連続テレビ小説「まれ」第32回★20年前のやりなおし

0
    連続テレビ小説「まれ」
    第32回
    (5月5日)


    藍子(常盤貴子)の母・幸枝(草笛光子)は日に日に能登になじんでいくが、幸枝に反発する藍子は、そんな状況がおもしろくない。一体何があったのか理由を尋ねる文(田中裕子)たちに対して、徹(大泉洋)は、幸枝が藍子の幼いころに家族を捨てフランスに菓子の修業に行ったことが原因だと答える。希(土屋太鳳)は、能登に腰を据えたいという幸枝に、藍子との仲直りのためケーキを焼いてほしいと願い出る。
    藍子(常盤貴子)と幸枝(草笛光子)が絶縁状態にある理由を知った希(土屋太鳳)は、「20年前、おばあちゃんがすっぽかしたパーティのやり直し。」「今度こそお母さんのためにケーキを焼いてくれんけ!」と幸枝に提案。

    前向きで明るく元気な希、面倒くさい。

    このありきたりな展開に辟易。

    幸枝という取って付けたようなキャラクターも苦手。
    −◆−

    鈴木砂羽,篠井英介,塚地武雅,ふせえり,ガッツ石松,中川翔子たちの個性・キャラが薄い。

    『あまちゃん』とは大違い。

    ああ、我ながらネガティブじゃなぁ・・・。




    ◇◆◇ まれ不定期感想 ◇◆◇
    #28 #26 #25 #24 #21 #20

    ◇◆◇ あまちゃん(再)感想 ◇◆◇
    #26 #25 #24 #23 #22 #21 #20



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.09.24 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      NHK総合・連続テレビ小説『まれ』(公式) 第6週『母娘キャロットケーキ』『第32回』の感想。 藍子(常盤貴子)の母・幸枝(草笛光子)は日に日に能登になじんでいくが、幸枝に反発する藍子は、そんな状況がおもしろくない。一体何があったのか理由を
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2015/05/05 3:02 PM

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten