『64(ロクヨン)』第2回★傑作

0
    『64(ロクヨン)』第2回

    ‘ロクヨン’被害者の父親・雨宮(段田安則)は警察庁長官の慰問を拒否。三上(ピエール瀧)は雨宮が警察を嫌う理由を探るため、かつて自分も参加した‘ロクヨン’特捜本部の面々を訪ねるが、刑事部から警務部の広報に転身した三上に対し、捜査一課長・松岡(柴田恭兵)らは口を閉ざす。やがて三上は、初動捜査のミスを刑事部が隠蔽(いんぺい)していたと知る。一方、県警警務部の調査官・二渡(吉田栄作)も刑事部を嗅ぎ回り…。
    記者クラブとの確執。間近に迫った警察庁長官視察。日吉のミス、永田メモ・・・・。

    細々とした出来事が積み重なって、それでもまだ全容が見えてこないジリジリする展開!!

    小生は横山秀夫の原作に忠実な造りにひたすら好感を覚えます。

    真っ直ぐで誠実な三上を演じるピエール瀧をはじめ、多彩なキャストも素晴らしい。

    こりゃ、ピエール瀧の代表作になるかも・・・。
    −◆−

    わ、音楽は『あまちゃん』の大友良英さんなんやぁ・・・。

    またまた親近感が湧いてきたぞ・・・。
    −◆−

    以上『64(ロクヨン)』第2回

    がんばれ三上(ピエール瀧)!!
    D県警警務部長・赤間に負けるな!!




    ◇◆◇ まれ不定期感想 ◇◆◇
    #24 #21 #20 #19 #18 #17

    ◇◆◇ あまちゃん(再)感想 ◇◆◇
    #18 #17 #16 #15 #14 #13 #12



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.03.28 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      『64(ロクヨン)』は、2015年4月18日より、NHK「土曜ドラマ」枠(毎週土曜22:00〜23:00)にて全5回で放送中。主演はNHKドラマ初主演となるピエール瀧。 原作 『64(ロクヨン)』は、横山秀夫による推理小説。『別册文藝春秋』(文藝春秋)にて、251号(2004年5月号)
      • ドラマハンティングP2G
      • 2015/04/26 8:47 PM

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << March 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten