10月6日衆院予算委/光らぬ田中真紀子、光った枝野幸男、くすんだ安倍首相

0
    田中真紀子× vs ○安倍首相

     衆院予算委に田中真紀子氏が登場。
     皮肉や真紀子節に終始して、内容的には大したこと無かった。
     真紀子氏が「自ら首相にふさわしいと思うか。同期の桜なので本音を」と皮肉ったのに対し「同期の中で田中氏こそ首相になるのではないかと印象を持っていた」と首相に返される始末。
     軒先を貸す形で民主党会派に属する真紀子氏を、衆院予算委という華やかな舞台に立たせるとは、母屋の民主党には、適当な人材がいないのかと勘ぐりたくなる。
    −◆−
     真紀子氏の 質問は作戦負け。
     安倍首相お得意の北朝鮮問題を追及して、安倍首相を喜ばせた。
     また、金正日の長男、金正男がTDLを見たくて密入国してきた時に、無罪放免して「帰国させたのは当時の田中真紀子外務大臣だ」と逆襲されちゃった。
     松岡農相の政治資金報告漏れ追及も、BSEに例えて松岡農相に「ヘタレ牛にならないように」などと冗談みたいな話しぶりで、問題の深刻さが一向に目立たず、真紀子氏のパフォーマンスに終わってしまった。
     新潟で演説する時には、こんなサービス満点の話しぶりでいいのだろうが、国会で真剣勝負する時は、得意のパフォーマンスは少し控えた方がいい。
     真紀子氏は、まだまだ客寄せパンダとしては価値があるのでしょうが、政治的には賞味期限切れ。

    岡田元代表× vs ○安倍首相

     民主党・岡田元代表も質問に立った。
     格差社会について質問する岡田氏に、待ってましたとばかりに安倍首相は「再チャレンジ」について答弁。
     なんで民主党は、わざわざ政府のPRみたいな答弁を引き出してしまうのかなぁ?

    枝野幸男○ vs ×安倍首相

     光る質問をしたのが枝野幸男氏。
     グレーゾーン金利を巡る貸金業規制法改正問題について「出資法の上限金利を20%に引下げるというが、利息制限法の上限金利が、貸し金元本額が50万円未満の場合、18%から20%に実質アップする」と追及。
     山本金融大臣は、言われてもいないのに「業者のための改正ではない」とフライング気味の答弁。
     これには枝野氏も「聞いていないのに自白しましたね」と切り返した。
     今現在、出資法による刑罰はないが利息制限法上違法であるグレーゾーン金利について業界に猶予期間を与える与党案では「泥棒に追銭」だと厳しく断じた。
     安倍首相は、役所言葉を連ねて意味を為さない抽象的な答弁に終始した。
     山本金融大臣も、官僚が作った想定問答そのままのような答弁で、魂が籠もっていない。
    −◆−
     枝野氏は、続いて「障害者自立支援法」に関して質問。
     「障害者の1割負担により、授産施設で稼いだ工賃より、利用料の方が高くなり、稼ぐために稼ぎ以上の利用料を払う障害者がいる」と現場の悲鳴を委員会で訴えた。
     ときに、言葉に詰まり涙ぐみながらの熱弁に感動しました。
     「応能負担から、応益負担への変更は、福祉の世界では間違っている・・・応能負担に戻しても、わずか300億円の財政負担で済む」と政府に迫った。
     小生思うに、橋梁談合や、防衛庁の官製談合などで掠め取られた金を障害者政策に回せば、お釣りが来るぞ!
     米軍再編に1兆円以上負担すること考えたら、小さな金額であります。
    −◆−
     安倍首相は、質問を聞きながら落ち着かない様子で、顔色も悪く目が泳ぐ。
     「もっと得意分野を聞いてクレよ・・・」って顔に書いてある。
     肝心の所は、ベテランの柳沢厚生労働大臣がさすがに手練れと思わせる答弁で何とか凌いだけど、こんな様子がずっと続くようだと、安倍首相の人気に影が差すかも。
     小泉前首相は質問中、目をつむっていたり、苦笑しながらどっしり構えて、人を喰ったような答弁をしても、良くも悪くも人間的だったけど、安倍さんにはまだ余裕がない感じ。
    −◆−
     今日の予算委員会の民主党は、岡田元代表には元気が無く、質問内容もイマイチ冴えなかった。
     新人総理を相手に、真紀子氏、岡田元代表とも決め手に欠き、安倍総理の判定勝ち。
     一方、枝野幸男氏は、声に張りもあり、メリハリもある。
     なかなか弁舌が冴えており、質問の中身もお充実していた。
     枝野氏の技ありで、安倍総理の負け。

    にほんブログ村 政治ブログへ




    スポンサーサイト

    • 2020.07.04 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      “犬猿の仲”安倍&真紀子、予算委1時間バトル安倍晋三首相(52)と田中真紀子元外相(62)が6日午前の衆院予算委員会で、約1時間にわたって大バトルを展開した。この2人、実をいうと当選5回の「同期の桜」だが、永田町で
      • Here There and Everywhere
      • 2006/10/08 6:49 AM
      ☆政治経済法律電網討論 http://www.geocities.jp/shouhishahogo/ 買ってはいけない東急リバブル・東急不動産 東急不動産・東急リバブル不買運動 ☆★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆ 東急建設は和歌山県が2002年5月に入札を
      • 東急不動産東急リバブル不買宣言
      • 2006/10/06 10:39 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten