「あさが来た」第11回★つらい事があったら助け合おな

0
    連続テレビ小説「あさが来た」
    第11回
    (10月9日)


    新次郎(玉木宏)は惣兵衛(柄本佑)と会い、そこで惣兵衛の家族に対する恨み、はつ(宮崎あおい)への思いを知る。そんな中、新次郎の兄がついに危篤に陥ってしまう。今井家では、いよいよ三日後に嫁入りを控えたあさ(波瑠)とはつは姉妹として別れを惜しんで琴を演奏する。嫁入りしても、また必ず会うことを約束して…。その翌日、新次郎が父の正吉(近藤正臣)と共にやって来て、あさの嫁入りを見送らせて欲しいと言い出す…。
    習字の練習をしている墨だらけのあさ(波瑠)。

    様の字について忠興(升毅)がアドバイス。

    忠興「新次郎さんから、文の返事は来たんか?」
    あさ「いいえ…。」

    忠興「せやろな。あないな汚い字ぃで文もろたかて、読まんと捨ててしもててもおかしないわなぁ。」
        
    あさ「お父はん、勝手に読んだん!? ひどい。」
    忠興「何がひどいんや?親が娘の心配して何が悪い!?」
        
    あさ「そらそやな。堪忍。うち、ええ娘やなかったなぁ。」と素直に返事。
        
    忠興「アホ。それは、これから先に分かる事や。ええか? お前は前にばっかりどんどんと進んでいくたちやけど、ド〜ンと腹据えて家を守るんは、おなごの大事な務めや。」
        
    あさ「お家を守る?」

    ちょうどはつ(宮あおい) もやって来ました。

    忠興「ええか? 2人とも、しっかり、お家を守れ。帰ってくんなよ。」
        
    はつ、落ち着いたたたずまいで「はい。」
    −◆−

    はつが梨江(寺島しのぶ)に願い出ます。
    「あさのお供は、うめにしてやってもらえませんやろか? あさは気丈にしてるけど、中身はまだまだ子供や。この子にはまだ、お父はんやお母はんの代わりに、いろいろ教えてくれはる大人が、そばにいた方がええ。」
        
    あさ「そやけど、お姉ちゃんは…。」
    はつ「うちは心配ない。ふゆは年も近いし、気ぃも合うし。きっと仲良う助け合うてやっていけます。そやからお母はん、どうぞ、おたの申します。うちの、この家の最後の思い出にちょっとだけ姉らしい事をさして下さい。」

    梨江「分かりました。今までめったに頼み事なんかした事のなかったあんたが、そう願うんやったら、もうしょうがおへんな。」
        
    はつ「おおきに。お母はん。」

    白蛇に嫁ぐ不安を抱えながらも、2つ下の妹を慮ってうめをつけるよう願い出たはつの優しさが沁みます。

    宮あおい、雰囲気出てるなぁ・・・・。
    −◆−

    あさがはつに「うちと一緒に駈け落ちせぇへん?」

    笑うはつ。
    あさ「笑わんといて。お母はんのお部屋にあったご本をコソッと読んでん。そしたら、若い娘が『うちはもう親の言う事なんか聞かへん』とか何とか言うて、お手々つないで駈け落ちしはったんや。」
    はつ「駆け落ちいうんは男と女のする事や。またご本を勝手に読んだりしたら、お父はんに怒られるえ。」    
        
    あさ「うん。けど、本は知らん事がぎょうさん書いてあって、楽しゅうてやめられへんねん。そうか。やっぱり駆け落ちはあかんかったか…。」

    あさの好奇心の強さが隠せません。
        
    はつは優しく「ほな…お手々だけ握りましょ。」
    あさ「へぇ、そうしましょ。」

    はつ「アハッ。駆け落ちやて。やっぱりあさといたら楽しいわ。」

    あさ「うちもや。離れ離れなんて考えられへん。」
    はつ「そんなん言わんといて。涙出てくる。」

    あさ「堪忍…。」
    はつ「また、すぐに会おな。」

    あさ「きっと、会えるやんな?」
    はつ「うん。きっと会える。」

    あさ「つらい事があったら、助け合おな。」
    はつ「うん。そうしよう。」

    あさ「アハッ。そんなん言うたかて、うちなんて、お姉ちゃんを笑かす事しかできひんけど。」
        
    はつ「それが一番大事や!そやから、あんたは大丈夫。きっと大丈夫や!今まで、おおきに。」

    あさ「うちこそ、おおきに!」
        
    しっかり者のはつ(宮あおい)と、お転婆のあさ(波瑠)の姉弟愛が描かれた素敵なシーンでした。

    仲の良い姉妹ですねぇ・・・。
    −◆−

    翌朝。
    正吉(近藤正臣)と新次郎(玉木宏)が今井家にやって来ました。

    正吉「まことに、申し訳ございません!嫁入りの、話だすけど…見送らしてもらえまへんやろか?長男の、正太郎が、亡うなりましたんや。労咳だす。年が明けてから急に、悪うなりましてな…。10日前に…あかんようになりました。」
    −◆−

    だいたいこんな流れだった『あさが来た』第11話でした。

    加野屋さん、長男を失い気の毒です・・・・。



    ◇◆◇ あさが来た感想 ◇◆◇
    #10 #9 #8 #7 #6 #5 #4 #3 #2

    ◇◆◇ あまちゃん(再)感想 ◇◆◇
    #156 #155 #154 #153 #152 #151



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.01.26 Sunday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      やるのか・・・。 堪忍しとくれやす・・・大人篇もやらんとあかんのどす。 方言彼女にうっとりなのか・・・。 単にえらいぺっぴんさん姉妹だからどす。 結局・・・そこか・・・。 こんなもん毎朝見せられたらうっとりが止まらんわな・・・。 もう・・・標準語の世界に帰
      • キッドのブログinココログ
      • 2015/10/10 4:22 PM
      今日ははつ&あさが嫁ぐ日がいよいよ近づいてきてそれぞれの心情が滲む今井家の図ぅ―ゆっくりゆっくりだけどその分、細やかに時は過ぎていく…ひじゅにですが何か?「ほな&hell...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2015/10/10 12:38 PM
      今日は はつ&あさが嫁ぐ日がいよいよ近づいてきて それぞれの心情が滲む今井家の図ぅ― ゆっくりゆっくりだけど その分、細やかに時は過ぎていく …ひじゅにですが何か? 「ほな…お手々だけ握りましょ」byはつ 最初のシーンは忠興お父は
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2015/10/10 12:38 PM
       憔悴しきった新次郎の顔・・・・ 婚礼が延期になったことよりも、初めて見るその顔にあさは衝撃を 受けたのではないでしょうか。  エライことになりましたなぁ・・・ 気楽な ...
      • トリ猫家族
      • 2015/10/09 6:16 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式) 第2週『ふたつの花びら』『第11回』の感想。 なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。 新次郎(玉木宏)は惣兵衛(柄本佑)と会い、そこで惣兵衛の家族に対する恨み、はつ(宮崎あお
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2015/10/09 12:30 PM
      新次郎(玉木宏)は惣兵衛(柄本佑)と会い、そこで惣兵衛の家族に対する恨み、はつ(宮崎あおい)への思いを知る。そんな中、新次郎の兄がついに危篤に陥ってしまう。今井家では、いよいよ三日後に嫁入りを控えたあさ(波瑠)とはつは姉妹として別れを惜しんで琴を演奏
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2015/10/09 12:17 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << January 2020 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten