2015年10月26日「YOUは何しに日本へ?」★47都道府県に全部行きたいオーリーさん

0
    2015年10月26日。テレビ東京「YOUは何しに日本へ?」

    今回はイギリス人YOUのオーリーさんが印象に残りました。

    彼は過去5回来日し39県に行き、47都道府県制覇を目指してご当地グルメを食べることを続けており、今回は茨城県ひたちなか市からスタート!

    ひたちなか市を散策して地元の人におすすめの店を尋ね、オーリーさんがお店探し。
    行き着いた飲食店は「丼屋どんどん」。

    座敷に案内されたオーリーさん、座布団に正座。

    その後、店内を散歩したいというオーリーさんは、宴会場で飲み会をしている一行と合流。
    「どうぞ、そうぞ」と、なぜか大歓迎されるオーリーさん。

    オーリーさん、真面目で控えめに見えるけど、人懐っこいなぁ。

    宴会場で、まぐろ・イカなどの5種類の刺身をにんにく醤油で和えたオリジナル海鮮丼を食べました。

    賑やかで楽しい茨城の夜。
    見てるこっちも楽しくなってきます。
    −◆−

    次に行った41番目の都道府県は三重県。
    伊勢で地元の人に教えて貰った「一月家」で、特産の『鮫のたれ』に舌鼓身打つオーリーさん。
    「トテモ、オイシイデス」

    隣に座っていたオジサンの森下さん・中村さんに勧められ、湯豆腐も堪能。

    さらには森下さん・中村さんに誘われ、地元のスナック『ドール』に繰り出しカラオケ!

    オーリーさん、感じの良い外国人だから誘いたくなっちゃうんですよねぇ。

    で、ビートルズの『イエスタデイ』を唄うオーリーさん。
    「地元の人たちに聞いて美味しいものを食べる。でも大切なのは人との出会い。知らない人との出会いは時に予想もしなかったことが巻き起こって行くよね。」

    みなさんフレンドリーで、オーリーさんは伊勢の夜を満喫。
    −◆−

    次は42番目の和歌山県、二見浦駅に到着したオーリーさん。

    地元の人に勧められた和歌山ラーメンの店「井出商店」で大盛りラーメンを堪能。
    60年以上も続く、和歌山ラーメン発祥の店なんだそうな・・・。

    スープまで完食。

    その後、居酒屋を探すオーリーさんに道案内をしてくれた藤崎さんたちと合流し、スポーツバーで飲み会に。

    阪神のマートン選手に風貌が似てると言われ、オーリーさんはモノマネをさせられたのであります。

    ここで今回の挑戦は終了。
    あと5県残しているオーリーさん「必ず47全県制覇するよ。」

    残り5県は来年挑戦の予定だとか・・・・。

    真面目で気さくなオーリーさんの雰囲気が魅力的でした。
    日本を愛してくれているオーリーさんと友だちになりたい気分です。

    ああ、楽しかった・・・・。



    ◇◆◇ あさが来た感想 ◇◆◇
    #25 #24 #23 #22 #21 #20 #19



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村




    JUGEMテーマ:バラエティ全般



    スポンサーサイト

    • 2020.08.13 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten