「マッサン」第133回★英語の手紙と猪肉

0
    連続テレビ小説「マッサン」
    第133回
    (3月9日)


    エリーの英語<ママ、届く当ての無い手紙を書いています。戦争は続き、わたしが工場の外に出られない生活も3年が過ぎようとしています。わたしは覚悟を持ってここで生きていくことを選びました。でも時々、ここにいる意味を見失いそうになります。>
    −◆−

    ナレーション<一馬の出征から2年がたちました。
    戦況は悪化の一途をたどり東京大阪などの主要都市は次々と爆撃によって廃虚となりその惨状はラジオや新聞によって国民にも伝えられました。>


    海軍士官(柏原収史)から情報を得たマッサンは、余市への空襲に備えて計画を練っていました。
    「一番危ないんがのう貯蔵庫と蒸留棟のポットスチルじゃ。爆撃されたらアルコールで一気に火が回る。じゃけんそこから一番離れた所にある乾燥棟をわしらの待機場所にするんじゃ。それとウイスキーの樽を避難させるど。進さんに頼んでリンゴ園の山裾にある倉庫を借りる事にした。
    原酒はわしらの子どもじゃ。手塩にかけて育ててやっと10歳になった。何が何でも守ってやらんにゃいかん。貯蔵庫の原酒は未来のための酒じゃ。」


    原酒が10年ものになったのね・・・。
    ちょっこしウイスキー造りに関連した話になってきたかも・・・。
    −◆−

    <ウイスキーの原酒の避難と乾燥棟を防空ごう代わりにする補強工事が始まりました。>

    工場には男手が少なすぎて計画通り行くか懸念されましたが、町の男たちが手伝いにやって来てくれました。

    「あんた余市をウイスキーの里にするって言ったよな?おらたちにも手伝わせろ!」

    熊さん「皆ちっとくたびちぇけどまだまだ若え者には負けね!なあ?」

    夏風邪を引いているエリーには猪の肉がプレゼントされました。
    「少ねえけど猪の肉だ。精つけて早く元気になれ!」

    エリー「そんな貴重なもの頂けません。」

    「遠慮すんな!『情けは人の…』」。
    エリー「ためならず」。

    「それだべ!」

    再びエリーの手紙、英語で<日本には素晴らしい言葉があります。『情けは人のためならず。』人生は不思議です。こんなおそろしい状況の中で、わたしはこの国と出会えたことを誇りに思っています。
    マッサンが描く未来のために、故郷のためにみんな一丸となっています。この国の人たちは辛いときに互いに励まし合い、わずかなものを分け合い、助け合い、奥ゆかしく慈愛に満ちています。
    ママ、怖くないといえば嘘になるけど、私はこの国に来たことを後悔していません。>


    ここまで手紙を書いたとき、空襲警報。

    工場のマッサンは「わしゃここに残る。爆撃されたらすぐに火を消さんにゃいかん。」

    俊兄ぃ「バカ言わんでつかぁさい!」
    「焼かれてたまるか!」

    「お坊ちゃま!死んだらしまいじゃ!」

    <米軍の爆撃機がついに北海道にも来襲しました。>
    −◆−

    こんな感じでエリーの英語が多かった『マッサン』第133話。

    さて一馬(堀井新太)の運命については新聞や番組HPに掲載された「今週のあらすじ」に思いっきり書いてありますね。

    案の上の行く末・・・・。
    こんなネタバレ状態では面白味が半減する気がするのですが・・・。



    ◇◆◇ マッサン感想 ◇◆◇
    #134 #132 #131 #130 #129




    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2019.08.23 Friday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      エリーが外出できなくなって3年とか… 体調も悪くなっているみたいで いよいよフラグ? まあ、実際にリタさんはずっと体調悪かったって話だけど エマに対する鬼エリー・エピ(酷)も このためのフラグでもあったんだろうね …ひじゅにですが何か?
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2015/03/10 1:38 PM
      エリーが外出できなくなって3年とか…体調も悪くなっているみたいでいよいよフラグ?まあ、実際にリタさんはずっと体調悪かったって話だけどエマに対する鬼エリー・エピ(酷)も...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2015/03/10 1:38 PM
      一馬君が出征して2年が過ぎた昭和20年、戦況は悪化の一途をたどっていた。 エリーが工場の外に出ない日々も続いていた。エリーの体調がおかしい。 熱があるようだ。エリー大丈夫か?無理するなよ。 マッサンは空襲に備えて、乾燥棟の補強工事をおこない避難場所に
      • ジャオステーション
      • 2015/03/09 6:36 PM
      一馬(堀井新太)が出征して二年が過ぎた1945年(昭和20年)、戦況は悪化の 一途をたどり、日本の主要都市は次々に爆撃され廃虚となっていた。 余市にも爆撃がくるとうわさになり、マッサン(玉山鉄二)は熊虎(風間杜夫)らの 助けを借り、空襲に備えて乾燥棟の補
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2015/03/09 2:48 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『マッサン』(公式) 第23週『待てば海路の日和あり』【第133回】の感想。 【注】なお、本作は2/23に全撮影がクランクアップしたため、当記事は、ほんの僅かな編集への期待と愚痴と重箱の隅突きなっております。楽しくご覧になっている方や重
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2015/03/09 11:55 AM

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten