「あさが来た」第63回★医者と産婆

0
    連続テレビ小説「あさが来た」
    第63回
    (12月9日)


    「さっぱりぽん」とあさ(波瑠)が言う様に、新次郎(玉木宏)と榮三郎(桐山照史)が髷(まげ)を切って、さっぱりした髪型になっていた。正吉(近藤正臣)とよの(風吹ジュン)は、妊娠しているあさの体を心配して、ついに言い争いに…。大番頭の雁助(山内圭哉)とうめ(友近)は、ふたりで話をしていくうちに…。出産の予定の日が近づき、あさはある思いを新次郎に告げる…。
    <時は流れて秋となり、あさのおなかはすっかり大きくなりました>

    <五代友厚は米商会所を開設。大阪経済復興に貢献していきます>

    <そしてあさのおなかよりも更に様子が変わっていたのは…>
    新次郎たちのヘアスタイル・・・。

    髷を落としてすぐは、月代の部分がツルツルだからトレンディエンジェルみたいな頭なんだろうか・・・・。

    とりあえず半年経って髪が生えそろっている新次郎たちでした。
    −◆−

    正吉(近藤正臣)とよの(風吹ジュン)が、あさの出産を巡って夫婦喧嘩。

    医者にお産を任せるか、産婆さんに任せるかで大もめ。

    正吉「この子はなぁあのつわりだけでもあんなにひどかったんや。これは産むとなったらどんな難儀な事になるか分からしまへんやろ!?もし何かあったらどないします?」

    よの「そないなあささんやからこそ、腕利きのお産婆さんがええ言うてますのや。」

    すっかり『コウノドリ』の世界のような・・・・。
    −◆−

    雁助(山内圭哉)とうめ(友近)がしっぽりと会話を交わしております。

    雁助「わてなんか娘が生まれる時なんかどないしたらええか分からんよって、嫁はんほったらかしだしたわ。」

    うめ「娘さんいてましたんか?」

    雁助「はぁ…。もう何年も会うてまへんけどなぁ。こないなわてに嫁はん愛想尽かして実家のある伊予の方へ帰ってしもたさかい…。」

    うめ「長い事勤めてて、番頭はんが店以外の事でご自身の話してくれはったん初めてやったさかい。」

    そんな雰囲気の二人でしたが、ふゆ(清原果耶)が立ち聞きしていることに気づき、取り繕う雁助とうめ・・・・。

    そこにやってきたあさ・・・。

    あさは見事に雁助とうめに煙に巻かれちゃいます。

    うめ「はぁ〜おあさ様が鈍うてよかった。」と独り言。

    あさよりふゆの方が敏感でした。
    −◆−

    あさと新次郎が仲睦まじく会話。

    「旦那様の言わはるとおりここの中はもううちだけの体やあれへん。それどころかうちの体でさえのうてもうこの子の人生が始まってるのやて。」「せやさかい今のうちにできる事はこの子をいかに安全に出したげるかいう事だけなんだす。つまり安全第一だす。」

    まるで炭鉱の話みたいな感じ。

    <あさと新次郎は安全第一という考えのもとに正吉の勧める最新の知識を持っているという医者とよのの勧める経験豊富なお産婆さんの両方にお産をお願いする事にしたのでした。>

    産科医のコウノドリ(綾野剛)と助産師の小松(吉田羊)が出産を担当するような感じ・・・。
    −◆−

    あさが医師と産婆の検診を受けた後、正吉(近藤正臣)が発作を起こして倒れます。

    息も絶え絶えの正吉は、それでも「おいあさ!あいつらに言わんといてくれ。誰にも、し…心配かけとうないのや。特にあの榮三郎な。あいつはええ子やねんけどな気ぃの小さいところあるさかい…。あさちゃん!頼みや。」
    −◆−

    正吉が落ち着いたあと、よのがあさに「時々あないなりますのや。発作もなぁだんだん強なってきて…。お医者さんがたまたまでもいてくれはったからほんまよかった。こらあささんのおかげだす。」
    あさ「いいやうちは何も…。」

    よの「あささん。医者でもお産婆さんでも何でもええさかい頼むわ。無事に産んで孫の顔あの人には見せてあげて。頼むわ!なぁお願いします。」

    次回へ続く・・・・。
    −◆−

    以上、『あさが来た』第63話。

    正吉(近藤正臣)さんが心配です。


    ◇◆◇ ドラマなどテレビ感想 ◇◆◇
    ★下町ロケット 第8話
    ★コウノドリ 第8話

    ◇◆◇ あさが来た感想 ◇◆◇
    #62 #61 #60 #59 #58 #57 #56



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.07.16 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式) 第11週『九転び十起き』『第63回』の感想。 なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。また、本記事では「宮崎あおい」さんの「さき」は本来の「立つ崎」が機種依存文字のため「崎」に統一してい
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2015/12/10 7:22 PM
      上手いな〜!楽しみにしてた新次郎の散切り頭の「つづく」。まさかの「さっぱりぽんや!」からの…「やっと生えそろいましたわ」 新次郎わての想像力みたいなもん、足元にも及びまへんわなヽ(*´∀`)ノせやけど当初は絶対ハゲてましたやろ。散切るの早すぎましたやろ(
      • 美容師は見た…
      • 2015/12/10 10:10 AM
      「さっぱりぽん」とあさ(波瑠)が言う様に、新次郎(玉木宏)と榮三郎(桐山照史)が髷(まげ)を切って、さっぱりした髪型になっていた。正吉(近藤正臣)とよの(風吹ジュン)は、妊娠しているあさの体を心配して、ついに言い争いに…。大番頭の雁助(山内圭哉)とうめ(友近)は、ふ
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2015/12/09 7:03 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten