連続テレビ小説「まれ」第125回★浅井(鈴木拓)が能登に…

0
    連続テレビ小説「まれ」
    第125回
    (8月21日)


    オープン直後は大盛況だったものの、2週間が経ち客足が遠のいた「プチ・ソルシエール」。肩を落とす希(土屋太鳳)のもとに、横浜から先輩パティシエ・浅井(鈴木拓)が突然やってくる。浅井が言うには、大悟(小日向文世)が希のために応援に寄こしたということだが、手伝う気のない浅井の態度が、店の助けになっているとは思えない。日が替わっても変わらぬ店の状況に、希の頭に恐れていた自己破産の文字が浮かんでくる。
    売れ残ったケーキを食事にする希。
    だから太るんだわ。
    ヒロインがもっと小太りになっちゃう。
    −◆−

    文が店に来ました。
    「どうけ、売れたけ。」

    浅井「観光客が2人、休憩がてらに食べてっただけですよ。地元のお客はゼロ。」
        
    文「ほんなら、一つもろうけね。」
    希、うれしそうに「本当け! どれにする?」

    ヒロインのこういうところが好きじゃ無いんです。
    文さんは同情して買うと言ってるだけなのに、嬉しそうにケーキを売りつける根性には参る。
    −◆−

    みのりがやってきました。
    「ごめんえ。うちの融資の査定や甘かってんね。ほんでも、借金の返済はちゃんとしてや。」

    文「塩の代金もな。」
    浅井「僕のバイト代もありますしね。」

    店を手伝ってる一子(清水富美加)にもバイト代払ってるんやろうか?

    とにかく自転車操業の「プチ・ソルシエール」
    −◆−

    希「やばい…大赤字や。」

    浅井「計算しなくても分かるでしょ。調子がよかったのは、最初の2週間だけで、あとは一日4個、2個、ゼロ個。」

    希「借金返されんで、自己破産する…。お父さんみたいに、失踪せなダメになる!」とパニック。

    借金返済どころか、その日の原材料費など運転資金が底をつくよ・・・・。

    なぜか能登に長居している一子が「値段、下げればどうなんけ。」

    希「無理やわいね。下げたら、原価率や…。」

    一子「材料をっちゃ妥協するしかないがじゃないけ。」

    希「いや、ほれだけは譲られん!」

    ヒロインにイラッ!

    一子「物価が高い都会とは違うげんさけ。毎日のおやつにできる値段にせな。コンビニ対決の事、忘れたんけ。」
        
    その通りだと思うなぁ・・・。
    −◆−

    海の近くでじゃれ合う圭太と希。

    希に圭太がチュッ。

    全然キュンとこない〜〜〜〜。

    希「決めた。ケーキの値段下げるわ。商品も変える。気軽に買うてもらえるようなケーキにするわ。」
      
    圭太「いいがか。ほんで。」
    希「せっかく開いた店、潰す訳にいかんさけね。ほんでも、一つだけ、思いっきり好きなように作る。一つも妥協せんと、徹底的にこだわったケーキをっちゃ、一つだけ。」
    −◆−

    気軽に買ってもらえるケーキが完成。

    材料を落としたのかなぁ?

    浅井「よかった。シェフに言われてたんですよ。そろそろ行き詰ってくる頃だから、行ってこいって。あいつが腹をくくったら、帰ってこいって。頑張って下さいね。また、来させられんの嫌ですから。」
    −◆−

    だいたいこんな感じだった『まれ』第125話。

    浅井(鈴木拓)を登場させる必然性ってあったのかなぁ・・・。
    大悟(小日向文世)が希を案じていることを表現したんだろうけど、浅井(鈴木拓)では何の役にも立たないでしょ・・・。

    まあ、様子を見てくるだけでも良いってことなのかなぁ?

    どっちにしても浅井(鈴木拓)が登場して面白くなることは無かったです。




    ◇◆◇ まれ不定期感想 ◇◆◇
    #124 #123 #122 #121 #120 #119

    ◇◆◇ あまちゃん(再)感想 ◇◆◇
    #119 #118 #117 #116 #115 #114



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ





    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.08.07 Friday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      NHK総合・連続テレビ小説『まれ』(公式) 第21週『復活マルジョレーヌ』『第125回』の感想。 なお、当記事は、受信料を支払ってるだけでモノ言わぬのもしゃくな上に、8/20にクランクアップしてしまったため、本作へのほんの僅かな編集への期待と愚痴
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2015/08/23 6:59 AM
      後付け後付けでやってるから あったことが「なかったこと」に なかったことが「あったこと」になって 芯からしてもうガタガタ… いや、芯と呼べるものがあればの話だけど>ぉ 真田紗奈さん命名 テヌーキ・セリフダーケ・アトカラキカサーレ・オモイツキー篠崎
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2015/08/22 2:27 PM
      後付け後付けでやってるからあったことが「なかったこと」になかったことが「あったこと」になって芯からしてもうガタガタ…いや、芯と呼べるものがあればの話だけど>ぉ真田紗...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2015/08/22 2:27 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten