「あさが来た」第85回★何でだす?

0
    連続テレビ小説「あさが来た」
    第85回
    (1月11日)


    榮三郎(桐山照史)の嫁、さち(柳生みゆ)は、しとやかな女性でよの(風吹ジュン)は大喜び。一方、あさ(波瑠)は懸命に働き、炭坑を軌道に乗せ、銀行づくりを進めていた。あさは、大阪経済を発展させている五代友厚(ディーン・フジオカ)を尊敬していた。そして新次郎(玉木宏)は、五代友厚(ディーン・フジオカ)と交友を深めて…。ある日、働いてばかりいるあさに娘の千代は、ある質問を投げかけるとあさは…。
    明治14年。
    <千代は数えで6歳となりました。>

    おままごとでお母さん役の千代は炭鉱へ行くと言います。
    それを見ていて呆れる新次郎。

    <このころからあさは「奥さん」。さちは「若奥さん」。よのは「大奥様」と呼ばれるようになりました>

    一方、銀行設立であさと雁助(山内圭哉)は対立しております。

    あさ「銀行作る支度始めまひょ!」

    雁助「そないな支度はやりまへん。」

    あさ「もう日本には100を超える銀行が出来てます。大阪ではうちとおんなじ両替で生き残った蓮池屋さんが銀行始めはりましたし呉服屋の瓜口さんまで…。」
    −◆−

    七夕飾りをしている千代たち。

    千代「お母ちゃんも一緒に七夕の飾り飾りまひょ。」

    あさ「やぁもう七夕かいな…。昨日お正月みたいに思えんのになぁ。」

    たしかにその通り・・・。

    「よっしゃ帰ってきたら飾りまひょ。お母ちゃんなぁ今日は五代様のとこ行ってお商売のお話せなあきまへんのや。堪忍な。」と出かけちゃうあさ。

    そんな風に仕事に精を出すあさに、なにか変だと思ってる様子の千代。
    −◆−

    <あさが出かけた大阪商業講習所は五代たちが開校した大阪のさまざまな会社の経営陣となる人材を養成するための商業の学校です>

    あさ「こないして若い商人が育っていったら大阪も安泰だすなぁ。うちも若い頃こないなとこで学ぶ事ができたらもうちょっとうまい事商いできたかも分からしまへんなぁ。せやけど何でだす?何でせっかくお商売学べるいうのに一人もおなごの生徒はいてへんのだす?」

    五代の部下・三坂は「おなごが共にいたら風紀が乱れますから。」

    あさ「アホらし」

    将来への布石が打たれました。
    −◆−

    すっかり飲み友だちになっている五代と新次郎。

    五代「新次郎さん。あの2人ももう『あささん』『美和さん』と呼び合う仲です。私ももう五代さんはやめてくれはりませんか。」

    新次郎「はぁほな何て呼んだら?」

    五代「友厚ですから…トモちゃんと。私もシンちゃんと呼びますさかい。」

    しかし五代は冗談だと笑い飛ばすのでした。

    そして五代は「そやけどシンちゃん。あささんはきっとこんなもんやない。これから大阪や日本かて変えられるお方や。私はそれを応援したい。見守りたいんです。」
    −◆−

    帰って来て、七夕飾りを造りながらも商売の話をしているあさ・・・・。

    すると千代が「何で…何でだす?何でだす?何でお母ちゃんは普通のお母ちゃんと違てるの?」

    <元何でどす娘のあさもこの千代の思わぬ「何でだす?」は突然すぎたのでした>
    −◆−

    以上、あさが来た第85話はこんな感じでした。

    少し辛気くさい感じがします。



    ◇◆◇ あさが来た感想 ◇◆◇
    #84 #83 #82 #81 #80 #79 #78



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.02.27 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      年月が経ってもヒロインは大して老けない ってのも朝ドラ“お約束” それでも年月だけは経つから それなりの描写は必要 ただナレーションで数字を示すだけで 髪型一つ変えない某前作みたいな例もあったけど まあ大抵は、それなりの工夫はしていたと思う で
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2016/01/11 9:01 PM
      年月が経ってもヒロインは大して老けないってのも朝ドラ“お約束”それでも年月だけは経つからそれなりの描写は必要ただナレーションで数字を示すだけで髪型一つ変えない某前...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2016/01/11 9:00 PM
      榮三郎(桐山照史)の嫁、さち(柳生みゆ)は、しとやかな女性でよの(風吹ジュン)は大喜び。一方、あさ(波瑠)は懸命に働き、炭坑を軌道に乗せ、銀行づくりを進めていた。あさは、大阪経済を発展させている五代友厚(ディーン・フジオカ)を尊敬していた。そして新次
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2016/01/11 3:46 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式) 第15週『大阪の大恩人』『第85回』の感想。 なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。  ※ベタボメ感想だけを読みたい人は、ブラウザバック(=ブラウザ上で前のページへと戻る)をするのが
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2016/01/11 1:56 PM
      「なぁ・・・お母ちゃん」千代(中川江奈) 「ん?どないした?千代」あさ(波瑠) 「何で・・・何でだす? 何でだす?何でお母ちゃんは普通のお母ちゃんと違てるの?」 「へ? ...
      • トリ猫家族
      • 2016/01/11 12:44 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten