「あさが来た」第33回★お姉ちゃんがまぶしいて

0
    連続テレビ小説「あさが来た」
    第33回
    (11月4日)


    あさ(波瑠)は、嫁入り道具を売りに出して、炭坑を買おうと考える。しかし加野屋がつぶれるという噂が広がってしまう。義母のよの(風吹ジュン)は跡継ぎの心配を新次郎(玉木宏)に持ちかける。そして、あることをすすめる。その話を聞いてしまったあさは…。そんな中、妊娠しているはつ(宮崎あおい)が訪ねてくる。はつはあさに、ある頼みごとをする。
    美和(野々すみ花)が新次郎を誘惑しようとしたとき、彼の着物の袖がほつけます。

    美和「まあ、荒い縫い目やこと。」
    これで我に返った新次郎(玉木宏)は「悪いな。ちいと用事思い出してしもた。また、近いうちな。ほな。」

    こうして朝帰りした新次郎は、あさの寝顔をツンツンしたりプニプニしたり・・・。
    −◆−

    加野屋ではよの(風吹ジュン)が新次郎をつかまえて「新次郎。あささん嫁に来てから4年。なんにもめでたい話あらしまへんなぁ。」

    実感は無いけど、もう嫁入りしてから4年も経つのかぁ。

    新次郎「へ?なんの話だす?」

    よの「あささんは、今日もあんたを置いて、どこぞのお商売の話を聞きに行ってしもたいうやないの。なあ、新次郎。あんたらほんまにきちんと夫婦なんだすか?」

    たまたま帰って来たあさが向こうの方で話しに聞き耳を立てています。

    よの「う〜ん。もう、跡取りもいっこもできへんみたいやしなあ。」

    新次郎「跡取りいうたかて、わて分家だすしな。」

    よのは唐突に「妾もちなはれ。」

    新次郎「はあ?妾?」

    よの「聞いてますで。お三味線のお師匠さんとええ仲なんやてなぁ。」

    大きな目を丸くしているあさ・・・。

    新次郎「は?誰がそないなことを」

    よの「誰でもよろし。そのお師匠さんに、お願いしまひょ。そやな、お妾さんに外で働らかれりしたら恥かきますよってな。お三味線のお師匠さんは辞めてもろて、うちで毎月のお手当払て、住んでもらう家もちゃんと用意しますさかい。」

    新次郎「何言うてはりますのや。このご時世に、なんでそないなことにわざわざお金つかわなあかんのや。」

    よの「跡取り作るより大事なことなんておますかいな。今日か明日にいっぺん会いにいってみよ思ってますねん。よろしいな。」

    ナレーション<いかにもお姑さんが意地悪なように見えますが、このころ、地位のある男性がお家のためにお妾さんを囲うことは、しばしばあることでした。>
    −◆−

    妾の話を聞いてさすがに動揺するあさ。

    そのとき、青物売りのはつが加野屋にやってきました。

    嬉しそうなあさが「お姉ちゃん。」

    はつ「大きい声で言うたらあかん。こないな者があんたのお姉ちゃんや言うたら、恥かかしてしまうさかい。」

    あさ「そんな、お姉ちゃんはうちの自慢のお姉ちゃんや。お腹大きいのにこないにようけ荷物ようけ担いで。」

    はつ「おおきに。あさに頼みたいことがあってな。」

    ふゆ(清原果耶)を加野屋で引き取って欲しいと願い出るはつ。
    「ここに置いてもろて、いずれええ御縁みつけたげて欲しいのや。どうか、どうかお願いします。」
    快諾するあさ。
    「ほんまは、お姉ちゃんが心配やさかいふゆに側にいてほしい思てたけど、ふゆのため思たら、お姉ちゃんの言う通りや。ふゆは可愛らしいし、きっとおなごしのなかでも人気者になりますわ。」

    感謝するはつ。
    ボロい着物姿で加野屋に上がり込むのは恥ずかしいだろうに、ふゆのことをお願いするために恥を忍んでやって来たはつの優しさが沁みます・・・。

    あさ「うちこそ、おおきに。」

    はつ「へえ?」

    あさ「なんや、もうどないにも笑われへん気分やったんどすけど、お姉ちゃんがきてくれはったおかげで、笑えました。」

    はつ「なんかあったんか?」

    あさ「ううん。何でもあれへん。堪忍。何でもあれへんことあれへんのやけど、何やろ?今は、お姉ちゃんに言いたないねん。なんや、お姉ちゃんがまぶしいて。堪忍。何でもあれへんねん。心配せんといて。」

    あんな境遇にあるはつが「まぶしい」というあさの女心・・・・。
    跡継ぎを身ごもっているはつがまぶしいのか・・・・。
    −◆−

    はつが帰ろうとしましたら、突然産気づいて・・・次回へ続く。

    はつは加野屋で出産することになるのか?
    そしてお妾さん騒動はどうなるのやら・・・・。

    今回は、あまり感想が湧いてこなくて、粗筋ばかりになっちゃった・・・・。



    ◇◆◇ あさが来た感想 ◇◆◇
    #32 #31 #30 #29 #28 #27 #26



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.02.27 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      亀助さんが危ないっ! あの後どうなったのか心配だす でも、意外や意外…かもしれまへん>ぇ …ひじゅにですが何か? 「跡取り作るより大事な事なんておますかいな!」byよの 美和さんの誘惑を振り切った新次郎さん、アッパレ! …って いやま
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2015/11/05 2:31 PM
      遂に最終回。何だかとても寂しい気がする。だから感想も大幅に遅れました>ぉ「生きるって楽しいんだな」by一馬一馬は障碍者の自立支援施設へ。そこは、最初に暮らした洞窟に近い場...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2015/11/05 2:31 PM
      あさ(波瑠)は、嫁入り道具を売りに出して、炭坑を買おうと考える。しかし加野屋がつぶれるという噂が広がってしまう。義母のよの(風吹ジュン)は跡継ぎの心配を新次郎(玉木宏)に持ちかける。そして、あることをすすめる。その話を聞いてしまったあさは…。そんな中
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2015/11/04 1:19 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式) 第6週『妻の決心、夫の決意』『第33回』の感想。 なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。また、本記事では「宮崎あおい」さんの「さき」は本来の「立つ崎」が機種依存文字のため「崎」に統一
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2015/11/04 11:23 AM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten