「あさが来た」第77回★ふゆに縁談

0
    連続テレビ小説「あさが来た」
    第77回
    (12月25日)


    あさ(波瑠)が東京を去ろうとした日、大久保利通(柏原収史)が暗殺される。号外が飛び交う中、あさは、五代友厚(ディーン・フジオカ)を心配に思い、駆けつける。ショックを受けている五代は、酒を飲んでいた…。一方、大阪の新次郎(玉木宏)は、加野屋で働くふゆ(清原果耶)に縁談の話が来て、あることを思いつく…。ふたりきりになったあさと五代は、大久保利通のことを話していると…。
    大久保暗殺の報に接し、激しくショックを受ける五代。
    「うそだ。うそだ〜!」
    −◆−

    <日本政府の参議兼内務である大久保利通が暗殺されたという話は瞬く間に東京を駆け巡りました>
    大阪への汽車の時間が迫っていますが、あさは五代の身が心配で「五代様は…?五代様はご無事やろか?どやろか…。どないしよう。五代様の身に何かあったら…。」

    そしてあさは「堪忍うめ。確かめたらすぐに帰りますさかい。ちょっと行ってきます。うちはまだ何も五代様にご恩が返せてへんのだす!後の汽車に乗ります。うめは先に帰っといとくれやす。」と述べて五代の事務所にひとり引き返して行きます。
    −◆−

    大阪ではふゆ(清原果耶)に実家から縁談。

    以前、店を覗いていた不審な男が縁談の相手だそうな・・・。

    焦りながらも半ば諦めの境地の亀助(三宅弘城)。

    そんな亀助に新次郎が「どないや亀助。おふゆのお父ちゃんがうちに挨拶来てしまう前に、おふゆに思いだけでも伝えてみたら…?」

    亀助「思いを伝えるてせっかくこないおめでたい話が来たいうのに、そない不粋な事してどないしますのや?わ…わては!お兄ちゃんだす。おふゆが幸せやったらわてはそれでええんだす。」
    −◆−

    大久保暗殺を受けて飲んだくれている五代。

    あさ「それにちょっと飲み過ぎやございまへんか?さっきからだいぶお飲みになって。」

    五代は「これが飲まずにいられますか。これで…維新政治は終わってしもた!あの人はまだまだこの日本にとって必要な男でした。やっとこれから…これから自由にできるてこれからが勝負やて…!そう思ってただろうに…どれだけ無念やった事か!私は…友を守りきれなかった。せめて政府に入ってそばで支えていたら…!」と涙しながら悔やみます。

    あさ「五代様のせえではございまへん!うちは何も分からしまへんけど五代様という友がいてはった事が政府でずっと難しいお仕事をされてた大久保様の心の支えになってたのやなぁて。お二人を見てたらそない思いました。離れてはったからこそお互いが励みになってたのやなぁて。
    それこそが心の友なんやなぁて!あの五代様に見せてはったまっすぐで偽りのないあのお顔がほんまの大久保利通様いうお人やったんやなぁて。うち大久保様がこれからの日本のためにしてくれはりましたお話をこの先一生忘れしまへん!大久保様の言うてはったとおりこれからも五代様と共に大阪をそして日本を…!」

    すると五代は突然あさに抱きつき「許して下さい。今この時だけ…。今だけこのまま…。」とすがりつくようにして泣き続けるのでした。

    次回へ続く・・・・。
    −◆−

    以上、『あさが来た』第77話でした。

    さて、五代はどう立ち直るのか・・・。
    終電に間に合いそうにないあさは、五代をどうなぐさめるのか・・・。

    そして、ふゆの縁談はどうなるのか・・・・。



    ◇◆◇ ドラマなどテレビ感想 ◇◆◇
    ★下町ロケット 第10話(終)
    ★コウノドリ 第10話(終)

    ◇◆◇ あさが来た感想 ◇◆◇
    #76 #75 #74 #73 #72 #71 #70



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.08.07 Friday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      明治11年5月14日なんですね〜。殺しても殺されてもそんなことは無意味で、喜ぶよりも悲しむ人の方が多かったのは確かで、洗脳怖い怖い。世の中が思い通りに変わると信じて…この先もまだ戦争は終わらないのに。。。今もゼロじゃない。日本にとって必要な人…ぎょうさん
      • 美容師は見た…
      • 2015/12/26 4:13 PM
      あさ(波瑠)が東京を去ろうとした日、大久保利通(柏原収史)が暗殺される。号外が飛び交う中、あさは、五代友厚(ディーン・フジオカ)を心配に思い、駆けつける。ショックを受けている五代は、酒を飲んでいた…。一方、大阪の新次郎(玉木宏)は、加野屋で働くふゆ(
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2015/12/25 12:30 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式) 第13週『東京物語』『第77回』の感想。 なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 あさ(波瑠)が東京を去ろうとした
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2015/12/25 9:24 AM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten