「あさが来た」第116回★およそ15億円以上の価値

0
    連続テレビ小説「あさが来た」
    第116回
    (2月16日)


    新次郎(玉木宏)が美和(野々すみ花)のレストランに行くと、そこに成澤(瀬戸康史)がいた。そして成澤は、あさ(波瑠)の前で日本で初めてとなる女子の大学校設立について熱弁をふるう。興味を持ったあさは成澤に資金を融資しようとするが、平十郎(辻本茂雄)は強く反対する。すると、成澤は、お金は借りたくないという。その理由とは…。一方、和歌山のはつ(宮崎あおい)のもとに藍之助(森下大地)から手紙が届く。
    成澤「白岡さん、感激しております。ご主人から伺いました。私の書いたものを懇切にお読み下さったとは。」
        
    あさ「いいや、感激したのはうちだす。先生がお書きになりはりました、おなごの教育についてのお考えには、びっくりぽんだす。世界の女子教育の現状と、我が国の後れ…。先生のご見識には、目をみはるものがございました。」

    成澤「やぁ、分かって下さる方が一人でもいる事は、ありがたい事です。しかもその一人が、白岡あささん、あなただなんて。私は一気に100人の味方を得たような心持ちです。」

    しかし、大学校設立に向けて現実的なプランを持たない成澤(瀬戸康史)。

    賛同者もあさを入れて11人しか居ない有様。

    あさ「考えはほんまに素晴らしい!先生は、やっかい者どころか、ファースト・ペンギン。いの一番のペンギンに、なる事のできる志と頭脳を持ったお方だす。そやけど今のあんさんは、海に飛び込む前にツルッと滑ってフカにパクッと食べられてしまう。そないな気がしてしょうがあれへんのだす。ほんまにもったいないことだす。」

    あさはいつものように率直ですねぇ。

    あさ「うちにあんさんを手伝わしとくなはれ。うちは先生と一つ心で、実際に役に立つ事したいんだす。」

    驚く成澤。

    あさ「具体的な話をしまひょ。一番役に立つ事は何や思て、精一杯考えてみました。」

    成澤「何でしょう!?」

    あさ「お金だす。大学校作るいうたら、当然お金がかかります。先生。大学を建てる資金の工面はついてはりますのか?」
        
    目算の立っていない成澤に融資を持ち出すあさ。
    「あんさんに担保はのうても、これだけおなごの大学校という目的がはっきりしてたら、銀行がお金を…。」

    平十郎(辻本茂雄)は強く反対。

    成澤「私は金が借りたい訳ではありません。借金は一文もしたくないのです。」

    あさ「は…? 先生は、お金がぎょうさん必要やいうのは分かったはるのに。お金借りたないて…こら、何でだす?」
        
    成澤「一度お金を借りてしまったら、途端に私はお金を返すために大学を経営しなくてはならなくなる。私は実業家でも経営者でもない。あくまで教育者でありたいのです。」

    あさ「とことん甘いお方だすなぁ。そやけどこれ、ほんまにやろ思たら、えらいお金のかかりそうな事だっせ。」
        
    あさコンピュータが即座に見積り…
    「うん…30万ぐらいだすやろか。」

    <この当時の30万は、今の時代で言うところの、およそ15億円以上の価値にあたります。>

    成澤、昏倒・・・・。
    −◆−

    あさ「誰からもお金借りたないやなんて。一体どないするおつもりやったんだすか?」

    成澤「西洋では、多くの学校が寄付によって成り立っています。建学の精神に賛同してもらい、その方々から寄付を集めるのです。」

    ガンバの新スタジアムみたいな感じかな・・・。

    成澤「ですから、これからできるだけその賛同者を増やして、その寄付の額に見合った学校を作れればと。」

    あさ「あんさんのそれほどまでに大きな望みが、その見合う額で作った学校で、ほんまにかないますのか? あんさんはようも悪うも銭勘定がでけへんお方だす。志が高いのは立派だすけど、地に足ついてへんかったら、何事も机上の空論。今のあんさんやったら、たとえ3万かて集めるのは難し思います。
    −◆−

    あさ「まずはこれだけ、うちから先生に寄付さしてもらいます。」
        
    成澤「は!? こ、これ…!」

    あさ「このお金は加野屋の商いとは一切関わりのあれへん、うちのお金だす。これを、先生の当面の運動資金に充てとくなはれ。ほんなら早速、始めまひょか。」
    −◆−

    <そのころ、和歌山では…>
        
    藍之助から手紙が届きました。

    <胸をなで下ろす、はつでした。>
    −◆−

    以上、『あさが来た』第116話。

    瀬戸康史が演じる成澤の憎めないキャラクターが、だんだん気に入ってきました。
    巧く奇人を演じていると思います。


    ◇◆◇ あさが来た感想 ◇◆◇
    #115 #114 #111 #109 #107 #106 #105



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.07.04 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      鳴澤さんが歌っていた歌 →『O Lord! Correct Me』(Youtubeに飛びます) 「(日本女子大学)創立者・成瀬仁蔵の愛唱歌として 長らく歌い継がれてきた歌です」 だそうです …ひじゅにですが何か? 「また英語喋るアヤシイ男かいな」by新次郎 あ
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2016/02/17 1:58 PM
      鳴澤さんが歌っていた歌→『OLord!CorrectMe』(Youtubeに飛びます)「(日本女子大学)創立者・成瀬仁蔵の愛唱歌として長らく歌い継がれてきた歌です」だそうです…ひじゅにですが何...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2016/02/17 1:57 PM
      新次郎(玉木宏)が美和(野々すみ花)のレストランに行くと、そこに成澤(瀬戸康史)がいた。そして成澤は、あさ(波瑠)の前で日本で初めてとなる女子の大学校設立について熱弁をふるう。興味を持ったあさは成澤に資金を融資しようとするが、平十郎(辻本茂雄)は強く
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2016/02/16 9:13 PM
       さて、昨日の回で自分が九州に行っている間に成澤某を探すよう頼まれゴネていた新次郎はん(玉木宏)でしたが、視聴者の皆さまの想定通り探しに行くことに。 そしていつもの新 ...
      • トリ猫家族
      • 2016/02/16 4:10 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式) 第20週『今、話したい事』『第116回』の感想。 なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。 また、本記事では「宮崎あおい」さんの「さき」は本来の「立つ崎」が機種依存文字のため「崎」に統一
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2016/02/16 3:16 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten