「Dr.倫太郎」第2話★人生は妄想だ。我々は妄想族だ

0
    「Dr.倫太郎」第2話

    福原(高橋一生)に対話精神療法のロールプレイングを施す倫太郎(堺雅人)。

    例によって「僕の大好きなコメディアンがこう言っています。『恋愛とは変態への第1歩である』
    −◆−

    大物小説家の風間(辻萬長)が極度の精神不安定に・・・。

    そんな彼は、長年彼を支え勤めてきた秘書のむつみ(堀内敬子)に向かって「むつみにそっくりな別人だ」と言って暴れ出し、頭部を負傷して慧南大学病院に入院。

    倫太郎「人は壊れやすい。強いと思われてる人ほど壊れやすい。」

    で、宮川(長塚圭史)は”妄想型統合失調症”だと診断し、薬物療法を提案。

    しかしこれに異を唱える倫太郎は「そう判断するのは早すぎるんじゃ無いでしょうか? 宮川先生は患者さんとお話しはされましたか?」

    宮川「患者の話に惑わされるから誤診が生まれるんだ!」

    とりあえず円能寺(小日向文世)は宮川を主治医に指名。
    −◆−

    倫太郎が風間を問診。
    「この小説の主人公はムササビに恋をします・・・。先生のそばにムササビは今もいますか?」

    風間「良い質問だ。しかし、今はもう見えない。もう消えてしまった。あれの飛ぶ姿は美しい。」

    ところが宮川が円能寺に「治療妨害」だと苦情を申し立てて、円能寺は倫太郎に「今後は一切の接触を禁じる。」

    倫太郎は荒木(遠藤憲一)の所に行き「ふざけるな、お前みたいな精神科医が居るから患者は迷惑するんだ。薬だけに頼るんじゃねぇーーー!!」と腹の中のものを吐き出します。

    薬物に頼るなと言うのがこのドラマのツボなのかなぁ・・・。
    −◆−

    レントゲンで風間のお腹の中に指輪が見つかります。

    これでピンときた倫太郎。

    病室にむつみ(堀内敬子)を来させて風間と話を始めます。

    倫太郎「あなたは彼女が本物のむつみさんだということをご存知なんですね。あなたの妄想や幻覚は妄想型統合失調症によるものではないと思います。ムササビは、あなたにとってかけがえのないものだったんじゃないですか? 幻は手で触れると消えてしまう。だけどあなたの小説に出てくるムササビは15年間ずっとあなたのそばにいて、あなたの創作を支え続けてくれていたんじゃないんですか?」

    風間「だまれ!ヤブ医者!」

    倫太郎「むつみさんを愛している。そうですね?」

    甲斐甲斐しく世話を焼いてくれていたむつみに思いをはせる風間。

    思い出の中で「私から、お前へのお礼だ」と指輪を手渡します。

    しかし60過ぎの風間は、自分ではむつみを幸せに出来ないと考えて突き放したのでした。

    倫太郎「ムササビを手放したあなたは創作の源である妄想さえも失ってしまうのではないかと不安になった。その気持ちがもう一人のむつみさんや鬼を見せていたのかもしれません。指輪はあなたにとってムササビのもう一つの形だったんじゃないでしょうか?」

    涙するむつみ。

    倫太郎「風間さん、僕の大好きなコメディアンはこう言っています。『人生は妄想だ。我々は妄想族だ』

    風間「君は一体何が言いたいんだ?」

    倫太郎「風間さんは、妄想の天才です。そしてそれは、あなたの個性です。」

    風間「だからなんだ?」

    倫太郎「短期精神病性障害。これが僕の診断です。」

    風間「治療が必要なのか?」

    倫太郎「いいえ。風間さんの場合は急性で一時的なものでした。社会生活がお困りでないのなら治療の必要はないと思います。」

    で、宮川の診断が正しいのか、倫太郎の診断が正しいのか判断がつきかねていましたが、風間が新作を書き始めたことから倫太郎が正しかったことが証明されました。
    −◆−

    以上『Dr.倫太郎』第2話の医療部分でした。

    相澤 るり子(高畑淳子)み金の無心をされている芸者・夢乃(蒼井優)にまつわる部分も興味深いですが、まさか300万円を返してくるとは思いませんでした。

    とにかく、堺雅人の優しげなキャラクターが心地よいです。

    小生はうつ病持ちなので、倫太郎(堺雅人)みたいに患者に寄り添う理想の医師が居る「夢物語」に憧れます。





    ◇◆◇ まれ感想 ◇◆◇
    #21 #20 #19 #18 #17 #16

    ◇◆◇ あまちゃん(再)感想 ◇◆◇
    #15 #14 #13 #12 #11 #9 #8



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2019.12.16 Monday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      なーんか失速、老作家の秘めてた(つもりの)恋心が大発見みたいに描かれていましたけど、ああもあからさまじゃ周囲にはバレバレだったのでは。秘書も秘書で、甘えた接し方が気持 ...
      • ドラマでポン
      • 2015/04/28 9:13 AM
      「Dr.倫太郎」第2話は小説家の診療する事になった倫太郎だったが、倫太郎のやり方では時間が掛かり過ぎると担当医から外れるも、倫太郎はその小説家の症状に疑問を持っていた。そ ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2015/04/24 12:16 AM
       なんかメインの倫太郎と患者さんとのエピソードがちょっと弱いような気がする。 全体的に平板な印象。 唯一の濃いパートが夢乃と母親の場面って・・・(ーΩー )ウゥーン  でも ...
      • トリ猫家族
      • 2015/04/23 5:38 PM
      #2「恋愛は一過性の精神疾患のようなもの、そう僕は思っていた…」2015.04.22 倫太郎(堺雅人)は円能寺(小日向文世)から、大物小説家の風間(辻萬長)を紹介される。風間は、最新作が酷評されて精神的に不安定になっていたのだ。 そんな彼は、長年彼を支え勤めてき
      • ドラマハンティングP2G
      • 2015/04/23 5:26 PM
      ベストセラー作家・風間(辻萬長)が、新作が酷評されてスランプに。長年彼を支え勤めてきた秘書のむつみ(堀内敬子)に向かい、「むつみにそっくりな別人だ」と騒いで暴れ、棒部を負傷したことから、病院に。診療を受けることになります。宮川(長塚圭史)が画像診断の
      • のほほん便り
      • 2015/04/23 2:21 PM
      『恋愛は一過性の精神疾患のようなもの、そう僕は思っていた…』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2015/04/23 12:57 PM
      倫太郎(堺雅人)は、研修医の大策(高橋一生)の恋バナを聞いていました。 同期の葉子(高梨臨)のことが好きみたいですね・・・ その様子を看護師の薫(内田有紀)と外科医の百合子(吉瀬美智子)がモニターで見ていました。 そして、倫太郎は宮川(長塚圭史
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2015/04/23 11:46 AM
      日テレ系『Dr.倫太郎』(公式) 第2話『恋愛は一過性の精神疾患のようなもの、そう僕は思っていた…』の感想。 ベストセラー作家の風間(辻萬長)がスランプに陥った。円能寺(小日向文世)は倫太郎(堺雅人)と宮川(長塚圭史)のどちらかを主治医に
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2015/04/23 11:44 AM

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten