「あさが来た」第114回★成澤(瀬戸康史)の教育論

0
    連続テレビ小説「あさが来た」
    第114回
    (2月13日)


    あさ(波瑠)を訪ねて来た成澤(瀬戸康史)は、女性を雇っているあさのことをたたえ、女性教育の大切さを切々と語る。するとあさは…。娘の千代(小芝風花)の様子を見るために新次郎(玉木宏)は、京都の女学校を訪ねていた。悩む千代に新次郎は…。改めてあさを訪ねて来た成澤は、自分の大きな夢を語る。それは、女子の大学校をつくるというものだった。成澤が書いた教育論をあさに渡すと…。
    新次郎が千代に「わて前にも言うたけどあんたのお母ちゃんの事尊敬してます。まあ尊敬いうか近頃の言葉で言うたら愛情やな。」

    千代「嫌や…仕事辞めて京都にのろけに来たんだすか?」

    新次郎「けどまあわていっつもそないな目ぇであさの事見てきましたのやさかいしょうがあれへんがな。そやけどなぁ誰もがあさみたいなおなごになるのがええてそない思てる訳やあれへんのやで。あんたのお母ちゃんかてそうなんやで。
    お母ちゃんかてお姉さんのおはつさんみたいな道に憧れてるとこもありますのや。そやけど自分にはこの道しかあれへん思て前向いて歩いてます。」

    千代「お母ちゃんが…?」

    新次郎「せや。千代に店で働いてもらいたいそない言いながらもお母ちゃんも迷てますのや。」

    千代「あのお母ちゃんが迷う事なんかありますのやろか?あの人は殿方以上に強いお方だすさかい。」

    新次郎「そらありますがな。お父ちゃんの目ぇから見たらなお母ちゃんかてそない強いおなごやあれへんのやで。」

    千代は新次郎の言葉で、少しは母親を理解できたんだろうか・・・・。
    −◆−

    成澤(瀬戸康史)が再びあさのもとを訪れました。
    「女子の教育に関心はおありですか!私は長年女学校で教べんをとりまたアメリカでは女子の教育について学んでまいりました。日本でも御一新以降ようやく女性の地位向上が考えられ明治3年横浜のヘボン施療所で女子教育が始まり翌年には5人の女子が初めてアメリカに留学。そして東京に女学校が開校し京都では新英学校女紅場が開設され明治8年には官立の女子師範学校が開校。しかしここに来てまだ女子にだけ開かれていないものがあります。」

    あさ「開かれてないもの?」

    成澤「私は日本で初の女子の大学校を作ろうと思っとります!是非ともあなたにその設立にご賛同頂きたい。」

    しかし、つれないそぶりのあさ。

    成澤は自ら書き綴った教育論を渡します。
    「新しい女子教育に理解を示してくれる方は日本広しといえどあなた以外にありますまい!私が書いた教育論です。」
    −◆−

    その夜。新次郎が帰宅すると、あさが泣いております。
    「何べん読んでも涙が止まりまへんのや。この世にこないすばらしい事考えてはった人がいてはったやなんて…。ああびっくりぽんや!」

    成澤の教育論に心打たれた様子・・・・。

    <この原稿との出会いがあさを新たな舞台へと導く事になるのです>
    −◆−

    以上、『あさが来た』第114話。

    瀬戸康史くん、キャラが立っていて面白い存在になりそうです。




    ◇◆◇ あさが来た感想 ◇◆◇
    #111 #109 #107 #106 #105 #103 #101



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.08.07 Friday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
       さても身軽な新次郎はん(玉木宏)、巾着ひとつでふら〜っと京都の娘のところに行ったようだす。 そこで友達と楽しそうに過ごしている千代(小芝風花)を見てホンマに嬉しそう ...
      • トリ猫家族
      • 2016/02/13 5:29 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式) 第19週『みかんの季節』『第114回』の感想。 なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。 ※ベタボメ感想だけを読みたい人は、ブラウザバック(=ブラウザ上で前のページへと戻る)をするのが良
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2016/02/13 3:09 PM
      あさ(波瑠)を訪ねて来た成澤(瀬戸康史)は、女性を雇っているあさのことをたたえ、女性教育の大切さを切々と語る。するとあさは…。娘の千代(小芝風花)の様子を見るために新次郎(玉木宏)は、京都の女学校を訪ねていた。悩む千代に新次郎は…。改めてあさを訪ねて
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2016/02/13 2:56 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten