「あさが来た」第28回★ビッグなカンパニー

0
    連続テレビ小説「あさが来た」
    第28回
    (10月29日)


    新次郎(玉木宏)は、いなくなっていたはつ(宮崎あおい)を探しあてる。はつは、あさ(波瑠)には絶対居場所を言わないで欲しいと新次郎に頼む。その頃、あさは大阪商人たちの寄合で、五代才助(ディーン・フジオカ)の商売への熱い思いを聞き感心する。京都の母・梨江(寺島しのぶ)から、あさの実家の今井家が新政府の仕事のため、東京へ行くという文が届く。そしてあさも、いよいよ新しい商いへと動き始める。
    はつは新次郎に「あの…あさには、うちの居場所、決して言わんといとくなはれ。今日、うちに会うた事も。お願いします。」
    −◆−

    <そのころ、大阪商人の寄合所にいた、あさは…>

    五代「異国と対等に商いをするには、大阪商人が結束して、ビッグな取引が、できるようにせんとあかんのです。皆さん、新しい大阪を作りましょう! 大阪には、皆さんのような、ええ商人が大勢集まってはります。そやのに、このままではすぐ、東京や、新しく入ってくる西洋諸国の商売に、潰されてしまいます。」

    今ひとつピンとこない大阪商人たち・・・。

    五代「カンパニーや。まずは、世界を相手にできる、ビッグなカンパニーを、この大阪に作るんです!」
        
    山屋「五代様のお話は大きすぎて、私ら大阪商人には、ちんぷんかんぷんでおます。」

    雁助があさに「あ〜ぁ、噂どおりのお方やなぁ。」
    あさ「何がだす?」

    雁助「そやから、あのお方はお武家様のくせに西洋かぶれでお商売ばっかりやったはるいう噂て…何でだす? 何で若奥さん、こんなとこでそんな事してはんのだす?」

    あさにツッコミを入れる雁助(山内圭哉)、可笑しい。

    あさ「すんまへん。なかなか縫い終わらへんもんやさかい。」
        
    雁助「相変わらず大きな縫い目だすなぁ。」
    −◆−

    あさ「実は、姉の嫁いだ両替屋が潰れまして…。」

    五代「ええっ?」
    あさ「夜逃げして、今も行方知れずだす。ほんまは、今かてちょっともお商売の事なんか考える気ぃになられへんのだす。そやけど…今うちがすべき事は、これや思て。」

    五代「申し訳ない。あの時あなたが言ってたように、両替屋がこうなったのは、新政府の不手際でもある。」
        
    あさ「何でだす? 何で新政府は…。」
    このときのために付き添ってきている雁助が「若奥さ〜ん。『何で』はもうあきまへんで。」

    あさ「はっ! すんまへん。うちゆうたらまた…堪忍だす。」と口をつまみます。
        
    五代「ええんですよ。(英語で)その罪ほろぼしのためにここにいるのだ。」

    あさ「は?」

    五代「せやから、この大阪を、世界に知られる町にする事が、これからの私の使命です。」

    ディーン・フジオカって、そこに居るだけで印象に残るタイプですねぇ。
    目力かなぁ・・・。
    −◆−

    梨江(寺島しのぶ)からあさに文が届きました。

    <その手紙には、あさの実家の今井家が、正式に新政府の仕事を請け負う事になった事。
    またその仕事のために、一家でそろって、京都を離れ、東京への移転を考え始めている事などが、書かれていました。>

    さらに文には「はつの様子を知りませんか?私も知り合いを通して捜してもろてますが、いまだに消息が分かりません。何で助ける事ができひんかったんかと、後悔の気持ちばかりです。どうぞ、あなたは新次郎さんをよう支えて、お家をお守りください。」
    −◆−

    一方、そのころ新次郎は惣兵衛(柄本佑)に酒とうどんをおごっておりました。

    新次郎「ほんまびっくりしたわ。色白男前の惣兵衛さんが、ふんどし姿、あない似合うてなぁ。」
         
    惣兵衛「フンッ。ケンカ売ってはりますのか?けどまあ今は、ケンカすら買うお金残ってまへんけどな。」

    惣兵衛は表情が柔らかくなっていて、かつての日々より吹っ切れている感じ・・・。

    惣兵衛「わしなぁ、お母ちゃんよお殺さんかった。ずっと殺したろ思てたのに…。せやけど何やもう、すっきりしてしもてなぁ。」
         
    新次郎「ほう、そうかいな。そらよかった。」
    惣兵衛「はつのおかげやろか。あいつは女々しい女や思てたけど、案外ずぶといのかも分かれへん。」

    新次郎「そうか。さすが姉妹そろて、今井の娘やなぁ。という事は、おはつさんも頑固なんやろか?」     
         
    もはや白蛇の面影の無い惣兵衛と新次郎の会話は、惣兵衛の境遇に反して楽しげでした。
    −◆−

    家に帰ってきた新次郎。

    まさかはつや惣兵衛と会っていたとは知らないあさはアソンで帰って来たと思っている様子。

    で、石炭の商いについて話を聞きたいというあさ・・・。

    新次郎「また今度な。今日はもう眠たいさかい。」
    はつを探し回って疲れたのかな・・・。

    <あさの心は、はつへの思いを、全て商いへの熱意に変えるかのように、燃えていました。>

    次回へ続く・・・。
    −◆−

    以上、『あさが来た』第28話。

    なにか吹っ切れた感じの惣兵衛の表情が印象的でした。

    以前、新次郎が「あいつは子供の頃はおもろいええ奴やったんや。」と惣兵衛のことを言ってたとおり、根は良い奴なのかも知れません。



    ◇◆◇ あさが来た感想 ◇◆◇
    #27 #26 #25 #24 #23 #22 #21



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2018.12.19 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      今日の「萌え」どころは やはり雁助さんでせう 漫才でよく聞くイカニモイカニモな口調ではなく ちょっとクールに流れる様にツッコミを入れる様子とか あさ&五代さんのシーンでの 入口から身体を半分覗かせている様子とか(笑) (次点は白蛇さんだす
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2015/10/30 12:52 PM
      今日の「萌え」どころはやはり雁助さんでせう漫才でよく聞くイカニモイカニモな口調ではなくちょっとクールに流れる様にツッコミを入れる様子とかあさ&五代さんのシーンでの入口...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2015/10/30 12:51 PM
      新次郎(玉木宏)は、いなくなっていたはつ(宮崎あおい)を探しあてる。はつは、あさ(波瑠)には絶対居場所を言わないで欲しいと新次郎に頼む。その頃、あさは大阪商人たちの寄合で、五代才助(ディーン・フジオカ)の商売への熱い思いを聞き感心する。京都の母・梨江
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2015/10/29 11:42 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式) 第5週『お姉ちゃんに笑顔を』『第28回』の感想。 なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。 新次郎(玉木宏)は、いなくなっていたはつ(宮崎あおい)を探しあてる。はつは、あさ(波
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2015/10/29 11:59 AM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten