているとけんかが始まってしまう。千代が病室を飛び出すと、
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2016/02/23 9:29 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式) 第21週『夢見る人』『第122回』の感想。 なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。 また、本記事では「宮崎あおい」さんの「さき」は本来の「立つ崎」が機種依存文字のため「崎」に統一してい
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2016/02/23 9:10 PM

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << May 2018 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten