「あさが来た」第9回★雨降りの太鼓

0
    連続テレビ小説「あさが来た」
    第9回
    (10月7日)


    姉のはつ(宮崎あおい)の山王寺屋へ嫁入りすることへの不安を知ってしまったあさ(波瑠)。あさは、昔、本当は自分がその山王寺屋に嫁入りするはずだったという事実を思い出す。そこであさは、加野屋の新次郎(玉木宏)に、山王寺屋のことを教えて欲しいと文を出す。しかし、なかなか返事は来ない。2か月が過ぎた頃、あさの元に文が届く。しかし、それは思いがけない人からの文であった。
    新次郎(玉木宏)に文を書くあさ(波瑠)。
    字は悪筆。顔には墨がいっぱい付いちゃてる。
    どうしたらあんなに墨だらけになれるのか・・・・。

    墨だらけの鈴木梨央ちゃんを見てみたかった・・・。
    −◆−

    忠興(升毅) と梨江(寺島しのぶ)が揉めています。

    梨江ははつ(宮あおい) にうめ(友近)を付けて嫁入りさせるよう主張。

    忠興は、うめはあさに付けることに決めてる、うめが付いていないと、とても今井の娘として嫁に出せないのだと言い張ります。

    忠興「お前はあさがどんだけとんでもない娘か分かってへんからそんなことが言えるんや。」

    「あさがとんでもないことなんか、うちが一番分かってます。」

    忠興「とにかくもう決めたことや。口出しはゆるさん!」

    梨江「嫁入りまで3ヶ月、どうするのが賢明かよう一人で考えておくれやす。」

    両者決裂。

    それぞれ娘を心配している両親であります。
    −◆−

    あさが部屋に入ってきました。

    呆れた忠興「どないしたんやその顔!?」

    墨だらけの顔であさが新次郎(玉木宏)への文を忠興に託します。

    文には、惣兵衛(柄本佑)の人柄が分からず心配している姉の様子が書かれ、山王寺屋のことを知ってる限り教えて欲しいと・・・。

    「余計なことを」と破りかけた忠興でしたが、思い直して飛脚に手渡すのでした。
    −◆−

    飛脚が加野屋に文を届けた時、新次郎が帰って来ました。

    手には花を一輪持っています。

    雁助「こんなえらいときにお花とは風流なこって・・・。」

    新次郎「まあ、こないなときは何しようが”雨降りの太鼓”やさかい。」

    理解できない雁助たち・・・。

    新次郎「どんもならん、言うてな。」

    大喜利みたい・・・。

    で、新次郎は持って帰ってきた花を、正太郎の枕元にいけました。

    優しい性分してるなぁ。
    花一輪、素敵。

    絶望している兄に「わては兄貴みたいな立派な上がいててくれるさかい、思う存分あほボンでいられるんやで。兄貴が達者でおってくれなかなわんわ・・・。」

    あさの許嫁は優しいなぁ・・・。
    −◆−

    ひな人形を飾るあさ(波瑠)たち・・・。

    あさ「お雛さん大事にしたら幸せなお嫁さんになれるて昔からお母はん言うてたなぁ。」

    しかし、子供の頃からひな人形で人形遊びして相撲や剣術をしていたあさは心配・・・。


    で、勢いで髪の毛が取れてハゲ坊主になったお雛様・・・・可笑しい。
    もはやトイストーリーの世界かも??
    −◆−

    文が届いて喜ぶあさでしたが、送り主は新次郎ではなくロンドンにいる五代才助でした。

    同封してある写真はちょんまげでは無く普通の髪の毛の五代才助。

    <おいは今イギリスに来ております。こうして世界を見ておりますと我が国は地球の中では米櫃に紛れたネズミの糞にも及ばないことがよく分かります。この町でペシロードという二輪車に乗って凄か速さで走るおなごを見ていると、なぜだかふとすばしっこく走るあなたのことを思い出しました。日本のおなごには乗りこなせぬと誰もが言っております。じゃっどん、きっとあなたならいつか乗りこなせることでしょう。では、いつかどこかで・・・。>

    梨江は、嫁入りが近いのに殿方から文やなんてお父はんに知れたら大変やといって文を破ってしまいました。

    そんなことがありつつも、あさの心は連絡の来ない新次郎にありました。
    −◆−

    だいたいこんな感じだった『あさが来た』第9話。

    あさ(波瑠)の墨だらけの顔が強烈でした。
    ありえへん。

    そして、兄の枕元に一輪挿しを飾った新次郎の優しさが印象的でした。



    ◇◆◇ あさが来た感想 ◇◆◇
    #8 #7 #6 #5 #4 #3 #2 #1

    ◇◆◇ あまちゃん(再)感想 ◇◆◇
    #156 #155 #154 #153 #152 #151



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.08.13 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      物語は ゆっくりゆっくり進んでいく その分スカスカでは困るけど そんなことないので楽しめる でも、ちょっぴり物足りない気も… まあ、嫁いでからが本番だろうから 今は、消え去る寸前の少女期の心の移ろいを じっくりと見つめるべき? …ひじゅにです
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2015/10/08 12:40 PM
      物語はゆっくりゆっくり進んでいくその分スカスカでは困るけどそんなことないので楽しめるでも、ちょっぴり物足りない気も…まあ、嫁いでからが本番だろうから今は、消え去る寸...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2015/10/08 12:40 PM
      姉のはつ(宮崎あおい)の山王寺屋へ嫁入りすることへの不安を知ってしまったあさ(波瑠)。あさは、昔、本当は自分がその山王寺屋に嫁入りするはずだったという事実を思い出す。そこであさは、加野屋の新次郎(玉木宏)に、山王寺屋のことを教えて欲しいと文を出す。し
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2015/10/07 9:45 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式) 第2週『ふたつの花びら』『第9回』の感想。 なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。 姉のはつ(宮崎あおい)の山王寺屋へ嫁入りすることへの不安を知ってしまったあさ(波瑠)。あさ
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2015/10/07 12:55 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten