「あさが来た」第68回★皮肉な巡り合わせや

0
    連続テレビ小説「あさが来た」
    第68回
    (12月15日)


    亀助(三宅弘城)は、九州の加野炭坑からサトシ(長塚圭史)が姿を消したことをあさ(波瑠)と新次郎(玉木宏)に伝える。ショックを受けるあさと新次郎。そんなときふゆ(清原果耶)が店の表で、あやしい人を見る。騒然となる加野屋。新次郎はひとり考えごとをして…。そこに九州の雁助(山内圭哉)から手紙が届く。手紙には、サトシという人物について書かれていて…。そして、新次郎はあさにある話を打ち明ける…。
    加野炭坑からサトシ(長塚圭史)が姿を消したことをあさ(波瑠)と新次郎(玉木宏)に報告する亀助(三宅弘城)。

    あさ「何でだす?何でサトシさん…。」

    さらに亀助は、炭鉱復旧には時間も費用もかかることを伝えます。

    榮三郎「そうか…。事故の後始末がついたらあの炭坑はもう売りまひょ。元戻すまで手ぇかけてたら今店にある蓄え全部切り崩したかて足りまへん!ここで手放すのが一番や思います。」

    あさ「そやけど今まであの炭坑のおかげで…。」

    「炭坑のおかげで一時店が潤うてたんは確かだす。そやけど雁助が言うてたとおり両替商が畑違いの炭坑を営むやなんて所詮無理な話やったんだす!そやからこないな事になったんやありまへんか?」
    榮三郎はロングスパンで経営判断できないタイプかも・・・・。

    首を横に振るあさは「いいや…。うちは嫌だす。うちは櫛田様にあの山を宝の山にする言うて約束して買うたんだす。それに石炭売ってお金ためへん限り加野屋は銀行にかてなられしまへん。銀行になられへんかったら時代に取り残され…。」

    あさの発言を遮った榮三郎は「お姉さん!もう銀行どころやおまへんのや。加野屋は一から出直しだす。」

    暗い部屋での対立は重苦しさを際立たせていました。
    −◆−

    <そして翌日から九州の炭坑に行った大番頭の雁助の代わりに番頭台には亀助が座るようになりました>

    緊張と緩和。
    亀助が場面を和ませます。

    そんなとき、ふゆが「表に見た事のない男の人がいててじっとこっちを見てはるんだす。何やにらみつけてるみたいに。」

    亀助たちが表に出て探しましたが姿は見えませんでした。
    きっとサトシですね・・・・。
    何を思ってやって来たんでしょう?
    −◆−

    雁助(山内圭哉)から手紙が届きました。

    <大旦那様。大旦さんの言うてはったとおりサトシという男はあの松造だした。坑夫たちからも聞き出したところ、松造は初めから加野屋がこの炭坑を買うた事を快う思てへんかったみたいで坑道に爆薬を仕掛けたのも松造の組の手下だった事が分かりました。>

    やっぱりそうだったかぁ・・・。

    <松造を取り逃がした事非常に無念であり、今すぐ山をかき分けてひっ捕まえてやりたいところではございますが、肝心の炭坑の復興に思いの外手間がかかり身の空く時もないためこの事はひとまず警察に任せておこうと思います>

    <またこの事故で一番痛い思いをしたはずの親分さんからは『どうか許してやって下さい。サトシは決して根は悪い男ではない』と何べんも言われています。>

    <こちらでまとめた修復にかかる費用と工程の見積もりと予定表を同封致しますので、若奥さんにお渡ししといとくなはれ。>

    <親分のおかみさんから若奥さんにややこを連れて炭坑に来るように伝えてほしいとの事。わてもまだこっちの水は合いまへんがどうにか店のお役に立つため性根を入れて頑張る所存です。それでは遠く北九州の地より。加野屋の繁栄を心からお祈りしております。雁助>
    −◆−

    深刻顔の新次郎。

    正吉「まさかと思うたけど…お前の言うてるとおりやったなぁ。」

    新次郎「へぇ…。」
    正吉「あの松造とこんなふうに出会うやなんてなぁ…。皮肉な巡り合わせや。」

    その夜、新次郎はあさに「今まで何も言わんと悪かったな。松造いうのはわての幼なじみだす。前にいっぺん話した事ありましたやろ?あの松造がまさか今九州にいてて炭坑で働いてるやて思いもせぇへんかった。」

    さらに新次郎は「あの時松造はわてに言うたんや。『人殺し』てな。
    「え…?」

    「あんだけ仲よかったのにな…。」

    次回へ続く・・・・。
    −◆−

    以上、『あさが来た』第68話でした。

    長引いている”サトシ問題”はどうケリが付くんでしょうか??

    さて、今夜のNHK『第15回 わが心の大阪メロディー』の司会は波瑠と友近らしい・・・。

    波瑠がMCするって、どんな感じやろか・・・・。




    ◇◆◇ あさが来た感想 ◇◆◇
    #67 #66 #65 #64 #63 #62 #61



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.06.06 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      鴈助さんの有能ぶりと 亀助さんの癒しキャラぶり あ、勿論 鴈助さんのキャラも癒してくれるし 亀助さんも今日は大活躍 …ひじゅにですが何か? 「美味しいなあ、これ」by鴈助 ↑ほらほら充分癒してくれる。 お茶をうんと濃くして…と言われ
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2015/12/16 12:31 PM
      鴈助さんの有能ぶりと亀助さんの癒しキャラぶりあ、勿論鴈助さんのキャラも癒してくれるし亀助さんも今日は大活躍…ひじゅにですが何か?「美味しいなあ、これ」by鴈助↑ほら...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2015/12/16 12:29 PM
      亀助(三宅弘城)は、九州の加野炭坑からサトシ(長塚圭史)が姿を消したことをあさ(波瑠)と新次郎(玉木宏)に伝える。ショックを受けるあさと新次郎。そんなときふゆ(清原果耶)が店の表で、あやしい人を見る。騒然となる加野屋。新次郎はひとり考えごとをして…。そこに九州
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2015/12/16 12:30 AM
       あさ(波瑠)たちは、亀助はん(三宅弘城)からサトシ(長塚圭史)逃亡の状況を聞きましたぞ。着いてすぐにサトシのことを松造と見破った雁助さん(三宅弘城)は、その後何度も ...
      • トリ猫家族
      • 2015/12/15 5:01 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式) 第12週『大阪一のおとうさま』『第68回』の感想。 なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。また、本記事では「宮崎あおい」さんの「さき」は本来の「立つ崎」が機種依存文字のため「崎」に統一
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2015/12/15 11:06 AM

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << June 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten